北川景子、海の中で絶体絶命のピンチ!?<「探偵の探偵」第2話>

女優の北川景子が主演を務めるフジテレビ系新連続ドラマ「探偵の探偵」(毎週木曜よる10時~)の第2話が、7月16日よる10時より放送される。
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より【モデルプレス】
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より【モデルプレス】
同作は、「万能鑑定士Q」シリーズや「千里眼」シリーズで累計1000万部を突破した松岡圭祐氏が書き下ろした最新シリーズ「探偵の探偵」(講談社文庫)が原作。亡き妹の残酷な過去をきっかけに“探偵を追う探偵”となった女探偵・紗崎玲奈(北川)の活躍を描いていく。北川は今回、フジテレビ連続ドラマ初主演で、初の探偵役、初の本格アクションに挑戦する。

連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
このほか、玲奈のバディとなる峰森琴葉役を川口春奈、紗崎が入所した探偵事務所スマ・リサーチ社の社長・須磨泰臣役を井浦新、そこで調査員として働く桐嶋颯太役をDEAN FUJIOKA、阿比留総合探偵社の社長・阿比留佳則役をユースケ・サンタマリアらが演じる。

「探偵を追う探偵」という異色の設定ながら、職業としての「探偵業」を徹底的な取材に基づくリアリティーで描写した同作。幾重にも張り巡らされた伏線と先の読めない展開の連続で、ページをめくる手が止まらなくなる原作の魅力を、迫力あるアクションや斬新な映像表現を用い、余すところなく映像化する。

第2話あらすじ

連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
紗崎玲奈(北川)の留守中、「スマ・リサーチ社」に阿比留佳則(ユースケ)がやってくる。阿比留は、出迎えた須磨康臣(井浦)と峰森琴葉(川口)に、昨日、玲奈に会ったと言う。さらに、リボンの付いた小箱を取り出すと、玲奈に渡してほしいと伝えた。箱の中身が盗聴器かもしれないと疑った琴葉は、「探偵課」の土井修三(伊藤正之)の助言に従いそれを確認。盗聴器でないことが分かった。

連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
そこで、琴葉は玲奈に電話をし状況を説明。玲奈は、自分がいる中華街まで来いと言う。琴葉が着くと、玲奈は行き交う人たちを撮影していた。こういう外国人が多く住む地域は、悪徳探偵の寄生率が高い。そこで片っ端から撮影し、画像を検証するのだという。そんな玲奈に感心しながら、琴葉が例の箱を差し出した。それを見た玲奈は驚き、琴葉に駅まで全力疾走しマンションへ直帰しろと命じる。中身は、GPS発信機だという。琴葉から箱を奪った玲奈は、そのまま車で走り去る。取り残されて不安が募る琴葉に、桐嶋颯太(DEAN)が声をかけてきた。

連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
その頃、日銀総裁の孫娘が誘拐されたという一報が警視庁に入る。誘拐事件対策室が設けられ、窪塚悠馬(三浦貴大)、坂東志郎(相島一之)、船瀬卓(阪田マサノブ)、長谷部憲保(渋谷謙人)ら刑事たちが集まった。

連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
車で埠頭へやってきた玲奈は、立ち入り禁止区域に侵入すると、ライトを消しエンジンを切った。そこで箱を開け、GPS発信機を確認するが、追っ手が来る気配はない。するとその時、突然、轟音とともにブルドーザーが突進して来て…玲奈は絶体絶命のピンチに追い込まれる。

(modelpress編集部)

連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より
連続ドラマ「探偵の探偵」第2話より


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 北川景子、海の中で絶体絶命のピンチ!?<「探偵の探偵」第2話>
今読んだ記事

北川景子、海の中で絶体絶命のピンチ!?<「探偵の探偵」第2話>

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事