黒木華、2度目の大河に「最後まで生きていられる…」「ちゃんと食べ物食べられるかな…」

【黒木華/モデルプレス=3月27日】女優の黒木華が27日、2018年大河ドラマで鈴木亮平が主演する「西郷どん」(せごどん)のヒロイン選ばれ、会見に登場。
黒木華(C)モデルプレス
黒木華(C)モデルプレス
同作は、「本の旅人」で連載中の林真理子氏 の「西郷どん!」が原作。男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。

主人公の西郷隆盛を鈴木が演じ、脚本は連続テレビ小説「花子とアン」などを手掛けた中園ミホ氏が担当する。

(上段)平田満、風間杜夫、松坂慶子、渡部豪太(下段)桜庭ななみ、瑛太、鈴木亮平、黒木華、塚地武雅(ドランクドラゴン) (C)モデルプレス
(上段)平田満、風間杜夫、松坂慶子、渡部豪太(下段)桜庭ななみ、瑛太、鈴木亮平、黒木華、塚地武雅(ドランクドラゴン) (C)モデルプレス
この日、黒木のほか、鈴木、瑛太、桜庭ななみ、渡部豪太、塚地武雅(ドランクドラゴン)、風間杜夫、平田満、松坂慶子がキャストとして選ばれ会見に出席。

黒木華、真田丸で早め死に…

黒木華(C)モデルプレス
黒木華(C)モデルプレス
鈴木亮平、黒木華、塚地武雅(C)モデルプレス
鈴木亮平、黒木華、塚地武雅(C)モデルプレス
「真田丸」以来の2度目の大河出演となる黒木は、西郷と同じ城下に住む武家の娘・岩山糸役で、吉之助(隆盛)のひそかに思いを寄せるが、紆余曲折を経て3人目の妻となる運命の女性を演じる。

真田丸で演じた梅は14話で死んでしまい、“梅ロス”などという言葉も誕生するほどだったが、西郷どんでは3番目の妻という役どころに「きっと最後まで生きていられるだろうなと思って…(笑)1年ちょっと精一杯がんばりたいと思っています」と自虐し、報道陣の笑いを誘った。

黒木華(C)モデルプレス
黒木華(C)モデルプレス
また、楽しみにしていることについて「今度はちゃんと食べ物食べれるかな…とか」と再び笑を誘い、演じる糸について「芯があってあって明るくて力強い女性。こんなに長い間同じ人を演じるのはなかなかない機会なので、そこも楽しみたい」と話していた。

鈴木との共演についても「すごく頼りになる先輩なので、間近でお芝居できることがすごく楽しみ」「糸としてこの撮影が終わるまで亮平さんをずっと愛し続ければいいなと思います」と意気込みを語った。

ドラマは夏にクランクイン予定で、2018年1月から放送(全50回)。(modelpress編集部)

黒木華(C)モデルプレス
黒木華(C)モデルプレス

「西郷どん」ストーリー

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主演に決まった鈴木亮平(中央)、脚本家の中園ミホ氏(左)、原作の林真理子氏 (C)モデルプレス
2018年大河ドラマ「西郷どん」の主演に決まった鈴木亮平(中央)、脚本家の中園ミホ氏(左)、原作の林真理子氏 (C)モデルプレス
西郷隆盛は、薩摩(鹿児島)の貧しい下級武士の家に育った。両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を見ると放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。西郷家はますます貧乏になり、家族は呆れかえるが、西郷は空腹を笑い飛ばす。

そんな愚直な西郷に、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら)が目を留めた。「民の幸せこそが国を富ませ強くする」と強く主張する斉彬に、西郷も心酔する。西郷は、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走。薩摩のキーパーソンとなっていく。

生涯の師・斉彬との出会いと別れ。篤姫との淡い恋。仲間との友情と反目。多感な青年期を経て、3度の結婚、2度の島流し。極貧の下級武士に過ぎなかった素朴な男は、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げて行く。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 黒木華、2度目の大河に「最後まで生きていられる…」「ちゃんと食べ物食べられるかな…」
今読んだ記事

黒木華、2度目の大河に「最後まで生きていられる…」「ちゃんと…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事