2位陥落の大島優子、舞台裏で本音「ごめんなさい」<第5回AKB48選抜総選挙>

2位となり連覇を逃した大島優子
2位となり連覇を逃した大島優子
大島優子
大島優子
8日、神奈川県・日産スタジアムにて「AKB48 32ndシングル 選抜総選挙~夢は一人じゃ見られない~」が開催され、順位発表の結果、HKT48の指原莉乃に連覇を阻まれた大島優子。会場と中継をつないだ「AKB48第5回選抜総選挙 生放送SP」(フジテレビ系)の中で、イベント終了直後の心境を明かした。 ステージ上では、2位というまさかの結果に「私が踏み台にして欲しいって言った人はちょっと違う人だったんですけど」と驚きの表情を浮かべていた大島。しかし舞台裏のインタビューでは「楽しかったです。ほんとにお祭り気分でおもしろかったですねー」と笑顔を見せ、「結果が出ちゃったのでこの先に進むしかない」と前向きに語った。

さらには「いろんな楽曲が生み出されてきた中でセンターも様々に変わってきたりするので、指原がセンターになることで新しいAKBの引き出しが開けられればいい」と話し、正直悔しい気持ちはある?との質問には「ないんですよね。そうなんです。全国の皆さんごめんなさい」と素直な気持ちを明かした。

◆「AKB48 32ndシングル 選抜総選挙」
※別名:第5回AKB48選抜総選挙

「選抜総選挙」は2009年から毎年開催されるAKB48の一大イベントで、AKB48の32枚目のシングルを歌う選抜メンバー及びカップリングメンバーをファンの投票で決定。今年は「立候補制」を初めて採用し、AKB48・SKE48・NMB48・HKT48に在籍するメンバー(2013年3月31日時点)、海外移籍組の元AKB48メンバー、過去AKB48グループに4年以上在籍していたメンバーから全246名が立候補した。

当選枠は上位64名。1~16位の16名が表題曲の選抜メンバーとなり、17~32位の16名が「アンダーガールズ」、33~48位の16名が「ネクストガールズ」、49~64位の16名が「フューチャーガールズ」としてそれぞれの楽曲に参加。投票権はAKB48の31枚目のシングル「さよならクロール」に封入されるシリアルナンバーをはじめ、公式ファンクラブ「二本柱の会」会員、AKB48 Mobile会員など12パターン用意されている。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 2位陥落の大島優子、舞台裏で本音「ごめんなさい」<第5回AKB48選抜総選挙>
今読んだ記事

2位陥落の大島優子、舞台裏で本音「ごめんなさい」<第5回AKB48…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事