鈴木あや&れいぽよ、“新歌姫”FUKIと過去・現在の恋愛暴露「今、恋してます」「破局理由は…」あっくん驚愕のガールズトーク

0
0
今、女子高生を中心に「恋がしたくなる」と話題の恋愛ソングがある。そのリアルな切ない恋心を歌い上げるのが、渋谷発のアーティストFUKI(フキ)。モデルプレスは、“新・恋愛ソングの姫”と呼び声高い彼女を直撃し、雑誌「S Cawaii!」(通称:エスカワ)で活躍する人気モデルの“すず”こと鈴木あや、「Popteen」専属モデルの“れいぽよ”こと土屋怜菜、渋谷のパーティーロッカー・あっくんとともに“恋愛座談会”を開催。それぞれの恋愛経験や、現在進行中の恋の模様までたっぷりと語ってもらった。
鈴木あや&れいぽよ、“新歌姫”FUKIと過去・現在の恋愛暴露「今、恋してます」「破局理由は…」あっくん驚愕のガールズトーク/(前列左から)土屋怜菜、FUKI、鈴木あや(後列)あっくん【モデルプレス】
鈴木あや&れいぽよ、“新歌姫”FUKIと過去・現在の恋愛暴露「今、恋してます」「破局理由は…」あっくん驚愕のガールズトーク/(前列左から)土屋怜菜、FUKI、鈴木あや(後列)あっくん【モデルプレス】
今年10月に1stシングル「キミじゃなきゃ」でデビューしたFUKI。デビュー前からSNSを中心にティーンの間で話題を呼んだその“恋を後押しする”楽曲をトータルプロデュースするEIGO氏は、あっくんとも親交が深い。さらにあっくんとすずは10年来の友人であり、「男女を超えた友情」とまで言う。そして、すずの同じ事務所の後輩のれいぽよ。そんな繋がりから今回集った4人は、すぐに意気投合して笑いが耐えない座談会に。

あっくんが進行役を務め、「今、恋してる?」「今までの恋愛失敗談は?」「彼を振り向かせるにはどうしたらいい?」と直球質問を次々投げかけた。

FUKI・すず・れいぽよ・あっくんが“恋愛トーク”
FUKI・すず・れいぽよ・あっくんが“恋愛トーク”
あっくん:何回もFUKIちゃんの「キミじゃなきゃ」聴いてるんですけど、結構引きずってる曲だよね?

FUKI:そうですね(笑)。戻りたいのに戻れないみたいな。

れいぽよ:PV見て切なくなりました。でもやっぱり私も恋したいなって思いましたよ。

FUKI:過去に恋愛した人と照らし合わせて作っているんです。前の彼と戻りたいなって思うような切ない感じを表現しました。

あっくん:女の子も引きずるんだね。恋愛の切り替え早いのかなって思ってたんだけど。特にあやなんかそうでしょ?「もうこの恋愛終わり。次!」みたいな。

すず:そんなことはないよ(笑)。この曲と一緒でめっちゃ好きな人だったら戻りたいって思う時もあるよ。

れいぽよ:でも、考えてもしょうがないですよね。

すず:そうそう。だから「次に行こう。自分のためにも!」って切り替えられる曲だからすごく背中押してもらえる。

あっくん:え、どういうこと?これ結構戻りたい目線の歌じゃん。

すず:もちろん気持ちは戻りたいよ。でも幸せになるなら次に行かないと。ダラダラやってられない。

FUKI:うん。切ないけど次の恋にね。

あっくん:あ、結構ポジティブ。ネガティブに浸ってからポジティブになれるんだ。

FUKI:そうかも。ある種、ポジティブな曲かもしれないです。

「今、恋愛してます」

FUKI
FUKI
あっくん: FUKIちゃん、ちなみに今恋愛は?

FUKI:…してます(笑)。

すず・れいぽよ:おー!

あっくん:どういう方ですか、それは?

FUKI:優しい人。すごい優しいです。それに面白いし気が合う感じ。一緒にいて楽というか。

あっくん:楽って大事だよね。気を遣わない関係。そういう男じゃなきゃダメだよね。でも女の子は「恋愛=結婚」じゃないでしょ?その感覚が俺は全くわからなくて。

すず:付き合う人=結婚する人?

あっくん:そう。

女性陣:えー!すごい!

あっくん:恋愛する一番最初の選考基準が「この子だったら結婚できるな」って思えるか。まあ、ものの見事に全部上手くいってないんだけどね(笑)。女の子ってこの人と付き合おうって思えるタイミングってどういう時なんですか?

(左から)土屋怜菜、FUKI、鈴木あや
(左から)土屋怜菜、FUKI、鈴木あや
FUKI:一緒にいて自分が無理してないなって思ったら。

あっくん:ほー。ちなみにFUKIちゃんは彼から告られたの?

