乃木坂46伊藤万理華は「本当に天才的」 映画初主演で監督絶賛

参照回数:267,173

【モデルプレス】乃木坂46伊藤万理華が、監督や共演者から絶賛された。
「本当に天才的」と絶賛された乃木坂46の伊藤万理華
「本当に天才的」と絶賛された乃木坂46の伊藤万理華
乃木坂46の伊藤万理華
乃木坂46の伊藤万理華
28日、都内にて行われた映画『アイズ』(6月6日公開)完成披露試写会の舞台挨拶に、山田太一、福田陽平監督らとともに登壇。同作で映画初主演を務めた伊藤に対し、福田監督は「伊藤さんの演技は本当に天才的。この作品と出会って、彼女の才能を世に出す使命を受けて怖かった部分もあった」と抜群の演技力を絶賛すると、山田も「アイドルって一切感じませんでした。いろんな女優さんと共演してきましたけど、現場でこれだけ役に入っている方ってそうはいないと思いました」と同意し、才能を認めた。

映画初主演を振り返る

乃木坂46の伊藤万理華
乃木坂46の伊藤万理華
映画『アイズ』(6月6日公開)完成披露試写会の舞台挨拶の様子
映画『アイズ』(6月6日公開)完成披露試写会の舞台挨拶の様子
一方で伊藤は「最初は主演という感じがしなくて、初めてお母さんに泣きついたくらい不安があったんですけど、監督さんやスタッフさんやキャストさんが支えてくださったから、私も最後まで演じ切ることができました。この作品で、改めて演技をする楽しさがより出てきたので、この作品を通して演技をもっと見てほしいなって思います」と笑顔でアピール。また撮影時を振り返り、「いつも弟役の(仲川)慶二君と一緒に撮影することが多くて、せっかく弟なんだし仲良くなりたいと思っていたんですけど、最初はお互いに人見知りで全然見てくれなかったんです。最終的には仲良くなって、今日も会ったときに手を振ってくれて本当に嬉しくて、涙が出そうでした」と久しぶりの再会に感動していた。

(後列左より)福田陽平監督、山田朱莉、優恵、西洋亮、鈴木光司氏(前列左より)おぞねせいこ、中川慶二、伊藤万理華、小林愛奈、山田太一
(後列左より)福田陽平監督、山田朱莉、優恵、西洋亮、鈴木光司氏(前列左より)おぞねせいこ、中川慶二、伊藤万理華、小林愛奈、山田太一
締めの挨拶として、伊藤は「この映画、20回見てください!」とお茶目に呼びかけ、会場を沸かせた。

同作は、『リング』『仄暗い水の底から』など、数々のヒット作を生み出したホラー作家・鈴木光司による短編集『アイズ』の一篇『しるし』を完全長編映画化。平凡な女子高生・山本由佳里(伊藤)が住むマンションの玄関の表札にある日「F」の文字が書かれ、その日を境に友人の事故死や家族の奇行、少女の幻覚など、不可解な事件が起こる様を描くミステリーホラー映画。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 乃木坂46伊藤万理華は「本当に天才的」 映画初主演で監督絶賛
今読んだ記事

乃木坂46伊藤万理華は「本当に天才的」 映画初主演で監督絶賛

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事