広末涼子、サプライズに涙「頑張ってよかった」

参照回数:93,320

【モデルプレス】女優の広末涼子が、サプライズに感激し涙を流した。
感激で涙を流す広末涼子【モデルプレス】
感激で涙を流す広末涼子【モデルプレス】
広末涼子
広末涼子
11月22日、都内にて行われた映画「想いのこし」初日舞台挨拶に共演の岡田将生らとともに登壇した広末。この日は、“大切な人に想いを形で伝える日”というコンセプトから始まった“いい夫婦の日”でもあるため、イベントではそれにちなんだサプライズを実施。MCの呼びかけを合図に、観客が「ありがとう」と叫びクラッカーを鳴らすと、思わぬ贈り物にキャスト陣は感激した。

映画「想いのこし」初日舞台挨拶(左より)平川雄一朗監督、鹿賀丈史、広末涼子、岡田将生、巨勢竜也、木南晴夏、松井愛莉
映画「想いのこし」初日舞台挨拶(左より)平川雄一朗監督、鹿賀丈史、広末涼子、岡田将生、巨勢竜也、木南晴夏、松井愛莉
岡田と顔を見合わせるなどし、驚いた表情を浮かべた広末は思わず涙。コメントを求められると「私はいいです…」と涙を拭いながらも、「本当にびっくりしました。撮影頑張ってよかった」と喜びを噛みしめる様子を見せた。

広末涼子
広末涼子
広末涼子
広末涼子
同作は、作家・岡本貴也による小説「彼女との上手な別れ方」の実写映画化。カネとオンナの事しか頭にない史上最低の男・ガジロウ(岡田)が、成仏できずに幽霊になったポールダンサーのルカ(広末)の願いを叶えるためにルカの小学生の息子のためにポールダンスに奮闘する様を描く。

(左より)平川雄一朗監督、鹿賀丈史、広末涼子、岡田将生、巨勢竜也、木南晴夏、松井愛莉
(左より)平川雄一朗監督、鹿賀丈史、広末涼子、岡田将生、巨勢竜也、木南晴夏、松井愛莉
イベントにはこのほか、木南晴夏、松井愛莉、巨勢竜也、鹿賀丈史、平川雄一朗監督が登場した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 広末涼子、サプライズに涙「頑張ってよかった」
今読んだ記事

広末涼子、サプライズに涙「頑張ってよかった」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事