嵐・松本潤、一筋縄ではいかない撮影を振り返る

嵐・松本潤が出演する新CM「寝相アート」篇より
嵐・松本潤が出演する新CM「寝相アート」篇より
嵐・松本潤が出演する新CM「寝相アート」篇より
嵐・松本潤が出演する新CM「寝相アート」篇より
嵐・松本潤が出演する新CM「寝相アート」篇より
嵐・松本潤が出演する新CM「寝相アート」篇より
の松本潤が撮影に苦戦し、「大変なんだ」と思わず本音をこぼした。 28日より全国でオンエアされるベビーケア用品新CM「寝相アート」篇に出演。松本が赤ちゃんの自然な寝相を生かした“寝相アート”に挑戦する姿をとらえたもので、赤ちゃんをあやす松本の優しげな表情が見どころとなる。

一筋縄ではいかない共演

「よろしくお願いします」と丁寧に挨拶をしながらスタジオ入りした松本。現場に入ると、監督と真剣な表情で“寝相アート”について打ち合わせを重ねる。松本の撮影位置が決まり、続いて赤ちゃんがスタンバイ。赤ちゃんのご機嫌が撮影の進行を大きく左右するため、現場にはいつもとは違う緊張感が走る。

カメラが回り、順調に撮影が進む中、1人目の男の子が途中で近くにお母さんがいないことに気付き、泣き始めてしまう。なんとかあやす松本だったが、泣き止まず、一旦撮影をストップ。緊張感から解放された松本は「思い出した!大変なんだこの撮影(笑)」「前回は赤ちゃんを抱っこした瞬間にはもう泣いていましたからね(笑)」と、前作のCM撮影でも一筋縄ではいかなかった赤ちゃんとの共演を振り返った。

松本のアドリブが冴え渡る

予想外の動きをする赤ちゃんに対して、あえて事前に細かくCMの設定を決めず、臨機応変に対応することで、松本と赤ちゃんとのナチュラルな雰囲気を撮ることにした今回の撮影。大まかな設定はあるものの、基本はすべて松本のアドリブとなった。

松本は、まずは赤ちゃんが興味を持ったボールを手渡ししてあげたり、一緒に寝転んで“寝相アート”を作ってみたりと、赤ちゃんを安心させるために、あの手この手の工夫を凝らす。すっかり慣れた赤ちゃんがカメラの枠からハイハイで逃げ出してしまうシーンもあったが、そんな元気になりすぎた赤ちゃんにも優しく笑顔で対応する松本の姿が印象的だった。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 嵐・松本潤、一筋縄ではいかない撮影を振り返る
今読んだ記事

嵐・松本潤、一筋縄ではいかない撮影を振り返る

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事