FUKI:はい。私自分からはいけないかも。いけますか?

れいぽよ:あんまりいけないです。

すず:告白とかガッツリは無理だけど、ちょっとアプローチしないとね。誰かに取られたら嫌じゃん!だからスタンプ多めに送ったりとかする。

全員:(笑)

あっくん:じゃあ、自分から告白したことないの?

すず:あるよ。私は中学生の頃に付き合った人。

あっくん:あーもう若いね。若いから、あやはいいや。れいぽよは?

すず:え(笑)!

れいぽよ:あはは(笑)。私もあります。中1の時に、2個上の先輩に告白しました。

土屋怜菜
土屋怜菜
土屋怜菜
土屋怜菜
すず:すごくない?2個上って。タメとかじゃないんだ。

れいぽよ:入学式の時に初めて見た時、「あ、かっこいい!」って思って。もう本当にダメ元で言ったら、「考える」って言ってくれて、OKもらえたんです。

あっくん:嘘!何それ!

FUKI:すごい!

あっくん:中学1年生?結構肝座ってるんだね。それ初めての告白でしょ?

れいぽよ:そうです。めっちゃ緊張しました!めっちゃ文章考えました。

あっくん:え?会って告白したんでしょ?

れいぽよ:いや、LINEで言ったんです。

あっくん・すず・FUKI:え!?

すず:やっぱり今はLINEなんだ!

れいぽよ:直接は言えなくないですか?

あっくん:そうか、LINEか!そういう時代だよね、今ね。

すず:世代がちょっと今、わかっちゃったね(笑)。あやなんて下駄箱のところで放課後、40~50人いるド真ん中で一人で告白したからね。

鈴木あや
鈴木あや
鈴木あや
鈴木あや
れいぽよ:すごい!

すず:「好きだから付き合える?」って。

FUKI:素敵!かっこいい!

あっくん:ほんと!?

すず:マジめっちゃみんなに見られた。みんな靴こうやって(靴を履く素振りをしながらチラ見)履いてた(笑)。

あっくん:で、何て言われたの?

すず:「うん、別にいいけど」って。

あっくん:何だよそれ(笑)。

すず:でも3年間付き合ったよ。中1から中3まで。

FUKI
FUKI
あっくん
あっくん
あっくん:FUKIちゃんが初めて告白した時は何歳の時?

FUKI:私中2の時に。会って告白しました。

あっくん:LINEなんかないもんね。

れいぽよ:(笑)。でもその時の文もめっちゃ考えたんですよ!

あっくん:それでも緊張するよね、「好き」って伝えるって。でも会って好きな人の前で告白するってまたちょっと感覚が違うの。心臓飛び出そうになるでしょ、口から。

FUKI:吐きそう!みたいな(笑)。

すず:何なんだろうね、あれって。

あっくん:ヤキモチもさ、心痛くなるし。好きって本当に良いこともあるけど、好きって面倒くさいよね。

FUKI:うん。面倒くさい。

あっくん:結構今、いい歌詞じゃない(笑)?「好きって面倒くさいよね」って。

FUKI:いいですね。メモメモしとこう(笑)。

「恋愛は可愛くいる目的」

あっくん:恋愛してると何か自分の中で変わる?あやだったら、彼氏がいない時といる時では絶対違うでしょ?

すず:うん、違う。恋愛って可愛くいる目的じゃない?だって彼氏に「可愛い」って思われたいから痩せようって頑張れるし、可愛い服も選ぶし。何年も付き合っていてもその気持ちはずっと変わらないな。

FUKI:いいこと言った。

あっくん:じゃあ、あやがブスになったら「こいつ今恋愛してないな」って。

すず:そうだね(笑)。

あっくん:わかりやすいね。でも確かにね。常に好きでいてもらいたいから自分を高められる。れいぽよはまだ中学3年生だけど恋愛もするでしょ?

れいぽよ:自分的には疲れた時とかいろんなことがあった時とかに癒やされる存在が彼氏かな。

あっくん:ちょっと男っぽい(笑)。

FUKI:大人だし男っぽい。落ち着いてるんだね。

れいぽよ:自分を受け止めてくれる人がいいです。

過去の失恋を語る「プライド潰したかも」

鈴木あや
鈴木あや
土屋怜菜
土屋怜菜
あっくん:でも各自さ、そういう恋愛の中で失敗もあるでしょ?失恋というか。あや結構失恋あるでしょ?

