元モーニング娘。メンバーが華麗なる転職を実現 「本当に幸せ」

久住小春
久住小春
久住小春
久住小春
元モーニング娘。の久住小春が、ファッション誌「CanCam」11月号(小学館、9月23発売)から同誌専属モデルとして起用されることが21日、わかった。 2009年、「ファッションモデルになる」という夢を叶えるべくモーニング娘。を卒業した久住小春。米倉涼子、長谷川京子、伊東美咲などビッグネームを多数輩出する「CanCam」で念願のモデルデビューを果たした彼女は「”嬉しい”という一言では言い表せないくらいの思いや感動があり、まだ少し信じられない気持ちもあります」と心境を語り、「一人前のモデルとして認めていただけるように、精一杯頑張っていきます」と意気込んでいる。

幼少期の夢が実現「本当に幸せ」

久住小春は2005年(当時12歳)、モーニング娘。7期メンバーとしてデビュー。テレビ東京系「きらりん☆レボリューション」の主人公(月島きらり)の声優を担当するなど、多彩な才能を発揮し同世代から圧倒的な支持を得ていた。

卒業後はファッションモデルという幼いころからの夢を抱きつつ、”健康オタク”な個性を活かして初エッセイ本「17歳の転職」を出版。そして今年6月、「CanCam」8月号で10ページにわたる異例のモデルデビューを果たした。

同号では、男女共にウケのいい「Can流」スタイルを颯爽と着こなし「大好きなCanCamでまたお仕事したい」と意欲をアピールしていた彼女。読者からの大きな反響、そして本人の強い想いが実を結び、ついに専属モデルに抜擢されることとなった。

久住小春は「モーニング娘。卒業後は『食と健康』に関する勉強、お仕事をしながらも幼い時からの憧れが捨てられずにいました。今、その夢が叶いました!本当に幸せです」と喜びをあらわに。アイドルからモデルという華麗なる転職を実現した彼女に、熱い期待が寄せられている。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 元モーニング娘。メンバーが華麗なる転職を実現 「本当に幸せ」
今読んだ記事

元モーニング娘。メンバーが華麗なる転職を実現 「本当に幸せ」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事