嵐・相葉雅紀主演月9、スピンオフで地上波初の試み

参照回数:662,885

【貴族探偵/モデルプレス=4月11日】相葉雅紀が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ「貴族探偵」(4月17日スタート/毎週月曜よる9時※初回30分拡大)のスピンオフが制作される。
「貴族探偵」のスピンオフVRを制作/田中道子(C)フジテレビ
「貴族探偵」のスピンオフVRを制作/田中道子(C)フジテレビ
スピンオフVR「カンシキTV」は、田中道子が演じる鑑識員・冬樹和泉が、「鑑識の、鑑識による、鑑識のためのTV」という一風変わった世界観で、放送に先駆けて事件現場を360度で紹介するスピンオフVRコンテンツ。地上波放送前から360度に謎解きの手がかりが散りばめられたVR映像を通して、事件に対する想像をふくらませることにより、ドラマをより楽しめる仕掛けを施す。なお、ドラマの世界をVRで体験できるというのは地上波初となる。

田中は「VRを使って現場検証をするという初めての試みで、スタッフさんと試行錯誤しながら撮影しました」と振り返るも、「戸惑ったり、NGもたくさん出しましたが、みなさんのご協力のもと完成することができました!」と胸を張り、「一風変わった手法を取り入れることで演者の私もよりドラマに深く関われた気持ちがしますし、観てくださる方々にもより楽しんでいただけたら嬉しいです」と期待を込めた。

「カンシキTV」(C)フジテレビ
「カンシキTV」(C)フジテレビ
田中道子(C)フジテレビ
田中道子(C)フジテレビ

「貴族探偵」

「貴族探偵」は、麻耶雄嵩氏による本格推理小説「貴族探偵」と続編の「貴族探偵対女探偵」(いずれも集英社文庫刊)が原作。相葉演じる主人公は、貴族でありながら探偵を趣味としている貴族探偵で、年齢、家族、学歴、住所、そして本名までも不明。さらには、一切の推理を「雑事」と言い放ち、召使いに任せながら優雅に謎を解くという、探偵という存在の既成概念を打ち砕くミステリーとなっている。(modelpress編集部)

田中道子(鑑識員・冬樹和泉役)コメント

VRを使って現場検証をするという初めての試みで、スタッフさんと試行錯誤しながら撮影しました。戸惑ったり、NGもたくさん出しましたが、みなさんのご協力のもと完成することができました!

一風変わった手法を取り入れることで演者の私もよりドラマに深く関われた気持ちがしますし、観てくださる方々にもより楽しんでいただけたら嬉しいです!バーチャルリアリティの世界で私と一緒に事件の犯人や謎を推理しましょう!!

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 嵐・相葉雅紀主演月9、スピンオフで地上波初の試み
今読んだ記事

嵐・相葉雅紀主演月9、スピンオフで地上波初の試み

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事