10年越し結婚の松本恵奈、当時の迷いを告白「怖かった」

雑誌「JJ」5月号にアパレルブランド「EMODA(エモダ)」プロデューサーの松本恵奈(27)が登場。今年2月に交際歴10年の一般男性と入籍した彼女は、独占インタビューにて結婚への迷いがあったことや彼に対する想いを告白している。
出会いは高校生の頃、同級生でサッカー部のエースだった彼のクールなところに惹かれ松本自らアプローチをしたという。時には距離をとりつつ、時間をかけて愛を育んでいった2人だが、結婚に迷いが生じたのは昨年のこと。

恋人から夫婦になることで“恋”が終わり、「2人の気持や関係が変わってしまうことが怖かった」と当時の不安な想いを明かした松本。しかし、真っすぐに自分を想ってくれる彼の気持ちや行動が「不安を消していってくれました」と心境の変化を語っている。

松本は1月27日付けのブログで、出張先のスウェーデンに日本にいるはずの彼が突然現れ、サプライズでプロポーズを受けたことを報告。「もちろん返事は『はい。』です。感動して泣いたのもこんなに無意識に涙が出たのも生まれて初めてでした。本当に嬉しかったです」とつづっていた。

誌面ではさらにプロポーズ後の夫との関係性を明かしているほか、彼から松本に向けた心温まるメッセージや、2人の思い出の2ショット写真なども掲載。ブランドプロデューサーとして仕事に邁進する彼女の、輝くパワーの源をうかがい知ることができる。(モデルプレス)

情報提供:「JJ」(光文社)

松本恵奈(まつもとえな)プロフィール
誕生日:1985年11月23日
出身:三重県
血液型:A型

渋谷109系ブランド「rienda(リエンダ)」のショップ店長として活躍後、2009年に「EMODA」を立ち上げ。プロデューサーとしての手腕を発揮する傍ら、ファッション雑誌「JJ」「ViVi」等の女性誌にも度々登場している。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 10年越し結婚の松本恵奈、当時の迷いを告白「怖かった」
今読んだ記事

10年越し結婚の松本恵奈、当時の迷いを告白「怖かった」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事