嵐・松本潤、共演者が男前エピソード暴露

の松本潤と女優の上野樹里が12日、都内で行われた映画「陽だまりの彼女」の初日舞台挨拶に、監督の三木孝浩氏、俳優の玉山鉄二、大倉孝二、菅田将暉、北村匠海、女優の谷村美月、葵わかな、お笑いタレントの小籔千豊とともに出席した。
映画「陽だまりの彼女」の初日舞台挨拶に出席した上野樹里
映画「陽だまりの彼女」の初日舞台挨拶に出席した上野樹里
全国75劇場に同時生中継された同日、5年ぶりの映画主演となる松本は、ブラックを基調にしたジャケット姿にイエローグリーンのシャツを合わせて登場。同作について「本日はありがとうございます。僕にとって、とても大切な作品です。自分自身、何度も見たいと思います。年を重ねたり、環境が変わると違った見え方のする作品、そんな三木監督の作品に参加できたことを嬉しく思います」と自信を覗かせた。

今回、松本の恋人役を演じた上野は、「手を繋ぐシーンで、松本くんの手がいつも温かくて」と明かすと、松本は「心が冷たいんでしょうね」と茶目っ気たっぷり。「そうでしょうね」と調子を合わせた小藪に松本は、「どんだけイメージダウンなんですか」と答え会場を沸かせた。

また共演した菅田が、「潤くんがカッコイイハットをかぶって現場に来てたんですよ。『それほしいな』って言ったら、『今度あげるよ』って言われて口約束かなと思ってたんですけど、さっき『好きなの選べよ』って」と松本の男前なエピソードを暴露。続けて「好かれる人ってこういうことだなって思いました」と感心すると、松本は「なんか物で釣ったみたいじゃないですか」と言って、はにかんだ表情を見せた。

さらに上野の役柄の少女時代を演じた葵から、「アイドル活動もしているんですけど撮影の後にライブがあるっていう日があって、どっちも緊張していたんですけど、控室で松本さんが『自分なんてデビューの日は、あんなスケスケの衣装でも大丈夫だったんだから、絶対大丈夫だよ』って言ってくださって。後から本当に緊張溶けて勇気もらえたので、改めてありがとうございました」と感謝される場面も。すると松本は、「よかったです。勇気与えられて。自分のデビュー当時は衝撃的だったので、それで緊張がほどけたらいいなと思って。まさかそこまで覚えていてくれるとは」と、とびっきりの笑顔で会場のファンを魅了した。

同作は、累計発行部数100万部を突破した越谷オサム氏の同名小説を「ソラニン」「僕等がいた」の三木が映画化。新人営業マンの浩介(松本)が、初恋相手の真緒(上野)と10年ぶりに再会し結婚を決意するが、真緒には誰にも知られてはいけない“不思議な秘密”が隠されていた…という感動のファンタジック・ラブストーリー。

映画「陽だまりの彼女」は、10月12日より全国東宝系にてロードショー。(モデルプレス)

■映画「陽だまりの彼女」
公開日:2013年10月12日(土)全国ロードショー
出演:松本潤、上野樹里、玉山鉄二、大倉孝二、谷村美月、菅田将暉、北村匠海、葵わかな、小籔千豊、西田尚美、とよた真帆、木内みどり、塩見三省、夏木マリ
監督:三木孝浩
原作:越谷オサム「陽だまりの彼女」(新潮文庫刊)
脚本:菅野友恵 向井康介
配給:東宝=アスミック・エース  
(C)2013『陽だまりの彼女』製作委員会

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP