武井咲、白衣姿を初披露 女医挑戦で先輩・米倉涼子を目指す

女優の武井咲が、天才監察医役に挑み、その白衣姿を初披露した。
天才監察医役に挑む武井咲
天才監察医役に挑む武井咲
武井は、7月スタートのテレビ朝日系ドラマ「ゼロの真実~監察医・松本真央~」(毎週木曜 後9:00)に出演する。初の白衣で監察医役に挑む武井は、連日運び込まれる死因不明の遺体に立ち向かう。美人でIQ150を誇る天才医師だが、天涯孤独で組織や人間関係にはまるで頓着せず、異性にも、食べ物もオシャレにも興味なしで、友人はひとりもいないという役どころ。

武井、先輩・米倉から学ぶ

武井は「これまで監察医というお仕事には漠然としたイメージしかなく、テレビなどでその名称を聞いてもどこかリアルではありませんでした。“亡くなった”人の死因を“生きている”人が究明する…。今回、そんな監察医という役をいただいたことで新たな発見ができるのではないかと思っています」とコメント。

続けて、「昨年『お天気お姉さん』で演じた安倍晴子も変わった女性でしたが、今回の松本真央もだいぶ変わった女性のようです(笑)。特殊な役や一筋縄ではいかないような人物は演じていてとても楽しいですし、武井咲のイメージを打ち破るような役を演じられることが楽しみです!」と期待感を寄せ、「初めての白衣スタイルですが、事務所の先輩でもあり、白衣の先輩でもある米倉涼子さんから着こなしを学びつつ(笑)、全力で頑張りたいと思います」と、同局ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子」で主演の米倉を引き合いに、意気込んだ。

武井の起用「静かな強さを秘めた」

中川慎子プロデューサーは武井の起用にあたり、「20代前半でありながら、ささいなことには動じず着々とやり遂げる静かな強さを秘めた武井さんが、一体どう演じてくださるか楽しみでなりません」とコメントを寄せている。

なお、脚本は武井が主演した同局ドラマ「お天気お姉さん」の大石静氏が再び書き下ろす。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 武井咲、白衣姿を初披露 女医挑戦で先輩・米倉涼子を目指す
今読んだ記事

武井咲、白衣姿を初披露 女医挑戦で先輩・米倉涼子を目指す

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事