堂本光一「批判の声もあった」主演舞台に注ぐ情熱 “相方”剛に抱く想い

【モデルプレス】KinKi Kidsの堂本光一が、主演舞台「SHOCK」にかける覚悟や堂本剛への想いを語った。 11日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系、毎週月曜~金曜ひる12時)にゲスト出演。2000年から15年に渡って座長・主演を務めるミュージカルシリーズ『SHOCK』について、初演の21歳当時は「帝国劇場という場所は非常に歴史のある場所。そんな場所で最年少で座長をやることに批判の声もあった」と告白。今年3月までに通算1287回の上演を重ね、光一の代名詞とも言われるほどの作品となっているが、「きれいな言葉ではないですけど、だったら、『それを黙らせてやるものを作ってやり続けなくちゃ』と強い思いに変えていった」と胸に抱いていた当時の想いを明かした。

また、今年3月の公演中に、セットが倒れる事故が発生したことについても回顧。「賞賛を浴びるときは、座長の自分が一番いただくけれど、ああいった場所でも自分が先頭に立たないといけないんだと強く感じました」と座長としての責任を実感したという。

続けて黒柳徹子から、当時の舞台裏の様子を聞かれると、「セットが倒れてスタッフとの信頼関係が揺らぐんじゃないかと言われたこともあった。でも、逆で、何年も彼らが見えないところで大変なことをやってきたのをずっと見てきた」とカンパニーの固い絆を語った。“Show must go on”の精神をテーマにした作品だけに、「彼らのためにも翌日に再開して、舞台を成功させることが答えじゃないかとすごく感じた」と、当時の想いを振り返った。

“相方”堂本剛との関係

番組では、デビュー当時の剛とのインタビュー映像が流れ、「気持ち悪いですね~」と照れ笑いを浮かべていた光一。当時は“相方”剛について「(ステージの)遠くの方に剛が見えて、なんかかっこよく見えるんですよね」と話していたが、黒柳から現在の関係性について聞かれると「ファッションにしても奇抜だったり、お互いに全く別のものを持ったタイプの2人。会話もそう多くはないんですけど、それが自然体」と2人の間に流れる空気について語っていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 堂本光一「批判の声もあった」主演舞台に注ぐ情熱 “相方”剛に抱く想い
今読んだ記事

堂本光一「批判の声もあった」主演舞台に注ぐ情熱 “相方”剛に抱…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事