渡辺麻友、艶やか芸者姿で初挑戦「夢のような話」<コメント到着>

【渡辺麻友/モデルプレス=2月21日】AKB48の渡辺麻友が、テレビ朝日系『松本清張二夜連続ドラマスペシャル』の第1話に放送される「地方紙を買う女」(3月12日よる9時~)に出演することが決定。初めて松本清張作品に出演する渡辺は、芸者・雪乃(本名・吉田晴美)役として、田村正和・橋爪功のベテラン俳優2人と共演を果たした。
艶やかな芸者姿で大人渡辺麻友(画像提供:テレビ朝日)
艶やかな芸者姿で大人渡辺麻友(画像提供:テレビ朝日)

渡辺麻友「手汗がブワッと出てくるほど」緊張



今回の出演は、田村がAKB48のヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」を知っており、それを聞きつけたスタッフが渡辺にオファーをしたことで実現。大先輩・田村との共演を「本当に夢のような話」だと語る渡辺は、「1分、1秒を噛みしめながら精一杯演じようと取り組みました」と振り返った。

また最初の撮影が田村・橋爪とのシーンだったことから「大先輩お2人に囲まれてすごく緊張して、手汗がブワッと出てくるほどでした(笑)」とも回顧。「お2人ともすごく優しく接してくださったので、緊張もほぐれて無事に演じることができて良かったです」と明かした。

田村正和、渡辺麻友(画像提供:テレビ朝日)
田村正和、渡辺麻友(画像提供:テレビ朝日)

大先輩・田村正和&橋爪功を前に堂々たる演技



渡辺が演じた雪乃は、芸者とはいえ杉本(田村)の自宅で杉本、東山(橋爪)のお酒に付き合うほど親しい間柄であり、特に東山は本名の「晴美」と呼び、若い晴美の魅力にゾッコンといった様子。からかうように言い寄る東山に対して「やだ、気持ち悪い」とやさしく突き放すほか、お座敷では2人を前に得意の笛を披露するシーンにも挑んだ。

同作に参加するにあたって、「雪乃は自分の実年齢よりは上。そんな芸者さんをイメージしながら、所作指導の先生からのご指導も踏まえて、しなやかな美しい所作を意識しました」と紹介。同作で初めて芸者役に臨んだ渡辺だが、劇中では、若いながらもしっとりとした魅力あふれる演技を披露した。(modelpress編集部)

渡辺麻友コメント



Q:今回のドラマ出演の依頼を受けて、ご感想は?
A:歴史ある松本清張さんのドラマシリーズに携わることが出来るということにとても驚きました。大先輩である田村正和さんと共演させていただくというのも本当に夢のような話。なかなかこのように貴重な経験をさせていただくことはないので、1分、1秒を噛みしめながら精一杯演じようと取り組みました。田村さんとお会いする朝、家を出るときから緊張していました。しかも、最初に撮影するシーンが田村さんと橋爪さんとの3人のシーン。大先輩お2人に囲まれてすごく緊張して、手汗がブワッと出てくるほどでした(笑)。でも、お二人ともすごく優しく接してくださったので、緊張もほぐれて無事に演じることができて良かったです。

台本をいただいてからは、田村さんだったらどういう風に杉本を演じられるのかな、などとイメージしながら読ませていただきました。大先輩の広末(涼子)さん、水川(あさみ)さん、橋爪さんの演技も想像していると、いち視聴者のような気持ちになって一人でワクワクしていました。

Q:松本清張作品も初めてなら、芸者役も初めて。演じるにあたって苦労したことは?
A:雪乃は自分の実年齢よりは上。そんな芸者さんをイメージしながら、所作指導の先生からのご指導も踏まえて、しなやかな美しい所作を意識しました。とにかく細かいところから気を付けて、芸者さんを精一杯演じました

Q:ドラマに対する意気込み
A:私が出演させていただくシーンはドラマのごく一部ではありますが、たくさんの大先輩の皆様と演じさせていただいて、すごく勉強になりました。皆さんの素晴らしいお芝居とストーリーで1分、1秒も目が離せないドラマになっています。皆様にもぜひ楽しんでご覧になっていただければうれしいです。
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP