乃木坂46衛藤美彩、自慢の“触りたいお尻”で負けそうなメンバーは?大変だった水着での撮影は?見てほしい“イヒヒ顔”とは…<会見全文>

0
乃木坂46衛藤美彩(えとうみさ・24)が25日、都内で写真集『話を聞こうか。』の出版記念お渡し会を開催した。以下、会見全文。
<会見全文>(C)LUCKMAN/「衛藤美彩写真集 話を聞こうか。」講談社
<会見全文>(C)LUCKMAN/「衛藤美彩写真集 話を聞こうか。」講談社
― 写真集発売おめでとうございます!

衛藤:ありがとうございます。

― 今のお気持ちはいかがですか?

衛藤:まずこんなにたくさんの方が来てくださると思ってなくて、ちょっと今すごく動揺してます。でも嬉しいです!

― 乃木坂46が出す度に話題となる写真集ですが、プレッシャーはありますか?

衛藤:プレッシャー…そうですね、みんなのおかげでいい流れがあるので、プレッシャーというかは、私も次に出すメンバーにバトンを渡していければなと。そのプレッシャーはあります。

― 楽しみな気持ちの方が強いんですね。

衛藤:そうですね。

衛藤美彩(C)モデルプレス
衛藤美彩(C)モデルプレス
― 今回の写真集の中身なんですけど、撮影場所はどういうところでしたか?

衛藤:今回は全部オーストラリアのシドニーで撮りました。

― なぜその場所に?

衛藤:「どこで撮りたいですか?」って話をしてくださって、他のメンバーがまだ誰もオーストラリアに降り立ったことがなかったので。せっかくだったら新しい地で撮ってみたいなと思ってそこにしました。

― オーストラリアはいかがでしたか?

衛藤:もうすごく、全部が大きくて、道路とか木とか、人…あ、人は(笑)。みなさんゆったりしてるというか、時間に追われてない感じがありました。

― 日本とは違う感じで?

衛藤:はい。全部が大きくて、ゆったりとした雰囲気で撮影できました。

― 印象的だったことはなんですか?

衛藤:印象的だったことですか?なんだろう…この時期、オーストラリアは真夏だったんですけど、私が撮りに行った時は全部大雨の予報だったんですよ。「どうしよう…撮影できない」ってなった時に、移動中は大雨で、シャッターを切る瞬間だけ晴れたんですよ!なので、私含め、撮影チームみんなが晴れ女、晴れ男だったっていうのが。面白いんですよ、シャッターを切るときだけ雲がパーって逃げていくので、嬉しかったです。

― 持ってますね。

衛藤:持ってます(笑)。

― 先日、秋元真夏さんがニューカレドニアで撮った時は、晴れる場所で有名だったのに、撮影する時だけ雨で、すごい雨女だったって(笑)。

衛藤:(笑)。真夏は確かに雨女って言われることが多いですね。

― 衛藤さんと秋元さんが一緒に撮影に行ったらどっちが勝ちますかね?

衛藤:やっぱ勝ちたいですね。雨を吹き飛ばす。でも真夏って名前なのにそこはどうなんですかね(笑)?やっぱ別の意味で持ってますね。

― 今回タイトルが気になったんですけど、『話を聞こうか。』。

衛藤:『話を聞こうか。』。そうですね、秋元先生がつけてくださった名前なんですけど、誰が誰の話を聞くのか気になったので、先生に質問したら、「ファンの皆さんが衛藤の話を聞こうかって意味にする」っていうのを聞いた上で、決定しました。

― 秋元さんの言葉で「いつも考え事をしているように見える」とあるんですけど、そうなんですか?

衛藤:どうなんでしょう…でも確かにすごく考えますね。

― どんなことを?

衛藤:結構こう見えて考えて動くタイプというか、ちゃんと真面目に計画しないとダメなタイプなので、乃木坂46の活動のことを考えたりとか。先生はこういうニュアンスでつけてくださったんですけど、私は握手会がすごく好きなので、私がファンの皆さんの話を聞くよっていうニュアンスも勝手に持たせて。自分でもそう思えるなって思えました。

― 両方。

衛藤:はい、両方あると思います。

― 今回の写真集の中身に関してなんですけど、お気に入りの一枚はどれですか?

衛藤:それは、聞かれると思ってちゃんと準備してきました。お気に入りの一枚は、このカットです。右(向かって左)を見てからの左(向かって右)でお願いします。

衛藤美彩(C)モデルプレス
衛藤美彩(C)モデルプレス
― なぜそのカットがお気に入りなんですか?

衛藤:これは表紙のカットと同じ衣装なんですけども…お尻ですかね、はい。自分でも結構気に入ってたんですけど、メンバーが見てくれた時に、うちの最年長メンバーの新内眞衣ちゃんがお尻フェチで、目をうるわせながら「これは最高だ」って言ってくれて、女性の方にもそう言ってもらったのが嬉しくて、これはいいですね。好きです。

― これはどういう流れでこの写真を撮ることになったんですか?

衛藤:どういう流れでしたっけ?でもすごくギリギリのラインのニットだったので、ちょっとめくってみようかなって。

― 自分でめくられたんですか?

衛藤:いろんな表情を出したくて。

― 自分でもお尻ってチャームポイントだと思いますか?

衛藤:すごい目を見て…(笑)。はい、お尻がチャームポイントです。

― 今回ほかにも水着ショッなどがありますが、一番きつかった撮影はなんですか?

衛藤:きつかった撮影…。水着になって岩場で撮ったんですけど、そこがロケハンで行ってない場所でして、「この辺がいいんじゃないか」って撮ったところが、岩がすごくて!とげとげしてるし危なかったんですけど、すごくカッコ良くて!あ~、でもこれ見せたくないな~。

― 買ってからのお楽しみ?

衛藤:そうですね。壮大なオーストラリアの大地の中で、クールな水着を着ています。

― 今回の写真集では、今までに見せてない魅力が出せてる?

衛藤:そうですね。結構セクシーな大人っぽいのを期待されるのかなって自分でも思ってて、ファンの皆さんから。だからあえて、私お酒がすごく好きって公言してるんですけど、無邪気にお酒を飲んでいるカットがあったりとか、ワインでちょっとカッコ良く決めてるところもあったりとか。意外性もあり、私らしさもすごく。

― お酒飲んでると、衛藤さんはどうなっちゃうんですか?

衛藤:どうなっちゃう?

― 明るくなる感じなのか…。

衛藤:そうですね。この顔…ちょっと待って下さい。(ページを開きながら)このイヒヒって感じでビール飲んでる。これがメンバーからも「普段っぽい」って言われて。こういうのって普通のグラビアだと載らないカットだと思うので、このイヒヒ顔が好きです。

“イヒヒ顔”(C)LUCKMAN/「衛藤美彩写真集 話を聞こうか。」講談社
“イヒヒ顔”(C)LUCKMAN/「衛藤美彩写真集 話を聞こうか。」講談社
― なかなかアイドルがお酒持ってるショットってない(笑)。

衛藤:そうですよね!比べようがない(笑)。

― お酒は何が好きなんですか?

衛藤:私は出身が大分なんですけど、麦焼酎が一番好き。焼酎とか日本酒とかよく父と飲んでます。

― オーストラリアじゃ飲めないですね。

衛藤:オーストラリアでは飲まなかったですね(笑)。

― オーストラリアでは何を飲んだんですか?

衛藤:向こうでは、さっきのシーンで飲んでるビールがオーストラリア産です。すごく美味しかったです。

― メンバーと飲みに行ったりは?

衛藤:最近はスケジュールが合わなくて行けてないんですけど、合えば成人メンバーで。

― 先ほども少し触れましたが、乃木坂46の誰が出しても写真集が売れるっていうのは、メンバーから見てどういうところに理由があると思いますか?

衛藤:えー?なんだろう…でも私の写真集がどうなるかはわからないので、不安なんですけど、今まで出したメンバーのものを全部見させていただいてるんですけど、やっぱりお顔も可愛いし…親ばかみたいですよね(笑)。でもとにかく可愛いです!写真集って普段お見せできない、乃木坂46ではお見せできない部分が入っているっていうのと、あとは女性のファンの皆さんが、先日の握手会でもすごいたくさん来てくださって、そういった方も抵抗なく見られるのが、やっぱり売れる理由なのかなって。

― そういう女性目線で作っていることも多いんですかね?

衛藤:でもそんなに意識してないんじゃないですかね?みんな意識してなくても、ナチュラルに“女性が憧れる女性”なメンバーが多いなって私も思います。

衛藤美彩(C)モデルプレス
衛藤美彩(C)モデルプレス
― そうなるとアイドルがたくさんいる中で、いよいよ乃木坂46が天下を取ったかなって気が…。

衛藤:意地悪ですね(笑)。そんなことは思わないです。

― まだまだこれからですか?

衛藤:そうですね。3期生も入りましたし、まだ1期生しか写真集は出せてない現状なので、1期生の他のメンバーも出してほしいですし、2期生も3期生もみんな出せていってほしいので、まだまだだなと思います。

― 今回の衛藤さんの写真集も非常に大事になってきそうですね。

衛藤:そうですね。そういう風に見てもらえるように、たくさんの人に見てもらいたいなと思います。

― お決まりの質問なんですけど、この写真集に点数をつけるとしたら何点ですか?

