長谷川博己・岡田将生で“今までにない警察ドラマ” 共演者も明らかに

TBSでは、4月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時)で、警察エンターテインメントドラマ『小さな巨人』を放送することがわかった。あわせて長谷川博己岡田将生らキャストも発表された。
長谷川博己、岡田将生(画像提供:TBS)
長谷川博己、岡田将生(画像提供:TBS)
同作は、謎解きを重視した本来の警察ドラマとは一線を画した“今までにないドラマ”。警視庁と所轄の確執、警察内部の戦いという“リアルな警察の姿”そして“人”を描く。

目次

  1. 1. 長谷川博己の役柄は?
  2. 2. 長谷川博己 コメント
  3. 3. 岡田将生の役柄は?
  4. 4. 岡田将生 コメント
  5. 5. ほかキャストは?
  6. 6. 伊與田英徳プロデューサー コメント
  7. 7. 「小さな巨人」第1話あらすじ

長谷川博己の役柄は?

長谷川演じる主人公・香坂真一郎は、実力で“未来の捜査一課長間違いなし”と呼ばれるまでの活躍をする捜査一課の刑事。香坂は、捜査一課長を目指していたが万年所轄刑事だった父・淳史のため、妻・美沙のため、そして自分のために捜査一課長を目指して邁進。だがある日、取り調べの際にひとつのミスを犯してしまい、これまで評価してくれていたはずの捜査一課長・小野田の証言により、所轄へと左遷させられてしまう。

出世街道から外されてやってきた所轄には、小さな事件でも不器用ながら己の正義を信じ事件に挑む同僚たちがいた。その姿を目にした時、香坂は刑事としての使命・本当の正義に悩みつつも、自分の“正義”を信じ、“悪”と対峙していくことになる。

長谷川博己 コメント

警察組織を舞台に、人間の出世欲や権力欲、正義とはなにか、を描いた完全オリジナル作品です。事件ものの刑事ドラマの枠にとらわれることなく観る方々それぞれの心に何かを残す普遍的な作品になると思います。

数々のヒット作品を送り出したスタッフの皆さんと様々なジャンルの出演者がどのような科学変化を起こすか、私自身も楽しみでなりません。

岡田将生の役柄は?

一方、同局の連続ドラマに初出演する岡田が演じるのは、香坂と同じく捜査一課長を目指す刑事・山田春彦。山田は東京大学法学部を卒業後、警視庁に入庁する。

本来、東大出身者はキャリアといわれる警察庁に入庁することが多い上に、 彼の父親は警察庁次官から内閣官房副長官という官僚のトップに上り詰めた人物。そんな山田が、ノンキャリと呼ばれる警視庁を選んだことには理由があった。

それは、現場の総指揮官である捜査一課長となり、ある“未解決事件”の捜査の指揮をとること。組織の中で力を発揮し、最短距離での出世をすることで、 自分の理想とする仕事をしたいと考えているからであった。

岡田将生 コメント

今回、初めてTBSの連続ドラマに出演させて頂きます。僕が演じる山田という役は、誰かを蹴落としてでも上に登り続けることしか頭にない、向上心の塊みたいな人間です。冷静かつ、寡黙なその顔が表の顔なのか裏の顔なのか、キャラクターを含め物語がすごく気になります。

今まで演じたことがない役なのでとても楽しみですし、この役と共に長谷川さんに真正面から衝突していきたいと思っております。気合い充分です!絶対に面白くなるので、是非、ご覧ください!

ほかキャストは?

ほか、香坂の異動先の所轄で同僚となる現場叩き上げの刑事・渡部久志を安田顕、前捜査一課長で警察署の署長・三笠洋平を春風亭昇太。ほか、駿河太郎、手塚とおる、木場勝己の出演も決定している。

そして、主人公・香坂の刑事人生を大きく変える捜査一課長・小野田義信には大物俳優を起用。加えて、ヒロインとして警察官たちの人事を握る人事課に配属された新人職員・三島祐里役には今、最注目の若手女優が決定。それぞれ、順次明かされていく。

伊與田英徳プロデューサー コメント

警察官の生き様を描いた人間ドラマです。以前、警察官の方々と話す機会がありまして、正義に対する意志の強さに驚かされたことがありました。「悪事を犯した人間を絶対に許さない」と。一方で、警察官の色々な不祥事が報道されているのも事実です。私が知り合った警察官からは、想像のつかないかけ離れたことばかりです。きっと、色々な警察官の方がいるのだと思います。警察官も人間なのだと思います。そして、日本の平和のために毎日、働いていらっしゃる警察官の方々の喜びと苦悩をドラマにできたらと思いました。

実は、長谷川さんには以前から何度かオファーさせていただいていたので、今回、実現できたことを大変嬉しく思います。誠実で、同時に奥に秘めた熱い闘争心を感じる長谷川さんが、警察官の正義を貫くために苦悩する主人公をどう演じてくれるのかとても楽しみです。

岡田さんは、以前、局ですれ違った時に、彼のスマートながらも存在感があり、芯のある出で立ちに興味を持ちました。今回、内に秘めた情熱をどう演じていただけるのか楽しみです。

安田さんが、燻し銀的な所轄刑事を、昇太さんには、理想の上司を演じていただくことになっています。このお二方にも、それぞれの警察官の生き様をどう演じていただけるのか注目していただきたいです。

取材を重ねる中で、新しい警察ドラマをお届けできたらと思いました。警察ドラマならではの推理は勿論、警察で働く人々の人間模様を楽しんでいただければと思います。キャスト、スタッフ一同、全力で臨みます。よろしくお願いいたします。

「小さな巨人」第1話あらすじ

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年3度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。

会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を目撃して取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう。すると翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と記事が掲載されていた。香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、飲酒状態で取り調べをしたのではないかと問いただされる。黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、飲酒していたことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。

香坂が署にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正が誘拐される事件が発生する。誘拐犯は“身代金10億円を用意しろ”と要求。捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 長谷川博己・岡田将生で“今までにない警察ドラマ” 共演者も明らかに
今読んだ記事

長谷川博己・岡田将生で“今までにない警察ドラマ” 共演者も明ら…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事