マギー、過去の恋愛を明かす「全然モテませんでした」

【モデルプレス】モデルのマギーが、過去の恋愛を明かした。
過去の恋愛を明かしたマギー【モデルプレス】
過去の恋愛を明かしたマギー【モデルプレス】
マギー
マギー
マギーは15日、都内で行われた映画『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』のイベントに、濱田龍臣、前田旺志郎とともに出席。同作に関連して、自身の14歳の頃を聞かれたマギーは、「バスケに一筋なスポーツ少女でした。中学のときは髪もずっとショートだったし、性格も男勝りで負けず嫌いでバスケのことしか考えてなかったので、全然モテませんでした」と振り返ったが、好きな男の子はいたそうで、「野球部のピッチャーの男の子が好きでした。エースだったんですけど、身長が小さくて笑顔が可愛かったんです。当時から好みは変わっていません」と、好きな男性のタイプを明かした。

(左から)前田旺志郎、マギー、濱田龍臣
(左から)前田旺志郎、マギー、濱田龍臣
また、当時の希望を聞かれたマギーは、「もっとバスケが上手くなりたいという思いだけでした」と語り、現在は「モデルの寿命って本当に短いので、30代、40代になってもモデルは続けていられるように、体型維持や美容のことを頑張りたいと思っています。白人の血が入っていて太りやすいので、日々、食生活には気を付けています」と努力しているという。

さらに、今年1年の感想を聞かれ、「お仕事の幅も量も増えてあっという間な1年でした。バラエティのお仕事も増えて、写真集の売れ行きも良くて(笑)、たくさんの方に見ていただけた年だったと思います」と笑顔で語り、「来年はさらにテレビとかにも出て、もっと色んな方に見ていただきたいです」と抱負を語った。

「ときめいちゃいます」



なお、イベントでは、同作の監督が、初監督作から一貫して、子どもから大人への過渡期である力強くもピュアな心を持った14歳の少年を起用し続け、子どもの成長を描いているのを受け、日本を代表する14歳の濱田と前田が、あどけなかった頃のイメージを一新し、身も心も成長した姿をマギーに猛烈アピール対決。それを受けマギーは濱田を選び、「14歳で私よりも大きくてときめいちゃいます」と理由を述べると、負けた前田は「身長を言われたら…」と肩を落とした。

同作は、主人公の3人の14歳の少年が偶然ゴミ山で拾った一つのサイフが大きな希望となり、自らの人生を切り開き、成長を遂げていく物語。映画『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』は2015年1月9日よりTOHOシネマズみゆき座ほかで全国ロードショー。(modelpress編集部)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP