安めぐみ、「夜中に体調が…」異変を感じ病院へ 診断名を報告

体調不良を明かした安めぐみ
安めぐみ
タレントの安めぐみが、10日付のオフィシャルブログにて体調不良を明かしている。 「昨日は」と題されたエントリーにて「実は一昨日の夜中に、体調がすごく悪くなり、病院へ行ったらウィルス性腸炎でした」と報告した安。「昨日は一日眠り続けたょ」と終日療養していたことを明かしたものの「たくさん休んだので、今日はだいぶ体調も復活してきました」と快方に向かっていることを強調した。

ウィルス性(胃)腸炎とは、冬場に流行する感染症の一種で、ノロウィルスなどのウィルスや細菌が原因となり、嘔吐や下痢、脱水、発熱などの症状が起こることを指す。人の手などを介し、ウィルスが口に入ったときに感染する可能性があるため、手洗いが最も大切な予防法になるという。安は「今日もムリはせず、過ごします」と綴り「流行っているそうなので、皆さんも気を付けて下さいね」と呼びかけている。

ファンからは「具合大丈夫ですか?年末の疲れがドッと出たのかも」「無理をしないようお身体を大切にお過ごし下さい」「ゆっくり休養して早く元気になってくださいね」など、心配の声が寄せられている。(モデルプレス)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP