カイ(EXO)主演ドラマ、ヒロインは倉科カナ 豪華キャスト発表<コメント到着>

0
カイEXO)が主演を務める「連続ドラマW 春が来た」(WOWOW)の追加キャストが14日、発表された。
(左上から時計まわりに)倉科カナ、古畑星夏、佐野史郎、高畑淳子/(提供写真)
(左上から時計まわりに)倉科カナ、古畑星夏、佐野史郎、高畑淳子/(提供写真)

主演はカイ(EXO)

同作は、『鈴木先生』『俺物語!!』『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』を手掛けた河合勇人氏が監督を務め、“家族の再生”という普遍的なテーマを描いたを向田邦子氏の傑作短編「春が来た」現代リメイク。オリジナルストーリーを加筆、再構成し、大胆に現代のヒューマンドラマとしてよみがえらせる。

カイが演じるのは、温かな心を持った韓国人のカメラマン、イ・ジウォン。今回は、ジウォンと交流を深めていく地味で不器用な岸川直子役を倉科カナ、女だらけの家族のなかで存在感の薄い父・周次役を佐野史郎、また家族の前では弱みを見せない母・須江役を高畑淳子、生意気な女子高生の妹・順子役を古畑星夏が演じることが発表された。

カイ(EXO)/(提供写真)
カイ(EXO)/(提供写真)

倉科カナ「プレッシャーはありますが…」

ヒロインを演じる倉科は、カイとの共演について「下でありますがとても頼もしく、私たちのリアクションも繊細に拾ってくれます。私とカイくんの役はあまり派手ではないけど…2人の関係性を直子とジウォンの歩調でゆっくり作って行きたいなと思っています」とコメント。「普遍的なものと、変化してゆくもの、本作ではその融合がとても面白いなと思いました。きっと新しい、『春が来た』になるとおもいます」と期待しつつ、「プレッシャーはありますが…」と本音も打ち明けた。

また、古畑は意気込みを聞かれると、「本読みの時にキャストの皆さんとお会いした時も気さくに話しかけてくださって、みなさんの足を引っ張らないように精一杯頑張らなくちゃ!と思いました。緊張感を常に保ちつつ、楽しみたいと思います」と回答。ほかキャストも「何気なく映し出された生活や日常の断片のような表情、そういった生活の一編のにおいがでるような作品にできればいいなと思います」(高畑)、「敬愛する小津安二郎監督の世界観と重なる向田邦子ドラマの息を今に合わせ、困難を乗り超える家族と共に、国を超えて娘を託す父、周次役に挑みたいと思います」(佐野)とそれぞれ語った。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - カイ(EXO)主演ドラマ、ヒロインは倉科カナ 豪華キャスト発表<コメント到着>
今読んだ記事

カイ(EXO)主演ドラマ、ヒロインは倉科カナ 豪華キャスト発表…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事