能年玲奈、「あまちゃん」ブームで一躍有名に デビューからこれまでの活動を振り返る

2013年、ヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクした女優の能年玲奈。モデルプレスでは、デビューからこれまでの活動を振り返った。
能年玲奈、「あまちゃん」ブームで一躍有名に デビューからこれまでの活動を振り返る
能年玲奈、「あまちゃん」ブームで一躍有名に デビューからこれまでの活動を振り返る

デビューのきっかけ

ローティーン向けファッション雑誌「ニコラ」のモデルだった女優の新垣結衣に憧れて、2006年の第10回ニコラモデルオーディションに応募。そこで、見事グランプリを獲得し、芸能界デビュー。2006年10月号から2010年5月号まで同誌の専属モデルとして活躍。最近では、「Zipper」のカバーを飾るなど、様々な雑誌にも出演している。

2010年には、松たか子主演の映画「告白」で女優デビューも果たした能年。その後も、映画「動物の狩り方」(主演・2011年)や「カラスの親指」(2012年)、ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」(2011年、フジテレビ系)や「鍵のかかった部屋」(2012年、フジテレビ系)などに出演。女優として活動も目立つようになった。

「あまちゃん」ヒロインに抜擢

2012年7月26日、「あまちゃん」ヒロイン発表会見
2012年7月26日、「あまちゃん」ヒロイン発表会見
1953名応募のオーディションを勝ち抜いた能年は「あまちゃん」のヒロイン・天野アキ役に抜擢。2012年7月26日に行われた記者会見では、「昨日いきなりヒロインに決まったことを聞いて、興奮で鼻息が荒くなって、その勢いで空に飛べちゃうんじゃないかってくらい嬉しかった。ここに立ってることが幸せです」と初々しく挨拶した。

同作は、宮藤官九郎氏が「アイドル」と「村おこし」を核にオリジナル脚本を手がけた“人情喜劇”。舞台は東京から遠く離れた、東北・北三陸の小さな田舎町。引きこもりがちな高校2年生・天野アキが一人前の「海女さん」を目指すことにより、町を盛り上げるアイドルとして光り輝く存在へと成長する姿を暖かな眼差しで描いた。

「あまちゃん」ブームとともに能年の知名度が上昇

2013年8月1日、「あまちゃん」クランクアップ会見
2013年8月1日、「あまちゃん」クランクアップ会見
2013年4月1日に放送開始した同作。初回平均視聴率が20.1%、7月31日までの期間平均は20.0%、最終回は23.5%と高視聴率(視聴率はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。能年の知名度がお茶の間に浸透した。

8月1日に行われたクランクアップ会見では、昨年10月に岩手県久慈市でクランクインした撮影を振り返り、「終わってみるとやっぱり長くて、すごく最高な一年だったなと感じて、本当に胸がいっぱいです」と感慨深げ。「今待ち望んでいるのは『あまちゃん2』へのクランクインなので、よろしくお願いいたします」と続編を望んでいた。

“じぇじぇじぇ”の流行など、「あまちゃん」が社会現象に

「じぇじぇじぇ」が2013 年流行語大賞を受賞
「じぇじぇじぇ」が2013 年流行語大賞を受賞
「東京ドラマアウォード2013」作品賞でグランプリ
「東京ドラマアウォード2013」作品賞でグランプリ
高視聴率だけではなく、北三陸の方言で驚きを表す言葉“じぇじぇじぇ”が大流行。2013年の流行語大賞に選ばれ、能年は授賞式で「えっと…すごく私も『じぇじぇじぇ』が大好きで、聞くだけで楽しい言葉だなって思います。それをチョイスしてくる宮藤さんはさすがです。嬉しくて東北の皆さん、宮藤さんと一緒に『じぇじぇじぇ』を叫びたい気持ちです」と緊張しながら語った。

さらに劇中歌として、天野アキ(能年)が所属するアイドルグループ「GMT47」が歌う「暦の上ではディセンバー」も大ヒット。脚本を手がける宮藤官九郎氏が作詞、オープニング曲でも話題の大友良英氏が作曲を手がけたオリジナル楽曲。

また、10月には「東京ドラマアウォード2013」作品賞<連続ドラマ部門>グランプリを受賞。受賞式で能年は、「『あまちゃん』は、私が生きてきた中で一番大好きな作品です。素敵な方たちとお仕事をさせて頂いて幸せな時間でした」と感激した様子をみせた。

紅白PR大使に就任

「第64回NHK紅白歌合戦」の「紅白PR大使」に就任
「第64回NHK紅白歌合戦」の「紅白PR大使」に就任
「あまちゃん」ブームで一躍有名となった能年。大晦日に放送される「第64回NHK紅白歌合戦」の「紅白PR大使」に就任。2013年を締めくくる歌の祭典の見どころをミニ番組やホームページなどで紹介していた。

本番では、スペシャル企画として、「あまちゃん」出演者による企画コーナーを実施し、歌あり、ダンスあり、笑いありの同作らしいステージショーを展開。天野アキこと能年を中心としたピックアップメンバーによって、「暦の上ではディセンバー」が紅白のステージでパファーマンス。さらに、天野アキを応援すべく、天野春子(小泉今日子)、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)、足立ユイ(橋本愛)も駆け付ける。

12月30日に行われた「第64回NHK紅白歌合戦」出演者顔合わせセレモニーでは、白のビッグトレーナーに青のサルエル風パンツ、真っ赤な靴下を合わせた個性的なスタイルでステージに登場。持ち前の“ピュアスマイル”を出演者たちに振りまいた。

2014年の活動は?

今年の顔と言っても過言ではない能年。2014年は、夏に公開される映画「ホットロード」で主演を務めることも決定。今後どんな女優に成長するのか、ますます目が離せない。(モデルプレス)

能年玲奈プロフィール

生年月日:1993年7月13日
出身地:兵庫県
身長:162cm
血液型:A型
趣味・特技:絵を描くこと、ギターを弾くこと

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 能年玲奈、「あまちゃん」ブームで一躍有名に デビューからこれまでの活動を振り返る
今読んだ記事

能年玲奈、「あまちゃん」ブームで一躍有名に デビューからこ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事