激痩せ、幻聴、歩行障害… 13年の闇と今後の活動について語った安西ひろこ

復帰の安西ひろこ、激痩せ、幻聴、歩行障害… 13年の闇とこれからを語る モデルプレスインタビュー

2014.07.11 13:02
0
0

1日放送の「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)で、芸能界へ完全復帰を果たした安西ひろこ。モデルプレスは、ギャルのカリスマとして人気絶頂の2001年に芸能界から突如姿を消した彼女の空白の13年間の苦悩とこれからに迫った。

地獄の闘病生活 「悪魔の声が聞こえた」

― 安西さんの活動休止の最も大きな原因となったパニック障害。13年もの間、想像を絶する闘病生活を送られていたと知り、正直驚きました。当時の生活を今改めて振り返っていかがですか?

安西ひろこ:地獄でしたね。ホントに…。痛いとか痒いとかじゃなくて、すごい恐怖心に襲われ続けるっていうか。床がグニャグニャに歪んで見えて歩けないんですよ。人によって症状も違うそうですが、私の場合は物音だったり、ただ座っていることさえ怖くて部屋から出られなかった。

家の中でさえ歩くこともできないし、這うことが精一杯。トイレやお風呂にも行けなかったので、当時の私は本当に汚かったと思います。

― まさに地獄の闘病生活ですね。

安西ひろこ:はい。ご飯も食べられないし、体重も30キロ代まで落ちてしまって。悪魔の声のような幻聴も聞こえて「お前なんか死ねばいいじゃん。お前がいるからお母さんや周りだって迷惑なんだよ。お前が生まれて来なきゃ良かったんだ。早くそのドアを開けてそこから飛び降りろよ」って。

自分がそこで弱ければ死んでしまっていたかもしれないけれど、私はそこで負けてたまるか!って思ったんですよね。

衝撃告白の真相 原動力となった存在とは…

― そんな過酷な状況の中でも、再び立ち上がることができたのは何故ですか?

安西ひろこ:やっぱり母と愛犬の存在ですね。私の母はキャリアウーマンだったので、当時は看病と仕事の両立で本当に大変だったと思います。申し訳ない気持ちと安心させたいという思いがありました。

今回、番組でパニック障害のことを明かした理由には、母のようにサポートする側の苦労も知ってほしいという思いも強かったですね。そして、どうしてもロリータ(愛犬)にもう一度会いたかったという思いもあって。今は、また一緒に暮らすことができていますが、これが私の原動力でしたね。

― すべてをさらけ出すことはとても勇気が必要だったと思いますが、告白しようと思われたきっかけは?

安西ひろこ:特別なきっかけとかはないんですが、良いタイミングが重なったので今かなって。全部をさらけ出しても、100%の皆さんが受け入れてくれるわけじゃないし、どんな風に転がるかもわからなかったけれど、同じ症状で悩んでいる人に少しでも前向きなメッセージを届けたかったんです。

パニック障害の人は、彼氏ができないとか、離婚されちゃったという話も聞きます。子供でも私と同じような症状で苦しんでいる子もたくさんいるそうです。でも、私が乗り越えられたように、少しずつリハビリすれば克服できるということを証明したかったんです。

安西ひろこ

「将来の幸せのために乗り越えられる試練」

― 地獄の日々から這い上がることのできた安西さんだからこそ、今、同じような症状で苦しんでいる方にアドバイスできることはありますか?

安西ひろこ:私が今言えることは、10年先のことを考えてみてほしいってことです。私だって10年くらい前は本当に地獄の日々で、『明日なんか来なければいいのに』って思っていました。

でも、今は普通にご飯も食べられるようになって、電車にも乗れて、映画も見れるようになった。そしてロリータとまた一緒に暮らせるようになったし、本当に幸せだなって思っています。

病気やいじめなど様々なことに悩んでいる人もいると思うけど、そういう辛いことを経験する人はある意味すごく特別なことなんだなって思う。きっと将来の幸せのために乗り越えられる試練なんだって、ポジティブに切り替えていってほしいですね。

今後の活動、歌手活動再開の可能性は?

― これまで、モデルに女優、歌手と幅広く活動されてきた安西さん。いよいよ再始動となりますが、今後、どのような活動を予定していますか?

