「MEN’S NON-NO」山本涼介が“もう1人の仮面ライダー” 先輩・福士蒼汰らに「早く報告したい」

参照回数:222,623

【モデルプレス】雑誌「MEN’S NON-NO」の専属モデルで俳優の山本涼介が、10月4日よりスタートする仮面ライダー新シリーズ「仮面ライダーゴースト」(テレビ朝日系/毎週日曜あさ8時)で“もう1人の仮面ライダー”を務めることがわかった。
「MEN’S NON-NO」山本涼介が“もう1人の仮面ライダー” 先輩・福士蒼汰らに「早く報告したい」【モデルプレス】
「MEN’S NON-NO」山本涼介が“もう1人の仮面ライダー” 先輩・福士蒼汰らに「早く報告したい」【モデルプレス】
山本涼介(中央)
山本涼介(中央)
18日、都内で行われた制作発表会見に出席。山本は「僕はこの仕事を始めて5年目なんですけど、始めたからには仮面ライダーになるということがひとつの目標だったので、出演すると決まった時は素直に嬉しかったです」と抜擢されたことに感激しきりの様子で、「母親や、事務所の先輩でヒーロー出身の福士蒼汰くん、竜星涼くん、永瀬匡くんにはこのオーディションを受けているってことを報告していたんですけど、今日この会見が終わるまで受かったことを誰にも言っちゃダメだったので、早く報告したくてウズウズしています」と笑顔を見せた。

現在放送中の「仮面ライダードライブ」では、禁じ手ともいえる“車”をモチーフに、史上初のバイクに乗らない、車に乗る刑事ライダーが登場し話題を呼んだが、今作では仮面ライダーが“おばけ”という斬新なモチーフで新たな戦いを繰り広げる。山本は西銘駿演じる主人公・天空寺タケルとは正反対でクールな性格の持ち主・深海マコトを演じ、ゴーストドライバー(変身ベルト)によって変身する仮面ライダースペクターとなる。

「恐怖心はない」アクションに自信

また、今回アクションシーンをするにあたって「僕は自信があります」と堂々と語った山本。「学生の頃ずっとゴールキーパーをしていて、毎日のように転がったり飛び込んだりしていたので、恐怖心はないです」と話し、「最近はキックボクシングをしているのでそれを活かしつつ、自分の象徴である長い手脚を使った綺麗でダイナミックなアクションを見せられたら」とアピールした。

左より:磯村勇斗、柳喬之、山本涼介、西銘駿、大沢ひかる、竹中直人
左より:磯村勇斗、柳喬之、山本涼介、西銘駿、大沢ひかる、竹中直人
このほか会見には西銘、大沢ひかる、柳喬之、磯村勇斗、竹中直人、そして主題歌を担当する氣志團が出席した。(modelpress編集部)

山本涼介(やまもとりょうすけ)プロフィール

生年月日:1995年5月15日
出身地:奈良県
血液型:O型
身長:185cm



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「MEN’S NON-NO」山本涼介が“もう1人の仮面ライダー” 先輩・福士蒼汰らに「早く報告したい」
今読んだ記事

「MEN’S NON-NO」山本涼介が“もう1人の仮面ライダー” 先輩・福…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事