元フジテレビアナ長谷川豊、退職後初の公の場で「これ以上、生贄は作らせない」

自身のニューヨーク滞在費不正使用疑惑に関する“暴露ブログ”が話題となった元フジテレビアナウンサーの長谷川豊が14日、都内で行われた映画「生贄のジレンマ」舞台挨拶に“生贄アナウンサー”として出席し、久々の司会業を務めた。
元フジテレビアナウンサー長谷川豊
元フジテレビアナウンサー長谷川豊
去年6 月、ニューヨーク支局勤務において「滞在費関連費用の不正使用」があったとして降格処分を受け今年4月に同局を退社した長谷川アナ。この日が退職後初の公の場となったが、「様々な事情から現在フリーアナウンサーをしております。色々な意味で緊張」と自己紹介。“生贄党”と書かれた選挙ポスターを模したパネル片手に「生贄党の党首になってしまいました。もうこれ以上、生贄は作らせない」と来週に迫った参院選を絡めた自虐的ジョークを嬉々と放っていた。

暴露ブログで吹っ切れたのか、その後の舞台挨拶でも古巣フジテレビに対してチクリ。高校生たちがクラスメートを生贄にささげる内容にちなみ、主題歌担当のMay’nが所属レコード会社に置き換えて「偉い人は生贄にしないで、下々から」と冗談めかすと、長谷川アナは「まずは下々から。会社ってそういう風にできていますからね~」と実感アリアリのリアクション。また本作でキスシーンに挑戦したという主演の須賀健太に長谷川アナは「どうでした?実際何味でした?」と下世話に踏み込み、戸惑う須賀を横目に「もろもろバックがないので、色々な質問ができる」と喜色満面で司会業をこなしていた。

小説家・土橋真二朗による同名小説シリーズを、映画『DEATH NOTE デスノート』などで知られる金子修介監督が3部作構成で実写化。生贄を捧げなければ全員が死亡するという恐怖のサバイバルゲームに興じる高校生たちの姿を描く。

映画「生贄のジレンマ」は現在公開中。



【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 元フジテレビアナ長谷川豊、退職後初の公の場で「これ以上、生贄は作らせない」
今読んだ記事

元フジテレビアナ長谷川豊、退職後初の公の場で「これ以上、生…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事