“体が揺れる”フェスで話題・Nulbarich、主題歌&CM曲起用多数・武道館即完の快進撃続く

シンガーソングライターのJQがトータルプロデュースするバンド・Nulbarich(ナルバリッチ)。ブラックミュージックをルーツに持つグルーヴィーな楽曲が注目を集め、映画、ドラマ、CMに続々と起用されている。ここでは、今後さらなる飛躍に期待がかかる彼らの魅力を紐解いていく。

Nulbarich、思わず揺れる“魅惑”サウンドが人気

NulbarichはボーカルをつとめるJQを中心に、2016年に結成。JQ以外のメンバーは固定されておらず、楽曲の特徴によってバンド構成を変えるというスタイル。バンド名は「null(何もない)」「but(しかし)」「rich(満たされている)」という3つの言葉からくる造語である。

2016年6月に1stシングル『Hometown』、同年10月には1stアルバム『Guess Who?』をリリース。翌年にはイギリスのアーティスト・ジャミロクワイの来日公演で、サポートアクトに抜てきさてたことでも話題となった。


その後デビューわずか2年で開催した2018年の武道館ライブは、即ソールドアウトという人気ぶり。2019年も初の海外単独公演や、さいたまスーパーアリーナでのワンマンを成功させ、確かな実力を示した。

一方で「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「SUMMER SONIC」「COUN DOWN JAPAN」と名だたるイベントをはじめ、国内外でのフェス出演を重ね、デビューから4年足らずで50ステージを超えた。各地のフェスでは、Nulbarichのパフォーマンス前になると黒山の人だかりが押し寄せ、思い思いのフィーリングで魅惑のビートに身を委ねる。


Nulbarich、映画・ドラマ・CM…楽曲起用相次ぐ

ソウルやアシッドジャズをベースとした楽曲は、自ら作詞作曲を担うJQの独特なハイトーンボイス、日本語と英語を交えたバイリンガルな歌詞と融合し、人々を魅了。特に伸びやかな高音を織りなす歌声は圧倒的かつ繊細で、難易度の高いリリック、メロディも卓越した歌唱力でカバーする。


ドラマ「デザイナー 渋井直人の休日」(テレビ東京/2019年)では、中年おじさんのちょっぴり切ない日常と恋模様を描いた作風を、エンディングテーマとなった『Sweet and Sour』の心地いいリズム、柔らかく包み込むサウンドが絶妙にマッチして盛り上げた。

北村匠海、松坂桃李、浜辺美波が声優参加したアニメーション映画「HELLO WORLD」(2019年)で主題歌に抜てきされた『Lost Game』ほか、北川景子が出演する時計のCMで起用された『VOICE』、森星出演の化粧品CMで使用された『Kiss You Back』は、Nulbarichの楽曲を広く世間に知らしめるきっかけとなった。


不動の人気曲を紹介 1曲目は…

ここで、Nulbarichを語るうえで外せない代表曲を3つ紹介したい。まずは2017年に発表された『It's Who We Are』。ライブでイントロがはじまると、たちまちオーディエンスから大歓声があがるこの曲。イントロのクールなベース演奏は瞬間的に人々の心を掴む。

唯一無二のボイスと巧みな発音を奏でるJQによる、“英語に聞こえる日本語”とも言われる歌詞が印象的で、アップテンポな曲調と相まって高揚感を創り出す。


“突然踊りだす”MVも人気「ain't on the map yet」

2曲目は、MVに天才キッズダンサーと称されるTAKERUが登場する『ain't on the map yet』(2018年)。

シックな質感の映像や、アニメーションを駆使した作品などスタイリッシュで洒落たMVも人気のNulbarichだが、『ain't on the map yet』では妄想を繰り広げる少年がサビではキレのあるダンスを披露。教室で席を立ち、爽快な旋律とともに踊りはじめる姿にファンからは「一緒に踊りだしちゃいそう」「突然踊りだすのかっこいい」「曲とMVがベストマッチ」などの声も多い。


Nulbarichの“象徴”「NEW ERA」

最後にピックアップするのが、NulbarichのYouTubeチャンネルで最多の660万再生(1月31日現在)を誇る『NEW ERA』。

これまでに米津玄師、ONE OK ROCK、Suchmosらの楽曲が起用され、ネット上で「センスがよすぎ」「神曲揃い」と話題の自動車メーカーCMにも使われた名曲だ。

2016年にリリースされた『NEW ERA』は、メロウな曲調、グルーヴでNulbarichを象徴する人気曲。自然と身体が揺れはじめてしまうゆったりした“脱力系”サウンドの中、『Don't Worry take it easy』『まぁラフにタフにgo…』など聴く者を勇気づける歌詞も際立つ仕上がりになっている。


2020年の飛躍に期待

2019年11月にリリースしたミニアルバム『2ND GALAXY』では、タイトルの通り“銀河”や“宇宙”といった壮大な世界観の作品8曲を収録し、新たな一面を垣間見せたNulbarich。2020年、人々を虜にするさらなる新譜や、活躍に期待が高まるばかりだ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - “体が揺れる”フェスで話題・Nulbarich、主題歌&CM曲起用多数・武道館即完の快進撃続く
今読んだ記事

“体が揺れる”フェスで話題・Nulbarich、主題歌&CM曲起用多数・…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事