「PRODUCE 101 JAPAN」初の順位発表で涙 デビューメンバーを予想してPayPayボーナス101万円相当があたるチャンスも(提供画像)

「PRODUCE 101 JAPAN」初の順位発表で涙 デビューメンバーを予想してPayPayボーナス101万円相当があたるチャンスも

2019.10.30 19:30

日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模となるサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」の#3・#4・#5がGYAO!にて配信。#3・#4ではポジションバトル、#5では初の順位発表が行われ、SNSでは喜びと悲しみの声が相次いだ。<※ネタバレあり注意>

韓国の音楽専門チャンネル『Mnet』で放送され、10代、20代の男女に圧倒的な人気を誇る大ヒットサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101」の日本版では、約6,000人の中から書類・実技の選考を経て、合格者101人が選ばれた。101名は、“練習生”と呼ばれ、全5回の課題パフォーマンスを行い毎回視聴者による投票で順位が決定される。圏外の練習生は脱落となり、熾烈な競争を勝ち抜いた11名を最後に選出。その11人は2020年に、日本から世界へ羽ばたくボーイズグループとしてメジャーデビューが確約されている。第1回目のパフォーマンス映像が公開されると、YouTube上で200万回以上再生され、急上昇ランキング1位を獲得。さらに、Twitterのトレンドでも関連キーワードで1位を獲得し、SNSで大きな話題を呼んでいる。

再評価テストの結果は?

涙を流す練習生たち(提供画像)
涙を流す練習生たち(提供画像)
#2では表題曲「ツカメ~It's Coming~」のフォーメーションが決まるレベル再評価テストが行われ、#3では多くの練習生がクラス替えとなった。Bクラスのチョン・ヨンフンは高い声が出せず、Cクラスへ。またAクラスの佐藤來良はBクラスへと落ちることになる。共にAクラスでレッスンを行っていた川尻は「僕らがもっとできることがあったんじゃないか」と涙を流し後悔していた。

Bクラスの練習生と抱き合い涙を流す佐藤來良(提供画像)
Bクラスの練習生と抱き合い涙を流す佐藤來良(提供画像)
その反面、クラスが上がった練習生もおりCクラスだった大平祥生はBクラスへ。しかし大平本人としては共にパフォーマンスをしていた川尻蓮と同じAクラスを目標に再評価テストへ挑んでいた。そのため上位クラスにいくことはできたが、目標としていたAクラスには届かず悔し涙を流した。

個性的なキャラクターで人気の今西正彦もFクラスからBクラスへ昇格し、Bクラスの練習生らと抱き合い喜んだ。トレーナー陣も「すごく頑張った」と今西を称賛。そしてBクラスの宮島優心と川西拓実、さらにCクラスからは鶴房汐恩がAクラスへと昇格した。

Bクラスへの昇格に喜ぶ今西正彦(提供画像)
Bクラスへの昇格に喜ぶ今西正彦(提供画像)
再評価テストの結果同様、デビューできる11人の枠は毎週変動しており、誰にでもデビューするチャンスが残されている。ソフトバンクでは白熱する順位争いと連動させた様々な企画をスタート。10月25日からはデビューメンバーのTOP3を予想し、順位通りに的中すると抽選で1名さまに101万円相当のPayPayボーナスをプレゼントするキャンペーンがスタートした。

またソフトバンクのVRアプリ「LiVR」では、練習生の様子を臨場感あふれる映像で楽しむことができるサービスが開始。本編では見ることができない練習生の表情を間近で楽しむことができる。様々なキャンペーンの中には、練習生の順位に大きな影響を与えるものもあり、国民プロデューサーとして深く関わっていくことができる。なお10月17日(木)より、#3・#4のポジションバトルのパフォーマンス配信が開始されており、iPhone・Androidで視聴が可能となっている。Twitter上では、PRODUCE101ファンから多くの反響が寄せられており、推しMENを間近で見れる今後のオリジナルコンテンツ配信にも注目だ。

「ツカメ~It's Coming~」のセンターは練習生の投票によりAクラスの川尻に決定。配信スタート当日に100万回を突破、1ヶ月で300万回を突破するなど大きな反響を呼んだ。

「ポジションバトル」で波乱

続いて発表された課題は「ポジションバトル」。ボーカル・ラップ・ダンスの中からデビュー時に希望するポジションの課題曲を選び、チームに分かれる。1つの曲を2つのチームで対決し、「勝利チーム」「楽曲で個人1位」「各ポジションで総合1位」の練習生にはボーナスポイントが入る。そして、この結果をもとに61位以下の練習生が脱落となる。

ポジションバトルの様子(提供画像)
ポジションバトルの様子(提供画像)
ダンス部門のグループで注目を集めたのはBクラスの本田康祐と白岩瑠姫が率いるチーム。2人以外は全員Fクラスの練習生で、ダンス未経験者も多く、トレーナーからは「心配」と不安の声も漏れた。対するはセンターを元HALOでリーダーを務めるチョン・ヨンフンのチーム。練習生それぞれの個性を活かした振り付けで会場を沸かせた。それでも本田と白岩が中心となりチームを引っ張っていき、見事チームは勝利。本田も高いダンススキルで個人1位を獲得。Fクラスの多いチームが勝利するという大番狂わせで会場を沸かせた。

