日向坂46、初東京ドーム公演&全国アリーナツアー決定 涙の決意“一緒にたどり着こう”ファンとの夢叶える「約束の卵」

0
1
日向坂46が、東京・幕張メッセ国際展示場4~6ホールにて12月17日~18日にかけて、クリスマス・ライブ「ひなくり2019~17人のサンタクロースと空のクリスマス~」を行った。18日の公演では、初の東京ドーム公演、そして全国アリーナツアーの決定が発表された。
佐々木美玲、渡邉美穂/12月18日(提供写真)
佐々木美玲、渡邉美穂/12月18日(提供写真)

日向坂46、東京ドーム公演&全国アリーナツアー決定

日向坂46/12月17日公演(提供写真)
日向坂46/12月17日公演(提供写真)
アンコールでは、全国アリーナツアーの開催が決定。小坂菜緒は「私たち2期生はツアーを1回しかやったことしかなくて、その時は東名阪だったので今回初めて行く場所もあって楽しみです!」と喜び。

キャプテンの佐々木久美が加藤史帆に感想を聞こうとすると、突然会場が暗転。メンバーやファンがざわつく中、モニターには「サンタからプレゼント」の文字が。そして「『ひなくり2020』決定!」と知らされると沸きあがる会場。さらに続けて「IN東京ドーム」「一緒に歩いて 一緒にたどり着こう」と2020年12月6日~7日の2Daysで東京ドーム公演を行うことが発表されると、メンバーからは悲鳴、会場からは地鳴りのような歓声が鳴り響いた。

日向坂46/12月18日(提供写真)
日向坂46/12月18日(提供写真)
泣き崩れ、放心状態になるメンバーたち。久美は「東京ドームのことは本当に知らなくて…。ありがとうございます。ちょっと動揺して…。キャプテンなのにしっかりしなきゃ」と動揺している様子で、ほかのメンバーも「びっくりしすぎて頭真っ白!びっくりしたしか言えないんだけどどうしよう!」(加藤)、「腰が抜けて…まだ信じられない」(松田好花)、「毎回ライブの最後で『約束の卵』を歌うたびに、いつかあの景色が見られるのかなって思い描いていて…この大好きなメンバーと一緒にライブに立てるって思ったら今からワクワクするし、『ひなくり2020』にはぜひ皆さんも来てほしいなと思いました」(渡邉美穂)と口々に驚きを見せた。

苦境にも笑顔で立ち向かう 日向坂46の決意

日向坂46/12月17日公演(提供写真)
日向坂46/12月17日公演(提供写真)
日向坂46は、2015年に長濱ねる(現在は卒業)の欅坂46への追加加入を機に発足が発表され、「けやき坂46」として結成されたグループ。結成から約2年半で日本武道館3days公演、チケット即完の単独ライブツアーを成し遂げるなど確かな人気を誇ってきたが、オリジナル楽曲が少なかったこともあり、ライブでは主に欅坂46の楽曲でパフォーマンスをしていた時期も。

結成から約2年半の2018年には、初の日本武道館公演を果たし、「少しずつ前へ 自分たちを信じて 漢字(欅坂46)のアンダーなんて言わせない」というメッセージとともに決意を込めて「イマニミテイロ」を歌唱。メンバーたちが“唇を噛み締め、心の奥で何度も呟いた言葉”であろう「いつの日にかミテイロ」──この言葉の通り、様々な苦境にも笑顔で立ち向かってきた。

日向坂46/12月17日公演(提供写真)
日向坂46/12月17日公演(提供写真)
そしてデビューアルバム「走り出す瞬間」を経て、2019年「日向坂46」としてデビュー。「ドレミソラシド」で日本レコード大賞・優秀作品賞受賞、年末には初のNHK紅白歌合戦出場を控えるなど、デビュー後も怒涛の快進撃を続けている。

佐々木久美/12月18日(提供写真)
佐々木久美/12月18日(提供写真)
久美は「2019年は日向坂46に改名してすごくいろいろなことがあって、楽しいだけじゃなくて悲しいこともあったし、自分たちの実力と皆さんの期待が合っていないというか、すごく不安な気持ちになることもいっぱいあったんですけど、それでもいつもおひさまの皆様は『日向坂46が大好き』とか、ライブでも声援を送ってくださるし、いつもファンレターとか握手会とかでもたくさん励ましの言葉をくれるし、本当に私たち日向坂46は皆さんに支えられていて、おひさまの皆さんがいなければ、こんなに素敵な活動はできていないと思います。本当にいつもありがとうございます」と感謝。

