上村ひなの/12月17日公演(提供写真)

“才能の塊”日向坂46最年少・上村ひなの、ギャップがすごい ソロ曲圧巻の生歌パフォーマンスに釘付け<ひなくり2019>

2019.12.19 00:55
0
2

日向坂46が、東京・幕張メッセ国際展示場4~6ホールにて12月17日~18日にかけて、クリスマス・ライブ「ひなくり2019~17人のサンタクロースと空のクリスマス~」を行った。3期生の上村ひなのは、自身のソロ曲を披露した。

上村ひなの、初ソロ曲披露

日向坂46/12月17日公演(提供写真)
日向坂46/12月17日公演(提供写真)
2018年、日本武道館での単独公演として行った「けやき坂46 ひらがなくりすます2018」。今年2月に「日向坂46」へと電撃改名をし、再びクリスマスの時期にステージに舞い降りた。

日向坂46/12月18日(提供写真)
日向坂46/12月18日(提供写真)
「“おひさま”全員にハッピーや幸せを届けたい」。そんな思いが詰め込まれたステージ構成やパフォーマンスを見せた日向坂46だったが、その中でも一際会場の視線を虜にしたのが昨年グループに加入したばかりの3期生・上村。

自身初のソロ曲「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」では、動物たちをとともにステージに立ち、“ひなのワールド”全開。キレのあるダンスを見せながらも、生歌で見事フル歌唱。迫力のあるパフォーマンスに、“おひさま”たちは釘付けになっていた。

上村ひなの、ギャップがすごい

日向坂46/12月17日公演(提供写真)
日向坂46/12月17日公演(提供写真)
2018年12月にファンの前で初お披露目された上村。ちょうど1年前の「けやき坂46 ひらがなくりすます2018」では、上村を含めた全員で初めて「皆さんこんにちは、私たちひらがなけやき坂46です!」と挨拶をした。

ふわふわとした雰囲気と“ひなのワールド”全開な発言でバラエティ番組でも頭角を現す上村。冠番組では、MCのオードリーも唸るほどの大喜利を見せている、まさに“才能の塊”。

日向坂46/12月17日公演(提供写真)
日向坂46/12月17日公演(提供写真)
しかしライブになると一変。デビューから約1年後にたった1人でステージに堂々と立てる度胸や、感情をぶつけるようなダンス、力強く透き通った歌声は圧巻。見るものを惹きつけるギャップを発揮した上村の未来に、会場全員が期待したにちがいない。(modelpress編集部)

日向坂46「ひなくり2019~17人のサンタクロースと空のクリスマス~」<12月18日セットリスト>

影ナレ:高本彩花、河田陽菜、宮田愛萌

<セットリスト>

OVERTURE

M1.キュン
M2.ハッピーオーラ

MC

M3.ママのドレス(りまちゃんちっく/潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花)
M4.まさか 偶然…(はなちゃんず/富田鈴花、松田好花)
M5.ホントの時間
M6.ときめき草
M7.こんなに好きになっちゃっていいの?
M8.川は流れる
M9.Cage(やんちゃるふぁみりー/東村芽依、金村美玖、河田陽菜、丹生明里)
M10.一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない(上村ひなの
M11.Dash & Rush
M12.My god

ダンストラック

M13.ドレミソラシド
M14.キツネ
M15.NO WAR in the future
M16.JOYFUL LOVE

EN
EN1.誰よりも高く跳べ!
EN2.期待していない自分

MC

EN3.約束の卵

【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. 株式会社クワンジャパン

「音楽」カテゴリーの最新記事

  1. OKMusic
  2. OKMusic
  3. OKMusic
  4. OKMusic
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. WWS channel
  8. WWS channel