高橋一生「どんどん卑屈になっていく」 満島ひかりから「女心が分かってる」と絶賛されるも…

参照回数:518,057

【高橋一生・満島ひかり/モデルプレス=1月9日】女優の松たか子満島ひかり、俳優の高橋一生松田龍平が9日、都内にて行われたTBS系新ドラマ「カルテット」(毎週火曜よる10時~/1月17日スタート※初回15分拡大)特別試写会&舞台挨拶に出席した。
高橋一生、満島ひかり/楽器提供:日本ヴァイオリン(C)モデルプレス
高橋一生、満島ひかり/楽器提供:日本ヴァイオリン(C)モデルプレス

高橋一生は「女心が分かってる」?

カルテットを組んだ30代の4人が、冬の軽井沢を舞台に共同生活を送る大人のラブストーリーかつヒューマンサスペンスを描く同作。満島はチェリスト、高橋はヴィオラ奏者を演じている。

「ヴィオラって主旋律を弾けないので、それが(奏者にとって)コンプレックスらしいんです。僕が演じるのは、それで卑屈になってる役」と役柄を説明した高橋は「楽器の中に年代が書いてあって見たら、(他の人は)1700年代に作られたものだったんですけど、僕だけ1900年代だった。こういうところで意地悪されるんだって、高橋一生としても卑屈になっていった。このまま卑屈でいってやろうと(笑)」と笑いを誘うと、その後も「僕以外の3人、楽器がそんなにできるんだって。みんなでゴールしようねって言ってるのに、ぶっちぎりでゴールテープを切られないようにしなきゃって、完全に卑屈です」と“卑屈推し”。

さらに、満島から「高橋さんは女心が分かってお芝居しているって思うことがある」と絶賛されるも、「モニターの前でニヤニヤニヤニヤしてるんです、『分かってやってるでしょ?』って。分かってないんだけどなってどんどん卑屈になっていく…」と最後まで卑屈キャラを貫き通した。

その一方で、劇中に登場する「唐揚げにレモンをかけるか、かけないか」というシーンについて「自分だったら?」と質問された場面では、高橋が自然と「一緒に食べる人に合わせます」と“女心が分かっている”回答をする場面も。松と満島が顔を見合わせ盛り上がる中、高橋は全く事態が飲み込めず「何!?」とソワソワしていた。

会見フォトギャラリー


坂元裕二氏が描くラブストーリー×サスペンス

(左から)高橋一生、松たか子、満島ひかり、松田龍平/楽器提供:日本ヴァイオリン(C)モデルプレス
(左から)高橋一生、松たか子、満島ひかり、松田龍平/楽器提供:日本ヴァイオリン(C)モデルプレス
同作は、「Mother」(NTV)「最高の離婚」(CX)「Woman」(NTV)を手掛けた坂元裕二氏の完全オリジナル作品。

<関連記事>松たか子の顎が…松田龍平の指摘に「いいんです、顔なんか!」


カルテットの中で第一ヴァイオリンを担当している主人公・巻真紀(まき・まき)を松、チェリスト・世吹すずめ(せぶき・すずめ)を満島、ヴィオラ奏者・家森諭高(いえもり・ゆたか)を高橋、第二ヴァイオリン奏者・別府司(べっぷ・つかさ)を松田がそれぞれ演じる。(modelpress編集部)

会見フォトギャラリー


モデルプレス
モデルプレス - 高橋一生「どんどん卑屈になっていく」 満島ひかりから「女心が分かってる」と絶賛されるも…
今読んだ記事

高橋一生「どんどん卑屈になっていく」 満島ひかりから「女心が…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

関連動画

「ニュース」カテゴリーの最新記事