本田翼が興奮「一番幸せかもしれない」

0
モデルで女優の本田翼が、「一番幸せかもしれない」と興奮して喜びを語った。
「週刊少年ジャンプ」の編集者の仕事を体験した本田翼 撮影/高橋依里 (C)non-no/集英社
「週刊少年ジャンプ」の編集者の仕事を体験した本田翼 撮影/高橋依里 (C)non-no/集英社
本田は、「週刊少年ジャンプ」編集部で編集者の仕事を体験。自身の写真本「ほんだらけ」の中でもコスプレ姿を披露するなど、自他ともに認める“大のマンガ好き”で、「週刊少年ジャンプ」を長年愛読している彼女は、本人たっての希望で今回の企画が実現した。

担当作品は?

本田が担当した作品は、以前にも本人発案の「もしも翼がジャンプの新人漫画編集者だったら着回し」企画(non・no6月号・4月20日発売)で、共演・対談経験のある松井優征氏の「暗殺教室」。同作は、7月4日に発売された10巻で累計発行部数1000万部を突破、2015年にはフジテレビにてTVアニメ化&実写映画化が決定している人気作だ。

編集者の仕事を体験

本田は、松井氏への差し入れ購入や、コピーとりなどの雑務から、松井氏の原稿の入稿・指定作業といった編集業務、さらには新人漫画賞の応募作品読みまで、実際に数日間にわたりジャンプ編集部へ通い、編集者の仕事を体験。

完全に裏方として仕事に徹し、夢を叶えた本田は「憧れの『週刊少年ジャンプ』、こんなに関わることができて本当にうれしい!」と喜びを爆発させ、「生原稿を見た瞬間の感動や、それを入稿できる喜び。もう、今まで生きてきた中で一番幸せかもしれない!」と興奮冷めやらぬ様子で語った。

また、「せっかくなので」とジャンプ編集部からの進言もあり、32号(7月7日発売)「暗殺教室」の、殺せんせーのキャラクター紹介を本田が入稿することに。本田ならではの小ネタが効いた紹介文となった。

実際の仕事ぶりなど詳しい様子は、8月20日発売の「non・no10月号」にて掲載される。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 本田翼が興奮「一番幸せかもしれない」
今読んだ記事

本田翼が興奮「一番幸せかもしれない」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事