AKB48、ドラフト生がデビュー 名曲を初披露

AKB48のドラフト生が、初の劇場公演デビューを果たした。
AKB48大島チームK「最終ベルが鳴る」「狼とプライド」/下口ひなな、後藤萌咲
AKB48大島チームK「最終ベルが鳴る」「狼とプライド」/下口ひなな、後藤萌咲
AKB48は20日、東京・秋葉原の専用劇場にてAKB48大島チームK「最終ベルが鳴る」の初日公演を迎え、上演に先立ち報道陣向けに公開ゲネプロを行った。

下口ひなな
下口ひなな
下口ひなな、後藤萌咲
下口ひなな、後藤萌咲
後藤萌咲
後藤萌咲
公演では、昨年11月に行われた「AKB48グループ ドラフト会議」で指名を受け、チームKのメンバーとなった後藤萌咲(小6/12)と下口ひなな(小6/12)の“ナマイキッズ”が、ファン人気の高い「狼とプライド」を初披露。全チームを通して、ドラフト生が劇場公演の舞台に立つのは初となる。

ドラフト生として初!劇場公演の舞台に立つ

下口ひなな、後藤萌咲
下口ひなな、後藤萌咲
2人は、イエローのチェックの衣装を着こなし、キュートなパフォーマンスを披露。MCでは、松井珠理奈に「初めて会ったときに、『なんかダジャレ言って下さい!』っていきなり言われた(笑)」というエピソードを暴露される場面も。小学6年生らしい無邪気な振る舞いで場を和ませていた。

公演ではこのほか、「最終ベルが鳴る」「19人姉妹の歌」など全17曲をパフォーマンス。締め曲として定番の「支え」を歌唱した際には、3月29、30日に国立競技場で開催されるコンサートをもってグループを卒業する大島優子が感極まって涙を流した。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - AKB48、ドラフト生がデビュー 名曲を初披露
今読んだ記事

AKB48、ドラフト生がデビュー 名曲を初披露

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事