石田純一&東尾理子の“複雑すぎる”家系図 外国人まで加わった一族が集結

俳優の石田純一とプロゴルファーでタレントが東尾理子が22日放送のバラエティ番組「1周回って知らない話」(日本テレビ系、毎週水曜よる7時~)に出演。複雑すぎる石田ファミリーの全貌が明らかになる。
石田純一&東尾理子の“複雑すぎる”家系図とは(C)日本テレビ
石田純一&東尾理子の“複雑すぎる”家系図とは(C)日本テレビ
同番組は、テレビで当たり前として扱われているが、“今どきの視聴者”が知らない疑問を調査。本人にその疑問をぶつけて答えてもらう。東野幸治がMC、川田裕美がアシスタントを務める。

石田純一&東尾理子の“複雑すぎる”家系図とは

22歳差のおしどり夫婦として知られる石田&東尾夫婦。かつてトレンディー俳優として一世を風靡した石田だが、東野が「俳優って知ってますか?」と“今どきの芸能人”に問いかけると、紅蘭から予想もつかない答えが返って来る。

2人の子どもに恵まれ幸せいっぱいに見える石田夫妻だが、スタジオで紹介される石田家の複雑すぎる家系図に、東野は「ややこしい!」と苦情。最初の妻との息子・いしだ壱成、2人目の妻・松原千明、松原との娘・すみれは世間の知るところだが、それ以外に出てくる「エイバー」や「オリバー」などの名前に、東野は「誰!?」「会ってるの??」と困惑する。

しかし、理子はその複雑さに臆することなく、自ら「家族に挨拶させていただきたい」と申し出たそう。しかも義理の息子である壱成は自分より1つ年上。さらに、石田、松原、すみれと4人で会う機会を設けたことも。その場で理子が松原にかけられた言葉が明らかとなる。

世間からは複雑に見える家族関係だが、果たして当の本人たちはどう思っているのか。理子の父で元プロ野球選手の東尾修、石田の前の前の妻との間の息子・壱成、前妻との間の娘・すみれを直撃する。

さらに、元妻の松原に、外国人まで加わった一族集結の映像も公開。「奇跡」とも言える石田ファミリーの姿に、スタジオメンバーも思わず涙する。

直してほしいところと子育て論

そんな石田夫妻にスタジオから「お互いに直して欲しいところは?」と質問が飛ぶと、理子は「嘘を一生懸命つこうとする」と回答。「どれ(どのエピソード)にしてほしい?」と石田に尋ねる余裕を見せる。

子育てに関する質問では、2人がある思いから、息子の理汰郎くんにさまざまな習い事をさせている様子を公開。子どもの意思を尊重するための石田家ルールも明かされる。しかし尊重しすぎたせいなのか、理汰郎くんには父親似の困ったクセが発覚。子どもだから許される、かわいらしい理汰郎くんの行動とは。番組では、石田ファミリーの全貌が明らかになる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 石田純一&東尾理子の“複雑すぎる”家系図 外国人まで加わった一族が集結
今読んだ記事

石田純一&東尾理子の“複雑すぎる”家系図 外国人まで加わった…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事