嵐・大野智&相葉雅紀が広大なセットに描いたものとは?

の大野智と相葉雅紀が出演する日立アプライアンスの新テレビCM、クリーナー「2段ブーストサイクロン 軽々アート」篇が、7月20日よりオンエア開始となることが10日わかった。 今回のCMは、大野と相葉が掃除機を自由自在に操り走り回った結果、絵が出来上がるという設定。撮影には白いシャツ・白いズボン・白い靴のお揃いの格好の2人が、広いセットの中を縦横無尽に走り回る姿を多方面から撮影するために、2人をぐるりと囲むようにカメラ20台が用意された。

監督から「軽やかにステップを踏むように、でも慌てず急いでください(笑)」と指示を受けた大野と相葉。この難題に腕を組んで考え込む2人だったが、本番では「せーの!」と声を掛け合い、目を合わせ、お互いの動きを確認しながら軽快な動きを披露。終始笑顔の絶えない2人に監督も「その調子、思いっきり楽しんでいる感じで!」とご機嫌の様子だった。

回転するシーンの撮影では、2回転・3回転とくるくる回っていると、思わず掃除機から手を放してしまった相葉。その後も何度か回転に挑戦するも、中々うまくいかず「難しい…」と本音を吐露。それでも様々な工夫をこらし、こけそうになりながらも挑戦。その結果、6度目で監督からOKの声がかかり、スタッフからは拍手があった。

CMの最後では、2人が広いセットに描いたものの正体が判明。それはなんとのメンバー“松本潤”の顔だったのだ。2人の楽しそうな表情と共に、松本の特徴がよくとらえられている完成した絵にも注目だ。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 嵐・大野智&相葉雅紀が広大なセットに描いたものとは?
今読んだ記事

嵐・大野智&相葉雅紀が広大なセットに描いたものとは?

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事