広末涼子は「ハンパない」大胆肩出しホステスで色気放出

参照回数:2,086,055

【広末涼子/モデルプレス=3月10日】女優の広末涼子が、テレビ朝日系「松本清張二夜連続ドラマスペシャル」の第1夜に放送される「地方紙を買う女」(3月12日よる9:00~)にて、初めてクラブのホステス役に挑戦。かつて父娘役を演じた田村正和を相手に、肩を大胆にみせたドレス姿で艶やかな演技を披露した。
オトナの色気全開のホステス役に挑んだ広末涼子(画像提供:テレビ朝日)
オトナの色気全開のホステス役に挑んだ広末涼子(画像提供:テレビ朝日)

艷やかな所作&ドキッとするセリフ

広末は、小説家・杉本(田村)の連載小説が読みたいからと地方新聞の購読を申し込む銀座の高級クラブのホステス・芳子役。しかし、突然「小説がつまらなくなったから」と購読を打ち切られたことで杉本にある疑念を抱かせてしまう。

その後、芳子の真意を探ろうとクラブへとやってきた杉本。芳子は「先生、アフターよ。芳ベェ(芳子)をめちゃめちゃにして」と杉本の手をとったり、ダンスをしながら「芳ベェを抱くと(小説が)書けるわよ」と耳元で囁いたり、杉本の追及から逃れようとする。

広末涼子、田村正和(画像提供:テレビ朝日)
広末涼子、田村正和(画像提供:テレビ朝日)

広末涼子は「ハンパない」

今回初めてホステス役に挑むあたり、実際にクラブに行って自身の目で勉強した広末。この姿勢には中込卓也プロデューサーも「まさに驚きと感動。役作りへの誠実さと貪欲さはハンパないなぁ、と」と感嘆の声を上げた。

広末は「お店でママさんにお話を聞いたり、お仕事を拝見させていただいて、その空気も肌で感じることができました」と充実した時間を過ごせたことを明かし、「今までドラマなどでしか、クラブの世界は見たことがなかったので、実際とは違う部分があったらイヤだなと思い勉強させていただいたんです」と真意を告白。「それが今回のシーンの中でも生かされていたら、と思います」と語った。

広末涼子(画像提供:テレビ朝日)
広末涼子(画像提供:テレビ朝日)

駆け引きに隠された本心とは?

また広末は「芳子は寂しい人間なので、誘惑には策略だけではなく、人とかかわりたい、気に入られたいという気持ちもあるんだろうと思いました」と思い入れを吐露。対して田村は「杉本は簡単に誘惑に乗るような男ではないし、芳子の誘惑も杉本の追及をかわすための行動だから」とクールに受けていたことを明かしたが、この2人の微妙な“心のズレ“によって誘惑シーンがより魅力的に表現されている。(modelpress編集部)

広末涼子(画像提供:テレビ朝日)
広末涼子(画像提供:テレビ朝日)


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 広末涼子は「ハンパない」大胆肩出しホステスで色気放出
今読んだ記事

広末涼子は「ハンパない」大胆肩出しホステスで色気放出

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事