有村架純&高良健吾“月9”で民放連ドラ初主演 ラブストーリーを紡ぐ

女優の有村架純と俳優の高良健吾が、2016年1月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマで、民放連続ドラマ初主演を果たす。
2016年1月スタートの月9ドラマで主演を務める(左から)有村架純と高良健吾(C)フジテレビ【モデルプレス】
2016年1月スタートの月9ドラマで主演を務める(左から)有村架純と高良健吾(C)フジテレビ【モデルプレス】
二人が主演を務める新連続ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」は、脚本家・坂元裕二氏を迎えた泣ける本格派ラブストーリー。民放連続ドラマ初主演となる二人は「月9ということを意識しすぎず、とにかく作品を大事にしたいです。愛情をもって取り組めたら」(有村)、「見ている方たちのパワーになったり、いい時間になったらいいなと思います。それができるのが月9だと思う」(高良)とそれぞれ意気込み十分だ。

「人生はつらい、でも恋をしてるときは忘れられる」をキーワードに東京で生きる若者たちのリアルな今を映し出しながら、恋愛の美しさを描き出す今作を紡いでいくのは、地方から出てきた若者たち。それぞれに夢を持ち、夢をあきらめそうになりながらも必死にもがき、ひたむきに生きる男女を中心に話が展開する。有村の演じる音(おと)は、女手一つで育ててくれていた母を幼い頃に失った後、引き取ってくれた養父母のもと北海道の田舎町で育てられた。いろいろなものをあきらめながらもけなげに明るく生きている。

一方、高良が演じる練(れん)も両親を早くに失い、大自然の中で暮らす祖父に育てられた。だまし取られた祖父の農地を取り返すお金を稼ぐために東京に出てきた練は、いつの日か祖父と暮らせる日が来ることを夢見ながら、しかし夢からは程遠い厳しい現実の中、東京で生きている。

地方出身の有村と高良 自身と重ねる

有村は兵庫から、高良は熊本から、と自身もそれぞれ地方から上京してきた経験を持っている二人だけに強く共感する部分もあるそう。上京したての当時を、有村は「夢をたくさんもって上京しましたが、親も友達も関西なので、ひとりぼっちなんだなと、いてほしいときに人がいないという感覚がすごく寂しくて」と語り、高良も「空気が汚い、人混みが嫌だ、と最初は一人で生きていく覚悟もないから東京のせいにばかりしていました」と振り返った。

ドラマの中で二人は、ある偶然から北海道で劇的な出会いを果たし、ともに東京へ向かって走り出す。有村も「音が練くんと出会ってどう変わっていくのか…わくわくした気持ちでいます」と音の変化を楽しみにしている様子。「世の中って理不尽なことばかりだと思いますけど、それでも前向きにひたむきに生きている姿というのは台本を読んでも涙が出そうなほどぐっとくるものがありました。作品を見たときにすごいいい1時間だったなと思ってもらえたら。恋愛する喜びというものも一緒に感じてもらえたらいいなと思います」と語った。高良も「自分のいる場所が自分のいるべき場所じゃないと思っている人はたくさんいる。夢がかなわないと思っている人もきっといると思う。押しつけるのではなく、自分が立っている場所で一生懸命に生きている音や練のような人たちの人生を見て、何かを感じていただけたら」と願いを込めている。

北海道でロケ

11月中旬にクランクインをし、大事な二人の出会いのシーンを撮影するために北海道でロケが行われている。有村、高良を主演に迎えたプロデュースの村瀬健(フジテレビドラマ制作センター)は「月9に本格ラブストーリーが満を持して帰ってきます。有村架純さんと高良健吾さんという最高に新鮮で、最高の演技を見せる実力派の二人を主演に迎え、坂元裕二さんという希代の脚本家が描き出すせつない恋物語を、じっくりと丁寧に描き込んでいきます。これぞラブストーリー、と言える、若い人たちはもちろん、大人もハマるラブストーリーの誕生にご期待ください」と意気込んだ。

脚本を手がける坂元氏は「東京ラブストーリー」、「愛し君へ」などの代表作を持ち、ラブストーリーの傑作を生み出してきた。近年は「mother」、「それでも、生きてゆく」、「最高の離婚」、「woman」といった人間の心の奥深いところを丁寧に描きながら物語として楽しめる連続ドラマならではの重厚なオリジナル作品を次々と世に送り出している。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 有村架純&高良健吾“月9”で民放連ドラ初主演 ラブストーリーを紡ぐ
今読んだ記事

有村架純&高良健吾“月9”で民放連ドラ初主演 ラブストーリーを…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事