涙を流し喜ぶ本田康祐(提供画像)
涙を流し喜ぶ本田康祐(提供画像)
ボーカル部門のオーディションで注目を集めたのは男澤直樹。トレーナーチェックでは、同じチームで喉を痛めているイ・ミンヒョクをサポートし、本番では見事なチームパフォーマンスを披露。男澤は個人1位を獲得し、チームは圧勝。男澤は「信じられない」と笑顔を見せ喜んだ。

イ・ミンヒョクを練習生がサポート(提供画像)
イ・ミンヒョクを練習生がサポート(提供画像)
ラップ部門では上原潤のチームが登場。上原は一度センターに選ばれなかったが、センター争奪戦に挑戦し見事センターを獲得。チームとしても圧勝した。しかし個人1位を獲得したのは対戦チームの三井瞭だった。ラップ部門は2チームのみでの対戦だったため、三井はラップ部門の総合1位も獲得した。

ボーカル部門で総合1位を獲得したのは、チームの中心となり練習生を引っ張っり勝利へ導いた男澤。そしてダンス部門の総合1位を獲得したのは本田。チームを勝たせるために自分の練習時間を削りながら指導をしており、SNSでも「圧倒的」「推しが増えた」と話題に。総合1位を獲得した練習生の中にAクラスはおらず、すべてBクラスの練習生であった。

運命の第1回投票結果が発表

#5では61位以下が脱落となる第1回の順位が発表。総投票数は3300万票を超え、注目の高さが伺える。また前回の途中経過発表から大きな順位変動があり、圏外だった多くの練習生も脱落を免れた。

前回97位から大きく順位を上げたのは54位の鈴木雅。まさかの結果に周りの練習生も涙を流し喜んだ。さらに40位以上ランクアップしたのは片上勇士。前週は最下位だったが、51位への躍進を見せた。また前週94位から35位に順位を上げたのは床波志音。ポジションバトルでは未経験ながらボーカル部門のセンターを務め個人1位にも輝いた。

鈴木雅(提供画像)
鈴木雅(提供画像)
片上勇士(提供画像)
片上勇士(提供画像)
床波志音(提供画像)
床波志音(提供画像)
ダンス部門のポジションバトルで総合1位を獲得した本田康祐は28位にランクイン。初回47位から着実にランクを上げていった。同じくボーカルのポジションバトルで総合1位を獲得した男澤も27位にランクイン。前週75位から順位を上げた。

デビューできる11位圏内には初回28位からランクアップした宮島優心が10位。初回15位だった大平祥生も7位にランクアップ。「全部が理想」「王道のイケメン」と練習生からビジュアルを絶賛された川西は3位にランクインした。

宮島優心(提供画像)
宮島優心(提供画像)
そして見事1位を獲得したのは川尻蓮。初回は1位を獲得するものの、2周目、3周目は豆原一成に1位の座を明け渡していた。川尻は188万票以上を獲得し1位に返り咲き、「目指すのは1位のその先」とすでにデビューを見据えていた。

川尻蓮(提供画像)
川尻蓮(提供画像)
圏外からランクインした練習生がいる反面、順位を下げ脱落した練習生も。前週40位代だった石井祐輝、木原汰一、グチェレスタケル、黒川竜聖、田口馨也は脱落。初週26位で前週36位の古賀一馬は惜しくも61位だった。これまで共に2ヶ月間活動してきた97人の練習生たち(※1)。順位関係なく皆が涙を流し、抱き合いながら別れを惜しんでいた。

#5はSNSでも大きな話題となり、「おめでとう!」「圏内で良かった」という歓喜の声がある反面、「辛すぎる」「推しがいなくなってしまった」と悲しみの声も溢れた。

チョン・ヨンフン(提供画像)
チョン・ヨンフン(提供画像)
これで練習生は60人にまで絞られた。勝ち残った練習生は期間限定で、全員がPayPayアプリのトップに表示されるカードのきせかえにも登場する。自分の好きな推しメンをPayPayの待受にすることができ、個々をフューチャーしたファンにとっては嬉しいコンテンツとなっている。今後さらにメンバーが減っていく「PRODUCE 101 JAPAN」の練習生たち。国民プロヂューサーの1票が彼らの運命を変える。(modelpress編集部)[PR]提供元:ソフトバンク株式会社

(※1)4名が辞退

キャンペーン詳細

<「PRODUCE 101 JAPAN」×「LiVR」 オリジナルVRコンテンツ配信>
さまざまなコンテンツのVR体験が可能なソフトバンクのVRアプリ「LiVR」で、「PRODUCE 101 JAPAN」の練習生の様子を臨場感あふれるVRで見ることができます。本編では見られない距離で練習生のパフォーマンスをご覧いただけます。
■開催期間:2019年10月17日(木)~2019年12月下旬予定
■特典:「PRODUCE 101 JAPAN」オリジナルVRコンテンツ
■現在公開中のコンテンツ:ポジションバトル 練習生パフォーマンス映像(#3・#4)
■LiVRアプリダウンロード方法

