浜崎あゆみ「ただ逃げたかった」過去の“怖さと反抗”を告白

アーティストの浜崎あゆみが27日発売の雑誌「Numero TOKYO」6月号に登場。15年前に総数500万枚売り上げた『A BEST』をリマスタリング盤としてリリースしたばかりの浜崎が、当時の“感じていた怖さ”や“ささやかな反抗”を振り返った。
15年前の自身を振り返った浜崎あゆみ(画像提供:扶桑社)
15年前の自身を振り返った浜崎あゆみ(画像提供:扶桑社)
『A BEST』がリリースされ『当時の支えだった』などの周囲の反響と温度差を感じている浜崎は「楽しかったこととかをあまり歌にしないタイプで、曲を聴くと書いた当時のままを思い出してしまう」と明かした。

怖さゆえの反抗「防御だった気もします」

現在は、許せることも理解できることも増えて“大人”になったというが「当時は丸裸すぎたというか、その曲でステージに立つこともつらかった」と告白。好奇の目にさらされているという怖さがあり、特にライブステージでは歌い終わったらすぐに袖に引っ込んでいたそうで「思い返すと、ただ逃げたかったんだと思うんですよね。怖かったというか」と振り返った。

その結果、「PVに出ないでみたりとか、ジャケ写の撮影をしておきながら絵にしてみたりとか。あれはささやかな反抗だったの」と当時の行動を正直に明かし、「何かを信じたり期待して傷つかないための防御だった気もします」と告白。現在は「大丈夫というか、右から左に流していくしかない。気にしない」と思えるようになり、「何が一番大切で大事なことか、今の私はわかってるから」と“アーティスト浜崎あゆみ”の強くて前向きな姿勢をみせた。

そのほか、デビュー18年を迎えた現在の心境を赤裸々に告白。アーティストとして生きる“浜崎あゆみ”の今に迫っているほか、デビュー当時から変わらぬ美しさの秘訣についても紹介している。(modelpress編集部)

情報提供:「Numero TOKYO」(扶桑社)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 浜崎あゆみ「ただ逃げたかった」過去の“怖さと反抗”を告白
今読んだ記事

浜崎あゆみ「ただ逃げたかった」過去の“怖さと反抗”を告白

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事