「今年はすごくいろんなことを経験させていただいて駆け抜けた1年だったんですけど、デビューだから注目されるっていうことも多かったんじゃないかなと思います。2年目は1年目に負けちゃいがちかなと思うんですけど、日向坂46は負けないようにもっともっと成長して、皆さんにたくさんハッピーを届けられる1年になるように2020年も頑張ります。これからもよろしくお願いします」としっかりと決意を語った。

【日向坂46クリスマスライブ詳細レポ】メンバー号泣 グループ最大規模で“全方位幸せ無敵ライブ”<セットリスト>


日向坂46“ファンとの約束”

高本彩花、小坂菜緒/12月17日公演(提供写真)
高本彩花、小坂菜緒/12月17日公演(提供写真)
宮田愛萌、丹生明里、金村美玖/12月17日公演(提供写真)
宮田愛萌、丹生明里、金村美玖/12月17日公演(提供写真)
佐々木久美、河田陽菜/12月17日公演(提供写真)
佐々木久美、河田陽菜/12月17日公演(提供写真)
ライブのラストに歌われる楽曲「約束の卵」は、デビューアルバム「走り出す瞬間」の収録曲。先輩である乃木坂46・欅坂46も夢見て、足跡を残してきた東京ドームは、“夢見る者の約束の彼(か)の地”。久美は「この曲がもっと意味あるものになるのかなって思います」と言い、ファンとの約束を歌った「約束の卵」を涙で声が詰まりながらも心を込めて歌った。“待っててくれるか 夢叶うまで”“君のことを連れて行く”───会場からも、感動ですすり泣く声が聞こえ、最後は大きな拍手に包まれた。

「一緒に歩いて 一緒にたどり着こう」。遠くの夢であった“大きな卵”にたどり着けそうな時、メンバーは“おひさま”が作った日向坂46との絆の象徴である「虹の架け橋」を初めて渡った。(modelpress編集部)

日向坂46/12月17日公演(提供写真)
日向坂46/12月17日公演(提供写真)

“才能の塊”最年少・上村ひなの、ギャップがすごい ソロ曲圧巻の生歌パフォーマンスに釘付け



佐々木久美コメント全文

2019年は日向坂46に改名してすごくいろいろなことがあって、楽しいことだけじゃなくて、悲しいこともありました。自分たちの実力と皆さんの期待が合っていないというか、すごく不安な気持ちになることもいっぱいあったんですけど、それでもいつもおひさまの皆様は「日向坂46が大好き」とか、ライブでも声援を送ってくださるし、いつもファンレターとか握手会とかでもたくさん励ましの言葉をくれるし、本当に私たち日向坂46は皆さんに支えられていて、おひさまの皆さんがいなければ、こんなに素敵な活動はできていないと思います。本当にいつもありがとうございます。いつもライブの最後には「約束の卵」という曲を歌っていて、東京ドームであの景色で歌いたいね、っていう曲なんですけど、その曲を歌うたびに、みんなで頑張ってきたこととかを思い出して、これからもっと頑張ろうっていう気持ちになるので、来年「ひなくり」が東京ドームで2DAYSもできるなんて本当に幸せです。本当にこういうライブをするたびに、皆さんのことが大好きになるし、もっと感謝を伝えるために頑張ろうっていう気持ちになります。今年はすごくいろんなことを経験させていただいて駆け抜けた1年だったんですけど、デビューだから注目されるっていうことも多かったんじゃないかなと思います。2年目は1年目に負けちゃいがちかなと思うんですけど、日向坂46は負けないようにもっともっと成長して、皆さんにたくさんハッピーを届けられる1年になるように2020年も頑張ります。これからもよろしくお願いします。

この曲がもっと意味あるものになるのかなって思います。来年の2020年の「ひなくり」に向けてこの曲を最後に歌いたいと思います。それでは聴いてください。「約束の卵」。

日向坂46 全国アリーナツアー詳細

<広島>広島サンプラザホール
2020年3月18日(水) ・19日(木)

<福岡>マリンメッセ福岡
2020年3月31日(火)・4月1日(水)

<大阪>丸善インテックアリーナ大阪
2020年4月10日(金)・11日(土) ・12日(日) 

<群馬>Gメッセ群馬
2020年5月8日(金) ・9日(土)

<神奈川>ぴあアリーナMM
2019年5月12日(火) ・13日(水) ・14日(木)

日向坂46「ひなくり2020」詳細

会場:東京ドーム
2020年12月6日(日) ・7日(月)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 日向坂46、初東京ドーム公演&全国アリーナツアー決定 涙の決意“一緒にたどり着こう”ファンとの夢叶える「約束の卵」
今読んだ記事

日向坂46、初東京ドーム公演&全国アリーナツアー決定 涙の決意…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事