剛力彩芽のキレキレダンス・高橋一生の満面の笑み…エンディングに隠された秘密とは

【剛力彩芽/モデルプレス=7月28日】女優の剛力彩芽が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(毎週金曜午後11:15~)のエンドロールでは、メインキャストたちが主題歌『カラーバリエーション』に合わせてダンスを披露。2話以降も披露していくが、剛力のキレキレ本格ダンス、滝藤賢一、高橋一生ら劇中ではめったに笑わないキャラクターたちの満面の笑顔、新川優愛、三宅弘城、小日向文世の“激レア”ダンスなど毎回違ったバージョンがオンエアされることが明かされた。
剛力彩芽(画像提供:テレビ朝日)
剛力彩芽(画像提供:テレビ朝日)

築地グルメが続々登場

同作は、フランス帰りの主人公・一木くるみが“総理官邸”に乗り込み、その料理の腕ひとつで数々の要人・政治家たちを虜にしていくグルメドラマ。フレンチだけでなく、毎話“築地周辺の人気グルメ”も登場し、くるみ(剛力)と田村友和(三宅弘城)が実際にそれらのメニューを楽しむ場面が描かれている。

くるみと田村が通う定食店では、黙って座れば店主の“かなさん”が特別ルートで調達してきた築地で話題の絶品グルメメニューがなぜか食べられる、という設定。第1話には、築地市場の名店『とんかつ八千代』で火・木・土曜日限定で提供される『チャーシューエッグ定食』が登場して話題を呼んだ。

剛力彩芽(画像提供:テレビ朝日)
剛力彩芽(画像提供:テレビ朝日)
さらに、この定食店はくるみと田村が要人に振る舞う料理のアイディアを練ったり、料理を食べる中でひらめきを得たり、と2人にとって重要な場。今後もビーフシチューやカレーなど、築地周辺で食べられるとっておきの有名グルメの数々が毎週出てくる予定となっている。(modelpress編集部)

「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」第2話あらすじ

フランス駐日大使を招き、官邸で昼食会が開かれることに。総理の料理番となった一木くるみ(剛力彩芽)は、大使の出身地や来日歴などを調べ、入念に準備を開始する。

一方、これまで官邸食堂総料理長として来賓をもてなす一切を取り仕切ってきた清沢晴樹(高橋一生)は、自分が海外出張で不在の間に総理秘書官の古賀征二(滝藤賢一)がくるみを招き入れたことに、憤りを覚えていた。しかし、古賀の有無を言わせぬ態度に、清沢は“皇帝の微笑み”と呼ばれる、余裕の笑みを見せるのだった。

だが昼食会当日、くるみは思いがけない出来事に直面!そしてその窮地を清沢に救われる。清沢は「料理にメッセージを込めるなどとはこざかしい!」とくるみのポリシーを真っ向から否定。くるみは清沢の言葉を聞き、ただ立ち尽くす…。その頃、古賀は総理の阿藤一郎(小日向文世)に、「一木くるみを使い続けるには、清沢をうまく使うことも必要かと…」と進言していた。

そんな折、シンガポールの一流企業『ネプチューン・コーポレーション』の女性CEO、オリビア・リー(ジュディ・オング)を官邸の昼食会に招くことになる。日本の電子メーカーに出資をしていた『ネプチューン・コーポレーション』は現在資本撤退を考えており、もしもそれが現実になれば巨額の損失を出し、国内で10万人の失業者が発生、日本経済にも大きな影響を与えることになると危惧した阿藤はなんとかリー会長に撤退を阻止したいと考える。

くるみと清沢のふたりに、10万人の失業者を阻止する為に、それぞれが最高の料理を作り会長をもてなすよう命じる阿藤。昼食会を翌日に控え、時間のない中準備を始めた途端、リー会長からとんでもない要求が申し渡される。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 剛力彩芽のキレキレダンス・高橋一生の満面の笑み…エンディングに隠された秘密とは
今読んだ記事

剛力彩芽のキレキレダンス・高橋一生の満面の笑み…エンディング…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事