すず:はい(笑)。でもその時々で一人ひとりが恋愛の価値観を教えてくれる気がする。彼氏が別れる理由とかちゃんと言ってくれるじゃん?それで、あやは良いと思ってたことが彼にはすごく嫌なことだったんだなって気付いたり。そうやって学んで、次はしっかり直していこうって思えるよ。

あっくん:あやが過去の恋愛で失敗したなって思う時って何が悪かったと思う?自分で。

すず:同じ系の仕事をしてた彼だった時は、あやが「こういうお仕事決まったんだよ。嬉しい」とか言っちゃって。全てを話したいし共有したかったの。でも彼にとってそれは負担というか。プライド潰してたのかも。

あっくん:なるほど。彼も上手くいってればいいけどね。

すず:そうそうそう!それはやっぱり彼を気遣えなかったし、その時はわからなかった。後から言われたら、確かにそうだったなって。全てを言うのはいいこともあるけど、時にはダメなんだなって思った。

あっくん:ほー。勉強になりますね。

FUKI:でも言いたいよね、そういうの。

あっくん:言いたいよね。受け止めろよって話だよね。

女性陣:(笑)

あっくん:れいぽよは?恋愛で失敗したことある?

れいぽよ:あります、あります。素直になれないんですよ。

あっくん:いやーあるよー。

れいぽよ:強がっちゃうんです。

あっくん:なれないねー。強がっちゃうね。

すず:中3ぐらいだと、ちょうどそうだよね。

れいぽよ:ケンカするとすぐ「もういい!」とか言っちゃうんです。

すず&FUKI:あー、それ!

あっくん:で、「もういい!」って口では言ってるけど、「なんで連絡返してくんないの?」みたいなね。

女性陣:そうそうそう(笑)。

あっくん:なんかそういう意地とかプライドが高いもんね、若い時は。でもFUKIちゃんとあやパイセンから言わせると、絶対後悔するんだってそういうの。見栄とかプライドとかで素直になれなくて別れて、その相手が他の人と付き合ったら絶対傷つくじゃん。俺傷ついたからね、いっぱい。

すず:確かにあっくんそうだよね。傷ついてる(笑)。

あっくん:笑ってんじゃねえよ(笑)。それでさ、素直になれなくて別れちゃった時ってどうなるの?

れいぽよ:最初は後悔するけど、時間が経てば「まあ、いっか」みたいな。

すず:え、その人が結婚しちゃったらどうする(笑)?

あっくん:おいおいおいおい!俺の話か?それ俺の話だな?

すず:(笑)。めっちゃ好きな人が自分と別れて違う人と結婚しちゃったら?

れいぽよ:結婚?

あっくん:いやいや、それ俺の話ね!俺の大失恋話ね(笑)!

今まで付き合ってきた人は?昔の恋人とヨリ戻せる?「今さら何?」

あっくん:じゃあ、これまで付き合って一番思いを寄せてた人に今告白されたら?

FUKI:いやー無理だな。付き合わない。

あっくん:会うのもダメ?

FUKI:会ってもいいけど付き合わない。ご飯食べに行こうとかだったらいいけど。

すず:うん、絶対無理。「え、今さら何?」みたいな。

あっくん:いやいやいや。可愛い顔して酷いこと言うね(笑)。

すず:別れて3日後とかに、「やっぱりあやのことが好きだ」みたいに言われたら、まぁいいけど。そんな半年とか1年経ってさ。

あっくん:でもその半年、1年間思いを寄せてるっていうのがすごくない?そんな長い間ずっと思ってたんだよ。

れいぽよ:ないですね~。

あっくん:え?れいぽよはそんなことないでしょ?この先輩方に言われて同じような流れで頷いてるけど。

れいぽよ:(笑)。1回別れた人とはもう無理です。

あっくん:嘘でしょ!?何で?マジ?結構それ男から言わすと、希望失うね。

女性陣:(笑)

FUKI:じゃあ別れなきゃいいのに。

すず:確かに!その時大事にしてって(笑)。

あっくん:わかるんだよ、もちろん。けど失った時に改めて、やっぱこいつ必要だった。男ってバカなの。

FUKI:それ同じこと繰り返すだけだと思うんだけどなあ。

あっくん:間違いない(笑)!

全員:(笑)

あっくん:やっぱり女性の方が本質わかってる。恋愛の。恋愛の本質わかってるわ~。

恋愛の方程式&彼を振り向かせる方法は?

あっくん:じゃあ恋愛の本質をわかってるみんなは、成功の秘訣もわかってる?好きな人を振り向かせる方法とか?

すず:何だろう?でも好きな人が例えばピンクの服が好きって言ったら、それを着るように意識とかは自然にしちゃう。

FUKI:確かに、それはする。

れいぽよ:私もしちゃう。でも付き合ってからそういうこと言われたら、ちょっとそれは合わせられない。だって自分じゃない自分で付き合っていてもしょうがないじゃないですか。

あっくん:なるほどね。

れいぽよ:恋愛してるうちは素直になった方が良いです。

すず:さっき素直になれないって言ってたじゃん(笑)。

あっくん:いいの、いいの!自分に言い聞かせてるの、今(笑)。自分へのアドバイスだから!

