GENERATIONS片寄涼太、三代目JSB今市&登坂の活躍に本音

GENERATIONS from EXILE TRIBE片寄涼太が、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEへの本音を語った。
GENERATIONS片寄涼太「結構悔しい」 今市&登坂の活躍に本音【モデルプレス】
GENERATIONS片寄涼太「結構悔しい」 今市&登坂の活躍に本音【モデルプレス】
GENERATIONS from EXILE TRIBE
GENERATIONS from EXILE TRIBE
16日放送の「週刊EXILE」(TBS系、毎週月曜日深夜1:11~)では、GENERATIONSのボーカル・片寄にフィーチャー。三代目JSBのボーカリストを決めるオーディションに落選した経験をもつ片寄が、当時の想いと同グループへの本音を告白した。

三代目JSB今市&登坂への“ライバル心”

今市隆二
今市隆二
登坂広臣
登坂広臣
2010年、三代目JSBのボーカル・今市隆二と登坂広臣が発掘されたオーディション「VOCAL BATTLE AUDITION 2」に参加していた片寄は最終審査で落選。その後本格的なレッスンを受けるため上京し、2012年にGENERATIONSとしてデビューを果たした。

オーディションに落選した当時の心境を振り返った片寄は「(発表直後は)簡単に『あ、そうか』とは思えなかった」と悔しさをにじませた。同じオーディション出身の今市と登坂の活躍ぶりについて「すごく大活躍しているのは、悔しくないと思いつつ(同じオーディションで過ごした2人が)先輩になるので結構悔しいですね」と赤裸々な想いを吐露。「その2人がどんどんすごくなるごとに自分も絶対追いかけて、同じ土俵でもっと戦えるようなボーカリストにならないと」と熱い胸の内を明かした。

「この道を全うすることが責任」

さらに、当時はオーディションにEXILEの“ファン”という気持ちで参加していたという片寄。しかし審査に勝ち進んでいくにつれ「自分にしかできないことがあるのかな」と“歌手になりたい”という気持ちが高まっていったという。「この道を精一杯全うすることが自分の責任なのかなと思います」とボーカリストとしての信念を語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - GENERATIONS片寄涼太、三代目JSB今市&登坂の活躍に本音
今読んだ記事

GENERATIONS片寄涼太、三代目JSB今市&登坂の活躍に本音

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事