Hey!Say!JUMP山田涼介に「男を感じました」 共演者がベタ褒め

Hey!Say!JUMPの山田涼介が、「男を感じました」と共演者に語られた。
ドラマ「金田一少年の事件簿N(neo)」の親子で謎解き試写会に出席した、川口春奈、山口智充(左から)
ドラマ「金田一少年の事件簿N(neo)」の親子で謎解き試写会に出席した、川口春奈、山口智充(左から)
11日、都内にて行われた日本テレビ系ドラマ「金田一少年の事件簿N(neo)」の親子で謎解き試写会に出席した山田。浴衣姿で登場し、ファンの熱気に包まれた。

「すごいかっこいい」と絶賛に、終始照れて恥ずかしそうにする山田

13年ぶりに連続ドラマとして復活する同作。今回剣持警部役で共演するタレントの山口智充は、主演の山田の印象を聞かれると「すごいかっこいいですね」と絶賛。「初めて仕事を一緒にしたんですけど、収録のモニターを見ててかっこいいなって1人で言ってました」と語ると、山田は「恥ずかしいですね」と照れ笑いをした。

また、山口はストレッチャー(担架)を用いた撮影シーンに触れ、「乗る前に不安に思ってたことを山田くんに一言話したら、スタッフさんに大丈夫か聞いたりしてくれて。自分が乗るのではないのに心配してくれた」と山田のさりげない気遣いに感激したエピソードを披露。満面の笑顔で「男を感じましたね」とベタ褒めをすると、山田は「恥ずかしいです」と恥ずかしそうにうつむいた。

イベントには、Hey!Say!JUMPの有岡大貴、川口春奈も出席した。試写会の途中に観客と一緒に犯人当てクイズを行ったり、金田一ネオのキャラクターが初登場し、会場を沸かせた。

連続ドラマとして、13年ぶりに復活の金田一シリーズ

累計発行部数9000万部を超える漫画「金田一少年の事件簿」シリーズが原作。1995年にKinKi Kidsの堂本剛を主演としてドラマ化されて以来、2001年に嵐の松本潤が、2005年にKAT-TUNの亀梨和也が、主演を務めてきた。山田はこれまで、2013年1月に放送されたスペシャルドラマ「香港九龍財宝殺人事件」、2014年1月放送の「獄門塾殺人事件」で4代目となる主役の金田一一(はじめ)役を担当。今作でも引き続き主演を務める。

同ドラマは7月19日よりスタート(毎週土曜よる9時~)。初回は2時間スペシャルとなる。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - Hey!Say!JUMP山田涼介に「男を感じました」 共演者がベタ褒め
今読んだ記事

Hey!Say!JUMP山田涼介に「男を感じました」 共演者がベタ褒め

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事