小泉孝太郎、“究極のKY”刑事役で新境地 松下由樹とバディ「すごく楽しみ」

俳優の小泉孝太郎が、来年1月スタートの新ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』(テレビ東京系/毎週金曜よる8時)で主演を務めることがわかった。
新ドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」で主演を務める小泉孝太郎(C)テレビ東京【モデルプレス】
新ドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」で主演を務める小泉孝太郎(C)テレビ東京【モデルプレス】
「生活安全課0係 ファイヤーボール」(祥伝社刊)著・富樫倫太郎氏(C)テレビ東京
「生活安全課0係 ファイヤーボール」(祥伝社刊)著・富樫倫太郎氏(C)テレビ東京
今作は、ドラマ化もされた人気シリーズ「SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室」などで知られる、作家・富樫倫太郎氏の原作「生活安全課0係 ファイヤーボール」(祥伝社刊)を映像化。警察小説・時代小説を多く生み出した著者の作品群の中でも主人公の特異さにより異彩を放つストーリーとなっている。今回小泉が演じるのは、世間知らずの“究極のKY”刑事・小早川冬彦。捜査一課の刑事や華麗なエリート役が多かった小泉が、マイペースで何を考えているかわからない変人という、これまでのイメージを覆す役に挑戦する。また、刑事役を何度も演じている小泉だが、刑事ものでの連続ドラマの主演は初となる。

小泉は「今回は刑事役ですが今まで僕が演じてきた精悍な刑事とは全然違うんです。KYで、オタク気質もあり、ちょっと間が悪かったり。でも事件解決に結びつく事には鋭さを持っている、そんな独特なリズムを持つ変な男の役という今までやったことないタイプの役なので、すごく楽しみです」と期待に胸を膨らませ、「だから、敢えて刑事というのを意識せずに、今までのよくある刑事像とは違う、僕も今まで演じたことがない刑事像というのを作っていきたいと思います」と意気込みを語った。

松下由樹とバディ その他豪華キャスト発表

そして小泉とタッグを組むのは、松下由樹。刑事としては有能だが、問題ばかり起こして刑事課から飛ばされた“男勝りで口の悪い”ベテラン女性刑事・寺田寅三(とらみ)を演じる。“究極のKY”と“男勝り”のバディ。一見、協調出来なさそうなこの組み合わせが、事件解決のためにどんな化学反応を起こしていくのか注目だ。小泉は松下とのバディに「コンビを演じるのは初めてだし、すごく楽しみですね。松下さんをはじめ、周りの人をイライラさせる役を演じるのは初めてなので面白いし、楽しみでもあります(笑)。視聴者の方にすごく親しみやすいドラマになればいいですね」とコメントを寄せている。

この2人が所属する部署“なんでも相談室”に集められたメンバーは、過去に問題を起こした人間やお払い箱になった人ばかり。周りからは“ゼロはいくつかけてもゼロ”、すなわち、役立たずは何人いても役に立たないという意味で“ゼロ係”と揶揄されている。そんなゼロ係には、自分が定時に仕事を終え帰るためだけに仕事を割り振る、安達祐実演じる毒舌の事務職・本条靖子や、気が弱くすぐに胃腸を壊しトイレにこもる、大杉漣演じる係長・亀山良夫が所属。

このほか、彼らとは違いエリート街道を突っ走る刑事・古河祐介役に手塚とおる、ゼロ係に頭を悩ます副署長・谷本敬三役に石丸謙二郎、そしてなぜか警察の捜査に手を貸す神出鬼没の謎の男役に寺島進といったキャストが脇を固める。さらに、加藤茶の出演も決定した。個性的な登場人物ばかりの刑事ドラマに、さらにコミカルな要素を追加した今作に期待したい。(modelpress編集部)

小泉孝太郎コメント

今回は刑事役ですが今まで僕が演じてきた精悍な刑事とは全然違うんです。KYで、オタク気質もあり、ちょっと間が悪かったり。でも事件解決に結びつく事には鋭さを持っている、そんな独特なリズムを持つ変な男の役という今までやったことないタイプの役なので、すごく楽しみです。だから、敢えて刑事というのを意識せずに、今までのよくある刑事像とは違う、僕も今まで演じたことがない刑事像というのを作っていきたいと思います。

松下さんともコンビを演じるのは初めてだし、すごく楽しみですね。松下さんをはじめ、周りの人をイライラさせる役を演じるのは初めてなので面白いし、楽しみでもあります(笑)。視聴者の方にすごく親しみやすいドラマになればいいですね。見終わってから初めて「あっ刑事ものだったんだ。」って思ってしまうような、面白いドラマを目指したいです。

松本拓プロデューサーコメント

「金曜の8時」にふさわしい、家族で見られる新しい刑事ドラマとは何か。今、愛されるヒーロー像とは何か。それを考え抜いた末に行きついたのが、『警視庁ゼロ係』です。主役とそのバディ役には、幅広い視聴者層から好感度の高い、小泉孝太郎さんと松下由樹さん。お二人に「究極にKYな男刑事」と「男勝りの口の悪い女刑事」という、普段のイメージとは全く異なる役柄を演じでもらうことで、今までにない、新しい世界観が生まれると思います。

また、言いたいことをストレートに言えない息苦しい世の中で、歯に衣着せぬ物言いで正義を貫く主人公のキャラクターはきっと視聴者の皆様に愛して頂けるはずです。骨太なストーリーにコメディー要素と痛快感が加わり、今まで見たことのない刑事ドラマに仕上がると確信しています。ご期待ください。


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 小泉孝太郎、“究極のKY”刑事役で新境地 松下由樹とバディ「すごく楽しみ」
今読んだ記事

小泉孝太郎、“究極のKY”刑事役で新境地 松下由樹とバディ「す…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事