衛藤:点数…みんなつけてるんですよね?んー、やっぱり…33兆点でお願いします!

― 33兆点はなぜ?

衛藤:美彩って名前なので、みさ(33)。たぶん今までのメンバーよりも高い点数を叩き出した。

― 桜井玲香さんが11兆点だったんですよ。

衛藤:11兆点ですか?3倍ですね!

― 白石麻衣さんは1兆点だったので33倍。

衛藤:そっからみんなきてる(笑)。みさみさって呼ばれてるので、本当は3333兆点にしたいんですけど、ちょっとそれはあれなので、これで(笑)。これでもちょっと控えめ。

(C)LUCKMAN/「衛藤美彩写真集 話を聞こうか。」講談社
(C)LUCKMAN/「衛藤美彩写真集 話を聞こうか。」講談社
― ランジェリー姿も披露していますが、撮影の印象や、ご自身ででき上がりを見ていかがですか?

衛藤:そうですね、水着とは別でそういうランジェリー姿もあるんですけど、衣装がすごい可愛くて、コットン素材でできてたので、そういうところも女子が好きそうというか、実際に買いたいなって私も思ったくらいでした。

― どんなものですか?

衛藤:それはダメですね~買っていただいて、見てください。お願いします。

― 商売上手ですね(笑)。

衛藤:でもそのページはメンバーの齋藤飛鳥ちゃんがすごくお気に入りだって言ってくれたところなので、未成年の方も見れます。ぜひ買っていただいて(笑)。

― さきほどお尻がチャームポイントということでしたけど、メンバーの中でちょっと負けちゃうなっていう方がいたら。

衛藤:お尻ですか?いや~どうだろう。お尻ですよね…松村沙友理ちゃんのお尻は、安心感のあるお尻をしてて、なんかいいお尻をしてます。

― 負けちゃう?

衛藤:いや、それは、松村のお尻はまだ世に出てないと思うので、今のところはナンバーワンでいさせていただきたいです。

― 衛藤さんのお尻はどこが一番魅力的だと思いますか?

衛藤:お尻ですか?すごい皆さんお尻のことを(笑)。なんだろう?でもダンスのレッスン中にも、2期生の北野日奈子ちゃんがすごい触ってくるので、だからメンバーがレッスンで疲れてる時に触りたいお尻なのかもしれない。

― 癒し系のお尻ですか?

衛藤:かな~?

― では最後にメッセージをお願いします。

衛藤:乃木坂46に入ってから初の写真集ってことで、他のメンバーにはないような、私らしさが詰まった大人っぽい写真集になってると思うし、時に可愛く、無邪気なシーンもあるので、男性も女性も皆さん、たくさんの人に見てほしいなと思います。

“今のみさみさの全部”を凝縮

「みさみさ」「みさ先輩」の愛称で親しまれ、透き通ったビー玉のような丸いブラウンの瞳が特徴的な衛藤。今作は度胸も面倒見の良さもある、まさに“先輩”な彼女が、全編シドニーロケで、時にお気楽に、時に可愛く、時に大胆に挑んだ最新写真集である。

旅行気分でリラックスしながら街に繰り出し、お酒好きが高じて現地のお店に飲みに行き、輝く夕焼けに涙を流す…。さらに美しく成長した水着姿や、健康的でセクシーなランジェリー姿も解禁。バスタブでの入浴ショットなど露出の多いカットにも挑み、綺麗なのに気さくな“今のみさみさの全部”が詰まった欲張りな一冊となった。(modelpress編集部)

衛藤美彩(えとう・みさ)プロフィール

1993年1月4日、大分県生まれ。2011年「ミスマガジン2011」グランプリを受賞後、一期生として乃木坂46に加入し、2014年後半からは選抜に定着。歌もダンスもトークもこなす、優等生なお姉さんアイドルとして活躍中。

<コメント>

以前から興味があったオーストラリアで撮れることになって、わくわくしながらも、ほんとにリラックスして撮影できました。今回の写真集は、他のどのメンバーの撮影より楽しかった自信があります(笑)。期待されてそうなセクシーさだけでなく、自然体で健康的なところまで、いろんな私を見てもらえたらと思います。初めて私を知ってくださる方にも「この表情いいな」って思われたいし、ずっと応援してくださってる方にもじっくり楽しんで見てもらいたいし…。でも写真集って見る側の感じ方によって違っていいと思うので、それぞれの方が好きな写真を見つけてくれたら嬉しいです。
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 乃木坂46衛藤美彩、自慢の“触りたいお尻”で負けそうなメンバーは?大変だった水着での撮影は?見てほしい“イヒヒ顔”とは…<会見全文>
今読んだ記事

乃木坂46衛藤美彩、自慢の“触りたいお尻”で負けそうなメンバー…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事