ローラ、新CMクイーンに「2014年CM起用社数ランキング」発表

【モデルプレス】メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社が11日、2014年1月~11月のCM出稿状況を基にした「2014タレントCM起用社数ランキング」を発表。モデルでタレントのローラが新CMクイーンに輝いた。
新CMクイーンに輝いたローラ【モデルプレス】
新CMクイーンに輝いたローラ【モデルプレス】
有村架純
有村架純
女性タレント部門で1位に輝いたローラ。男女総合でもトップの14社に起用され、自身初となるCMクイーンの座に輝いた。タレントとしての可愛さと、モデルとしての美しさという二面性がCMでも上手く棲み分けられており、多くのCMに起用された。

2位は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」出演後の活躍が目覚ましい、女優の有村架純が13社起用でランクイン。ほかにもNHK連続テレビ小説のヒロインを演じた女優からは、堀北真希(12社)と、杏(10社)もランクインしており、朝ドラヒロインの人気ぶりが伺える。

堀北真希
堀北真希
杏
堀北と同じく12社に起用されたのは、ランキング常連の上戸彩、元AKB48の大島優子、女優の桐谷美玲、AKB48の島崎遥香の5名。ぱるるの愛称で親しまれる島崎は、昨年に続き今年も現役AKB48メンバー内での首位となった。

男性タレント部門の1位は?

松岡修造
松岡修造
阿部寛
阿部寛
11社に起用され、男性タレント部門で首位を獲得したのは、嵐の櫻井翔と元プロテニスプレイヤーの松岡修造。櫻井は嵐としてグループでの起用に加え、単体での出演も多く、初のCMキングに。一方、ランキング常連の松岡は、2008年以来6年ぶり2度目のCMキングに返り咲いた。

次いで、嵐の相葉雅紀、阿部寛、サッカーの本田圭佑選手が10社で続き、昨年ランキング初登場で注目された西島秀俊は9社に起用され、向井理、木村拓哉らと共に上位に名を連ねた。

2015年の注目タレントは?

早見あかり
早見あかり
福士蒼汰
福士蒼汰
2015年も引き続き「朝ドラ」俳優・女優の活躍がCMでも期待される。女性タレントでは、出演ドラマも好調な杏が、さらにCM起用社を増やすことが見込まれる。また、次世代では早見あかり(2014年度後期「マッサン」)、土屋太鳳(2015年度前期「まれ」)に注目。男性タレントでは、「あまちゃん」で注目を集めた福士蒼汰。「ごちそうさん」でブレイクし、大河ドラマ「花燃ゆ」出演も決定した東出昌大。現在「マッサン」に出演中の浅香航大などが、今後CM起用される機会が増えると予想されている。(modelpress編集部)

■2014年 女性タレントCM起用社数ランキング
1位(14社):ローラ
2位(13社):有村架純
3位(12社):上戸彩、大島優子、桐谷美玲、島崎遥香(AKB48)、堀北真希
4位(11社):武井咲、渡辺麻友(AKB48)
5位(10社):杏、小嶋陽菜(AKB48)、ベッキー、本田翼、マツコ・デラックス
6位(9社):石原さとみ、山本美月

■2014年 男性タレントCM起用社数ランキング
1位(11社):櫻井翔(嵐)、松岡修造
2位(10社):相葉雅紀(嵐)、阿部寛、本田圭佑
3位(9社):大野智(嵐)、岡田准一(V6)、木村拓哉(SMAP)、西島秀俊、二宮和也(嵐)、向井理
4位(8社):石川遼、香川真司、錦戸亮(関ジャニ∞)、松本潤(嵐)、村上信五(関ジャニ∞)、横山裕(関ジャニ∞)

■調査概要
調査項目:テレビCMに出演している男女タレントの起用社数ランキング
調査期間:2014年1月1日~2014年11月30日
対象局:日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)
備考:番組宣伝や本人出演のCD/DVD/ゲーム(ソーシャル含)・楽曲配信・映画CM、PV出演での露出等は除く

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ローラ、新CMクイーンに「2014年CM起用社数ランキング」発表
今読んだ記事

ローラ、新CMクイーンに「2014年CM起用社数ランキング」発表

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事