「カルテット」魔性の女・アリス(吉岡里帆)の結末に騒然 一瞬の登場で強烈インパクト

参照回数:539,306

【吉岡里帆/モデルプレス=3月22日】女優の松たか子、満島ひかり、俳優の高橋一生、松田龍平が出演するTBS系ドラマ「カルテット」(毎週火曜よる10時~)の最終話が21日、放送された。女優の吉岡里帆演じる来杉有朱(きすぎ・ありす)が最後までブレない悪女っぷりを発揮し、話題を呼んでいる。
吉岡里帆 (C)モデルプレス
吉岡里帆 (C)モデルプレス

カルテットを組む4人が軽井沢で“共同生活”

同作は、カルテットを組んだ30代の4人が、冬の軽井沢を舞台に共同生活を送る大人のラブストーリーかつヒューマンサスペンス。「Mother」(日本テレビ系)、「最高の離婚」(フジテレビ系)、「Woman」(日本テレビ系)など、数々のヒット作を手がけた坂元裕二氏の完全オリジナル作品。

巻真紀※(松)、世吹すずめ(満島)、家森諭高(高橋)、別府司(松田)の4人が都内のカラオケボックスで偶然出会い、週末をメインに軽井沢の別荘で弦楽四重奏団「カルテットドーナツホール」として活動するというストーリーで、「全員片思い 全員嘘つき」というキャッチフレーズの元、少しずつ4人の思惑や素性が明らかとなっていった。(※第7話で離婚し『早乙女真紀』に、第9話で戸籍を偽り本当の名前は『山本彰子』だったことが判明)

富澤たけし(サンドウィッチマン)、吉岡里帆/「カルテット」第9話より(C)TBS
富澤たけし(サンドウィッチマン)、吉岡里帆/「カルテット」第9話より(C)TBS
来杉有朱は4人が演奏していたライブレストラン「ノクターン」の元店員。元地下アイドルで、どこかミステリアスな雰囲気を帯びた魔性の女性。接客業であるがゆえに、常に笑顔を絶やさずにいるが、その目は全く笑っていない…という一風変わった役柄で、回を増すごとにその素顔が明らかに。前回、株が暴落し金銭的に危機を感じた有朱はレストランのオーナー谷村大二郎(サンドウィッチマン富澤たけし)を誘惑するも、大二郎はあっさりと拒否。その現場を責任者で大二郎の妻・多可美(八木亜希子)に目撃され、そのままレストランを退職した。

これまでの魔性の女・アリスちゃんの数々の伝説を振り返る


1年後、アリスが驚きの姿に<※ネタバレあり>

高橋一生、松たか子、満島ひかり、松田龍平/楽器提供:日本ヴァイオリン、「カルテット」制作発表会見より(C)モデルプレス
高橋一生、松たか子、満島ひかり、松田龍平/楽器提供:日本ヴァイオリン、「カルテット」制作発表会見より(C)モデルプレス
過去の罪が暴かれ警察に出頭した真紀が1年後、カルテットに戻り、4人が前に進むまでが描かれた最終話。戸籍を偽ったことだけでなく義父殺しの疑惑までかけられ“疑惑の美人ヴァイオリニスト”としてマスコミに追われている真紀は状況を逆に利用し、あえて大きなホールでコンサートをすることを提案。晴れの舞台にオーナー夫婦、家森を過去に追っていた半田温志(Mummy-D)やその部下(藤原季節)などこれまでの登場人物が観客として集まった。

そこに高級車から、ゴージャスなドレスに身を包んだ有朱が登場。長身のイケメン外国人と腕を組み、右手薬指にはめられた大きな宝石の指輪を見せびらかしながらオーナー夫婦に「人生、チョロかった!あははははは」と勝ち誇ったように高笑いした。

実家は大家族で貧乏という描写もされていた有朱が玉の輿に乗ったことが窺えるこのシーンが視聴者に強烈なインパクトを残し、「さすが!!!」「アリスちゃん最高」「最後まで怖い女」「全部持ってかれた」「清々しいww」「人生チョロかったって言ってみたい~~~~!」と視聴者は騒然。左手薬指ではなく右手薬指だったことや、カルテットを酷評する手紙の主が明らかにならなかったことなど謎も多く、「実は出張彼氏とかじゃないよね」「全然幸せそうに見えないのがなんとも」「やっぱり目は笑ってない」「手紙を送ったのはありすちゃんなんじゃ?」など、様々に考察されていた。(なお、手紙の主はキャップを深く被っていた観客の女性の説が有力)(modelpress編集部)

吉岡里帆/「カルテット」第9話より(C)TBS
吉岡里帆/「カルテット」第9話より(C)TBS

「カルテット」4人が選んだ結末は…最後まで“みぞみぞ”&“まさか”の粋なエンディングに視聴者から反響止まらず


情報:TBS
モデルプレス
モデルプレス - 「カルテット」魔性の女・アリス(吉岡里帆)の結末に騒然 一瞬の登場で強烈インパクト
今読んだ記事

「カルテット」魔性の女・アリス(吉岡里帆)の結末に騒然 一瞬…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

関連動画

「ニュース」カテゴリーの最新記事