「僕のヤバイ妻」高橋一生を「レンタルしたい」女性続出!“なんだか怪しい”オーラが気になって仕方ない

【高橋一生/モデルプレス=5月25日】関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『僕のヤバイ妻』(毎週火曜 後10:00)の第6話が、24日に放送された。同ドラマは“妻に翻弄され、もがく夫”望月幸平を伊藤英明が、“美しくも恐ろしい妻”真理亜を木村佳乃が演じる心理サスペンス。回を重ねるごとに謎が明らかになっていくストーリーが「面白い!」と好評で、第6話では“謎の隣人”として怪しいオーラを漂わせてきた高橋一生の正体が明らかになり、視聴者から大きな反響が寄せられた。
高橋一生/『僕のヤバイ妻』より(画像提供:関西テレビ)
高橋一生/『僕のヤバイ妻』より(画像提供:関西テレビ)

話題のドラマ『僕のヤバイ妻』

伊藤英明/『僕のヤバイ妻』より(画像提供:関西テレビ)
伊藤英明/『僕のヤバイ妻』より(画像提供:関西テレビ)
『僕のヤバイ妻』は、幸平が愛人・杏南(相武紗季)と共に真理亜の毒殺を計画するところからスタート。しかし、なぜか妻が誘拐され、それがマスコミに報じられると、幸平は悲劇の夫から“疑惑の人”に転落。ところがこの事件、実は真理亜の自作自演だった…というストーリー。

騙し合いの物語は、誘拐事件で身代金として消えた2億円を巡る強奪合戦に発展。幸平、真理亜、杏南らがそれを狙う中、第5話では幸平が2億円を手にした。幸平は杏南と2億円を持って逃亡する計画を立てていたが、第6話、それを崩したのが高橋演じる鯨井和樹だった。

“レンタル夫”の裏の顔…ついに明らかに

キムラ緑子、高橋一生/『僕のヤバイ妻』より(画像提供:関西テレビ)
キムラ緑子、高橋一生/『僕のヤバイ妻』より(画像提供:関西テレビ)
和樹は、妻・鯨井有希(キムラ緑子)とともに望月家の向いに住むサラリーマン。真理亜が起こした狂言誘拐の共犯・緒方彰吾(眞島秀和)が殺された現場を傍観していたり、近所にはラブラブをアピールしている2人の会話の中に「ごめんなさい、先月の振り込み遅れちゃってて」というセリフがあったりと、謎めいた存在感を発揮してきた。

毎朝玄関先で妻と「行ってきます」のキスをして、爽やかに仕事へと向かう和樹。しかし、その正体は有希にお金で買われた“レンタル夫”であることが今回判明。「他人から幸せに見られたい」という有希の欲望を満たすべく仮面夫婦を演じてきたが、収入源であった有希の事業が上手くいかず、“レンタル代”の滞納が続いているため、現在は工事現場でも働いている。

相武紗季、高橋一生/『僕のヤバイ妻』より(画像提供:関西テレビ)
相武紗季、高橋一生/『僕のヤバイ妻』より(画像提供:関西テレビ)
お金に困っていたところ、偶然、狂言誘拐を知った彼は、密かに真理亜の2億円を奪う機会を伺っていた。そこで、ターゲットとなったのが杏南。彼女を睡眠薬で眠らせ、その隙に男女の関係であるかのように偽装工作。その罠にまんまと引っかかった幸平は杏南を疑い、一度2人の関係は破綻しかけた。

高橋一生を「レンタルしたい」女性続出!?巧みな演技力に絶賛

高橋一生/『僕のヤバイ妻』より(画像提供:関西テレビ)
高橋一生/『僕のヤバイ妻』より(画像提供:関西テレビ)
ついに明かされた和樹の正体に、SNS上では「やっぱり裏あった!」「本性怖すぎでしょ…真理亜、杏南、和樹って怖い人しか出てこない…」といった声が寄せられ、“レンタル夫”というキーワードにも「レンタル夫!???私も一生さんをレンタルしたい~」「レンタル夫でもあんなにラブラブできるなら構いません!!」と興奮する女性が続出する盛り上がりぶり。

相武紗季、高橋一生/『僕のヤバイ妻』より(画像提供:関西テレビ)
相武紗季、高橋一生/『僕のヤバイ妻』より(画像提供:関西テレビ)
これまで優しい笑顔と口調で女性を胸キュンさせてきたが、第6話では2億円を虎視眈々と狙う和樹の奇妙な存在感を巧みな演技力で表現し「演じ分け凄すぎ!同じ人に見えないんですけど…」「急に真顔になるシーンとかめっちゃゾワってした」と絶賛を浴びた。

“何だか怪しい”高橋一生に期待

高橋といえば、前クールに放送されたフジテレビ系月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」でも、“影のキーパーソン”を魅力的に演じきり話題に。

高橋一生、相武紗季/『僕のヤバイ妻』より(画像提供:関西テレビ)
高橋一生、相武紗季/『僕のヤバイ妻』より(画像提供:関西テレビ)
今作で演じる役柄も今後の展開の鍵を握るひとりとあって、「高橋一生が出てると、何か怪しいって思っちゃうんですけどww」「裏和樹降臨!裏がある役似合うな~来週も楽しみ~」「本当に良い人に見えるし、本当に悪い人にも見えるから、やっぱり演技力がすごいんだなって思う」と“なんだか怪しい”気になる存在感に、視聴者も活躍を期待せずにはいられないといった様子だ。

“2億円強奪合戦”の結末は?

“2億円強奪合戦”に和樹も加わり、さらに複雑化した第6話。このほかにも、真理亜に不倫疑惑が浮上、杏南の真理亜への異常な嫉妬心も明らかとなるなど、物語は次のステージへと向かった。

第7話では、幸平と真理亜の直接対決が再び描かれる。場所は、自宅リビング。どちらが先に殺すのか…ディナータイムは戦場へと化す。和樹の存在もキーになってくるであろう今度の展開から、ますます目が離せない。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「僕のヤバイ妻」高橋一生を「レンタルしたい」女性続出!“なんだか怪しい”オーラが気になって仕方ない
今読んだ記事

「僕のヤバイ妻」高橋一生を「レンタルしたい」女性続出!“なん…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事