すず:可愛い(笑)。

れいぽよ:絶対後悔しちゃうから、すぐケンカして「別れる」って言わないこと。素直になるのが一番。

すず:そうだね。好きと思ったら素直に好きって言えばいいし、やっぱり、いっぱい恋愛した方がいいと思う。無駄な恋愛は1つもないから。いろんな人と恋愛して学ぶことはたくさんあるよね。恋愛をして自分磨きを頑張れば、キラキラする女の子になるんじゃないかな。

FUKI:そうだね。本当に飾らないで自分のままでいればいい!

あっくん:なんか今日の対談を終えて、俺恋愛うまくいかない気がする、一生(笑)。女の子って難しいね。でも大切なのはやっぱり素直でいること。あと男を大きな心で許して欲しいです(笑)。

リアルな恋愛経験を赤裸々に語り尽くした恋愛座談会。人気モデル、アーティストといっても、恋愛においては失敗や苦い思いを繰り返し、少しずつ成長する、等身大の“普通の女の子”だ。「いつも恋愛していたい」「恋愛は女の子にとって欠かせない」と語る彼女たちも誰かに「背中を押してもらいたい」瞬間がある。そんな時、FUKIのありのままを表現した楽曲たちが、そっと心に寄り添ってくれるに違いない。(modelpress編集部)

(左から)鈴木あや、FUKI、土屋怜菜、あっくん
(左から)鈴木あや、FUKI、土屋怜菜、あっくん

FUKI/1st Digital Single「キミじゃなきゃ」2015.10.23 Release
FUKI/1st Digital Single「キミじゃなきゃ」2015.10.23 Release
FUKI 1st Digital Single「キミじゃなきゃ」
2015.10.23 Release

■レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1002238769/
■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1046780502?app=itunes&ls=1
■mora
http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-17530/?cpid=fuki

FUKI(フキ)プロフィール



FUKI
FUKI
東京都出身(1989 年生まれ)。幼少の頃から歌と踊りに目覚め、ダンススクールに通う日々を過ごす。そこから次第にボーカリストへの想いを強く募らせ、オリジナル曲を書き、ライブハウスで歌い始める。それを観たシェネルや平井大の楽曲を手掛ける音楽プロデューサーのEIGO氏に見出され、三年ほど前より本格的な交流がスタート。

2015年10月23日、1stデジタルシングル『キミじゃなきゃ』で念願のメジャーデビューを果たす。

趣味は散歩とジョギング。そして身体を動かした後の銭湯。ビーチカルチャーをこよなく愛する、街と海が似合うシンガーソングライターである。

FUKIオフィシャルHP:http://fukimusic.jp/

あっくん プロフィール

1987年3月10日生まれ、兵庫県出身。2014年8月にLMFAOの「PARTY ROCK ANTHEM」を日本で初公式カバーした楽曲「SHIBUYA PARTY ROCK NIGHT」(ユニバーサル シグマ)でメジャーデビュー。同曲はYouTubeで再生回数110万回(11月現在)を突破するなど、大きな話題を呼んでいる。

鈴木あや(すずきあや)プロフィール

1990年1月2日生まれ、埼玉県出身。愛称はすず。血液型はB型。2007年7月号より「Ranzuki」専属モデルとして活動。2008年1月号でカバーモデルに抜擢された後、19回連続、通算42回もの表紙を飾り、前人未到の“すず伝説”を打ち立てた。2012年3月号を最後に「EDGE STYLE」に電撃移籍。その後、同誌の看板モデルとして絶大な人気を誇った。「S Cawaii!」2014年6月号より専属モデルとなり、現在は雑誌に限らず、テレビやラジオなど多方面で活躍中。

土屋怜菜(つちやれいな)プロフィール

2000年4月11日生まれ、埼玉県出身。愛称はれいぽよ。血液型はO型。2015年5月号で雑誌「Popteen」に初登場。同年8月号で専属モデルデビューを果たす。大人びたルックスでティーンを中心に絶大な人気を誇る。

(左から)鈴木あや、FUKI、土屋怜菜、あっくん
(左から)鈴木あや、FUKI、土屋怜菜、あっくん
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 鈴木あや&れいぽよ、“新歌姫”FUKIと過去・現在の恋愛暴露「今、恋してます」「破局理由は…」あっくん驚愕のガールズトーク
今読んだ記事

鈴木あや&れいぽよ、“新歌姫”FUKIと過去・現在の恋愛暴露「今…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事