安西ひろこ:女優業はオファーが来たらやってみたいけど、歌はもう大丈夫かな(笑)年齢的にも無理が生じていると思うし(笑)。やってみたいことは商品プロデュースやインテリア関連のお仕事。無理のない程度にテレビに出演させて頂いたり、色々な方に会うためのイベントもやっていきたいと思っています。

安西ひろこ
― これまで安西さんの復帰を首を長くして待ちわびていたファンの皆さんにメッセージをおねがいします。

安西ひろこ:『立ち上がるのも自分だし、立ち上がらないのも自分』そんな言葉を胸に、もう一回だけやるって決めて戻ってきました。これまで支えて下さった皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。これからは35歳の等身大の安西ひろこを皆さんにお見せできればと思っています。

― ありがとうございました。

13年も抱えていた心の闇をすべてさらけ出し、辛い経験もポジティブに捉えてただ前だけを見つめて突き進む。安西ひろこの第二章が今、ここからはじまる。(モデルプレス)

安西ひろこ
安西ひろこプロフィール
生年月日:1979年2月9日
出身地:神奈川県相模原市
血液型:A型


【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. 安西ひろこ、復帰後初の公の場 心境と今後の目標を明かす
    安西ひろこ、復帰後初の公の場 心境と今後の目標を明かす
    モデルプレス
  2. 安西ひろこ「一生ギャルです」 近況を明かす
    安西ひろこ「一生ギャルです」 近況を明かす
    モデルプレス
  3. 13年ぶり芸能界復帰の安西ひろこ、地獄の生活激白で「涙がとまらなかった」「励みになった」と反響
    13年ぶり芸能界復帰の安西ひろこ、地獄の生活激白で「涙がとまらなかった」「励みになった」と反響
    モデルプレス
  4. 安西ひろこ、13年ぶり芸能界復帰 地獄の闘病生活を激白
    安西ひろこ、13年ぶり芸能界復帰 地獄の闘病生活を激白
    モデルプレス
  5. 安西ひろこ、救急車で緊急搬送 大切な人への想いをつづる
    安西ひろこ、救急車で緊急搬送 大切な人への想いをつづる
    モデルプレス
  6. 安西ひろこの詞にコメント殺到 「救われました」の声
    安西ひろこの詞にコメント殺到 「救われました」の声
    モデルプレス

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. アインシュタイン河井、激痛でも歯医者に行かない理由 「ほんまに…」
    アインシュタイン河井、激痛でも歯医者に行かない理由 「ほんまに…」
    fumumu
  2. もう聞きたくないのに… 約9割もの人が経験している苦痛な会話とは
    もう聞きたくないのに… 約9割もの人が経験している苦痛な会話とは
    Sirabee
  3. Aaron "Showtime" Taylor: His Journey From Prison To Becoming An NBA Broadcaster
    Aaron "Showtime" Taylor: His Journey From Prison To Becoming An NBA Broadcaster
    ENCOUNT
  4. STU48宗雪里香、笑顔はじける「神コレ」初ランウェイ
    STU48宗雪里香、笑顔はじける「神コレ」初ランウェイ
    モデルプレス
  5. 沢口愛華、美谷間&舌出しにドキッ
    沢口愛華、美谷間&舌出しにドキッ
    モデルプレス
  6. 薬物中毒者が大量に佇む街…アメリカの“ゾンビタウン”の恐ろしい実態とは
    薬物中毒者が大量に佇む街…アメリカの“ゾンビタウン”の恐ろしい実態とは
    ABEMA TIMES
  7. STU48峯吉愛梨沙、自身プロデュースブランドで堂々ランウェイ ファッションプロデューサーの夢叶う<神コレ2022A/W>
    STU48峯吉愛梨沙、自身プロデュースブランドで堂々ランウェイ ファッションプロデューサーの夢叶う<神コレ2022A/W>
    モデルプレス
  8. STU48吉田彩良、ブランドプロデューサーとして初ファッションショー こだわり詰まったワンピースが可愛い<神コレ2022A/W>
    STU48吉田彩良、ブランドプロデューサーとして初ファッションショー こだわり詰まったワンピースが可愛い<神コレ2022A/W>
    モデルプレス
  9. 森咲智美「飼い主なってみますか?」、ヒョウ柄ボディースーツからまんまるバスト見せつけ!
    森咲智美「飼い主なってみますか?」、ヒョウ柄ボディースーツからまんまるバスト見せつけ!
    WWS channel

あなたにおすすめの記事