連続ドラマ『フラジャイル』第4話より(画像提供:フジテレビ)

武井咲、TOKIO長瀬智也に騙されピンチ!?<「フラジャイル」第4話あらすじ>

2016.02.03 20:00
0
0

TOKIOの長瀬智也が主演を、女優の武井咲がヒロインを務める連続ドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系/毎週水曜よる10時)の第4話が、2月3日よる10時より放送される。

同作は、「アフタヌーン」(講談社)で連載中の同名漫画が原作。手術も治療もせず、顕微鏡を用いて患者の組織や細胞を分析し、そのデータをもとに病気を診断する病理医の世界を描く。

主演の長瀬は、患者の命と医療の正義のためなら相手が誰であろうと衝突をいとわない偏屈天才医師・岸京一郎を、ヒロインの武井は、内科から無理やり病理診断科に転科してきた新米病理医・宮崎智尋を演じる。

武井咲、TOKIO長瀬智也に騙される!?

連続ドラマ『フラジャイル』第4話より(画像提供:フジテレビ)
連続ドラマ『フラジャイル』第4話より(画像提供:フジテレビ)
第4話では、岸に騙された宮崎が、勉強会で講演を務めることに?岸の代行が務まるはずもなく、いきなりピンチを迎える。岸に振り回され続ける宮崎の運命は!?(modelpress編集部)

第4話あらすじ

連続ドラマ『フラジャイル』第4話より(画像提供:フジテレビ)
連続ドラマ『フラジャイル』第4話より(画像提供:フジテレビ)
岸京一郎(長瀬)が病理診断科に出勤すると、宮崎智尋(武井)が病理の本を広げて勉強中。宮崎を褒める岸は、この日に行われるアミノ製薬の勉強会に出てみないかと持ちかける。

仕事もあると断ろうとする宮崎に、岸は豪華な弁当が出ると煽り、今日の仕事も自分が全部やると請け負った。

そこまで上司に勧められれば断る道理はない。早速、宮崎は出かけることに。そんな岸を、森井久志(野村周平)は半ば呆れて見ていた。

女性外科の細木まどか(小雪)は患者の安田春香(中越典子)の病室にいた。子宮の検査結果を聞く春香に、細木はまだ出ていないと答える。

そして、細木は悪性腫瘍の場合、子宮全摘手術が必要と説明。すると春香はもう一人子どもが産みたいと細木に訴える。

連続ドラマ『フラジャイル』第4話より(画像提供:フジテレビ)
連続ドラマ『フラジャイル』第4話より(画像提供:フジテレビ)
勉強会の会場で、宮崎は火箱直美(松井玲奈)に岸は来ないのかと聞かれる。代わりに来たと言う宮崎に、火箱が焦りだす。岸は講演を頼まれていたのだ。火箱から講演の代行を頼まれる宮崎だが務まるはずもない。慌てて帰ろうとする宮崎だが…。

連続ドラマ『フラジャイル』第4話より(画像提供:フジテレビ)
連続ドラマ『フラジャイル』第4話より(画像提供:フジテレビ)
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. エイベックス通信放送株式会社

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. fumumu
  2. WWS channel
  3. しらべぇ
  4. しらべぇ
  5. モデルプレス
  6. ABEMA TIMES
  7. ABEMA TIMES
  8. しらべぇ