AKB48渡辺麻友らとの共演に、次世代メンバーが本音

参照回数:212,957

AKB48の次世代メンバーが、同グループの渡辺麻友らと共演することについて語った。
AKB48渡辺麻友らとの共演に、次世代メンバーが本音
AKB48渡辺麻友らとの共演に、次世代メンバーが本音
AKB48の川栄李奈は17日、テレビ東京にて行われた新ドラマ「セーラーゾンビ」(4月18日スタート/毎週金曜、深夜0時52分~)の会見に登場。川栄と共に、同作で主演を務める大和田南那、高橋朱里も出席。3人はドラマ初主演となる。

ドラマ内限定で、AKB48渡辺麻友、横山由依、岩田華怜がユニット「ミルクプラネット」を結成することに触れられると、川栄は「豪華で、どっちが主演なんだろう?と思いました(笑)」とコメント。ミルクプラネットと一緒のシーンがある大和田は、「緊張しました」と先輩に囲まれた撮影を振り返った。

また、ドラマにちなみ、ゾンビメイクに挑戦して欲しいメンバーをたずねられた川栄は「絶対やらないと思うので、見てみたいです」と小嶋陽菜の名前をあげ、会場の笑いを誘った。

川栄李奈、不安を吐露

同作では、大和田、川栄、高橋のAKB48次世代メンバー3人が、息の合ったチームワークとフレッシュな魅力で、未だかつてない“青春ポップホラー”ドラマに挑戦。ゾンビがはびこる終末世界で、奇跡的に生き残ったセーラー服の女子高生たちが、絶望的な状況でも明るく図太く順応して、ゾンビと戦いながら恋あり友情ありの学園生活を繰り広げるストーリー。また、サプライズ企画として結成されたAKB48の渡辺、横山、岩田からなるユニット「ミルクプラネット」が主題歌を担当するほか、ストーリーテラー的存在を務める。

ドラマ初主演の意気込みをたずねられた川栄は、「自分がメインになるドラマは初めてで不安もあった」と吐露。「3人、仲が良いので撮影も楽しくできた」と語り、「他の共演者の方からも学ぶことができていい経験になりました」と振り返った。

大和田は、「初めて演技をしたので分からないことだらけでしたが、先輩に教えてもらい楽しく撮影ができました」とコメント。高橋は「女優が一番やりたかったこと」といい、「他の役者さんとも演技ができて、いい経験ができました」と満足そうに語った。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - AKB48渡辺麻友らとの共演に、次世代メンバーが本音
今読んだ記事

AKB48渡辺麻友らとの共演に、次世代メンバーが本音

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事