Hey! Say! JUMP薮宏太「ジャニーズを辞めようと思った」過去を告白 デビュー後の苦悩&葛藤も

参照回数:999,710

【薮宏太/モデルプレス=5月1日】Hey! Say! JUMP薮宏太が、1日放送の日本テレビ系「チカラウタ」(毎週日曜17:00)にゲスト出演。小学6年生でジャニーズ事務所に入所し、当時「Ya-Ya-yah」というユニットでCDデビューも果たすなど、ジャニーズJr.の中でも中心的な存在だった薮が「ジャニーズを辞めようと思った」という過去の苦悩や葛藤を、赤裸々に告白した。

センターから端のポジションに「なんで僕はここにいるんだろう」

バレーボールのスペシャルサポーターを務めるのに合わせて、1995年にV6、1999年に嵐、2003年にNEWSがそれぞれデビュー。4年周期でジャニーズグループがデビューしていくと言われていたこともあって、薮は「NEWSさんがデビューして、次にデビューできなかったら、ぶっちゃけもうジャニーズを辞めようかなと思っていた」と明かした。

晴れて願いが叶い、その4年後となる2007年にHey! Say! JUMPとしてデビューすることが決まった薮。しかしワゴン車内で顔を合わせたのは、ほとんどこれまで馴染みがないメンバーたちで「いきなり最年長を務めることになってヤバいなと思った。リーダー的役割をしなきゃいけないことに、もどかしい気持ちがあった」と回顧。

グループでは山田涼介、知念侑李、中島裕翔らが目立つポジションとなり、Jr.時代には中心メンバーだったはずの薮や八乙女光が端のポジションに。そんな自身を思い返し、「なんで僕はここにいるんだろう?って。端は悪いことではないけど、すごく葛藤があった。自分は飛び抜けて歌が上手いわけでもなく、ダンスができるわけでもなく、めちゃめちゃ演技ができるわけでもないから、悩んでいた時期があった」と苦悩を抱えていたことを吐露した。

苦悩乗り越え感じた思い明かす

そんな薮の心の支えとなった曲が、BUMP OF CHICKENの「才悩人応援歌」。冒頭の歌詞を聞いて「自分には突出した才能はないけど、グループの潤滑油的な役割になれたらな、そう思えるきっかけをくれた。もし僕がJUMPの中からいなくなったって、気づかない人がいるかもしれない…そういう部分とリンクしてこの歌詞を聞くと、『なにくそ!』っていう気持ちになる」と前に進む勇気に繋がったと話した。

また、番組のMCを務めるNEWSの小山慶一郎は「デビューする人たちはみんな何かを持ってる。その持ってるものが伸びてくると、自分が追いつけていないことに気づく」としみじみ。薮はグループの年数を重ねたことで「みんなが大人になって、横一列で見れる関係になった」といい、他のメンバーが仕事が決まっていくことについては「嫉妬心はない。グループに持って帰って来てくれればいいなと思ってる」と最年長らしく、真摯にコメントしていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - Hey! Say! JUMP薮宏太「ジャニーズを辞めようと思った」過去を告白 デビュー後の苦悩&葛藤も
今読んだ記事

Hey! Say! JUMP薮宏太「ジャニーズを辞めようと思った」過去を…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事