<mystaで1Pick!自撮り動画バトル!>
エンタメ動画応援アプリ「mysta」にて、練習生がテーマに沿って自撮りした動画でランキングを競い合うイベントを実施します。ユーザーは推しMENの動画に「チア」や「ギフト」と呼ばれるアイテムを贈ることで練習生を応援できます。応援された練習生は、贈られたアイテムに応じたポイントを獲得、ブロック毎のランキングを競い合います。ランキングに応じて、練習生や応援してくれたファンの方には素敵なプレゼントが贈られます。さらに、勝ち上がった練習生を応援した応援ランキング上位のファンの方には、優先入場での番組観覧にご招待します。
■開催期間:イベント(1):2019年10月3日(木)12:30~2019年10月15日(火)19:59
イベント(2):2019年11月7日(木)12:30~2019年11月11日(月) 19:59
イベント(3):2019年11月21日(木)12:30~2019年11月27日(水)19:59
イベント(4):2019年12月5日(木)12:30~2019年12月8日(日)19:59
※日程は変更になる場合があります。
■参加方法:(1)「mysta」のホーム画面から、イベント画面へ移動
(2)「ピックアップ」から、推しMENの参加しているブロックのイベントを選ぶ
(3)右下の星アイコンをタップすると、星が出てポイントが贈れます(※ポイントを送るにはSMS認証が必要です)
また、右下のプレゼントアイコンをタップすると、ギフトが贈れます。
■特典:推しMENへの豪華特典プレゼント、優先入場での番組観覧にご招待

<PayPay× 「PRODUCE 101 JAPAN」 トップ3予想キャンペーン!>
「PRODUCE 101 JAPAN」でデビューする11人のうち、得票数上位3人を順番通りに当てられた方の中から抽選で1名さまに、スマホ決済サービス「PayPay」で101万円相当のPayPayボーナスをプレゼントします。
※キャンペーン詳細は後日、特設ページでご案内します。
■開催期間:2019年10月25日~11月8日
■応募方法:(1)PayPayアプリをダウンロード
(2)専用フォームでTOP3を予想
(3)抽選で選ばれた1名様には後日、PayPayボーナス101万円相当をプレゼント
※PayPayボーナス付与にはPayPayアプリの登録が必要です。
※ご応募は1回限りです。
※PayPayボーナスは出金と譲渡はできません。
■特典:101万円相当のPayPayボーナスをプレゼント

<PayPay× 「PRODUCE 101 JAPAN」 推しMENにきせかえよう!>
期間限定で、PayPayアプリのトップに表示されるカードきせかえを、推しMENのデザインにきせかえることができます。
※キャンペーン詳細は後日、特設ページでご案内します。
■開催期間:2019年10月25日~2019年12月31日予定
■特典:PayPayアプリのトップに表示されるカードきせかえを、推しMENのデザインにきせかえ

番組配信スケジュール

全12回をGYAO!にて無料配信。本編配信後の23時30分~アーカイブ配信。

PRODUCE 101 JAPAN(提供写真)
PRODUCE 101 JAPAN(提供写真)
#1 9月26日(木)21:00~
#2 10月3日(木)21:00~
#3 10月10日(木)21:00~
#4 10月17日(木)21:00~
#5 10月24日(木)21:00~
#6 10月31日(木)21:00~
#7 11月7日(木)21:00~
#8 11月14日(木)21:00~
#9 11月21日(木)21:00~
#10 11月28日(木)21:00~
#11 12月5日(木)21:00~
#12 12月11日(水)

関連リンク

関連記事

  1. 「PRODUCE 101 JAPAN」最終決戦、ゴールデンタイムで生放送決定
    「PRODUCE 101 JAPAN」最終決戦、ゴールデンタイムで生放送決定
    モデルプレス
  2. 「PRODUCE 101 JAPAN」初回から涙のメンバー続出 強烈インパクトの逸材も登場
    「PRODUCE 101 JAPAN」初回から涙のメンバー続出 強烈インパクトの逸材も登場
    モデルプレス
  3. 日本版「PRODUCE 101」、ついにテレビ初放送 投票もスタート
    日本版「PRODUCE 101」、ついにテレビ初放送 投票もスタート
    モデルプレス
  4. <日本版「PRODUCE 101」自己PR動画が話題の練習生>強烈インパクトの“彦星”今西正彦ら5ピック
    <日本版「PRODUCE 101」自己PR動画が話題の練習生>強烈インパクトの“彦星”今西正彦ら5ピック
    モデルプレス
  5. 日本版「PRODUCE 101」、主題歌パフォーマンス動画が1日で100万再生突破
    日本版「PRODUCE 101」、主題歌パフォーマンス動画が1日で100万再生突破
    モデルプレス
  6. <日本版「PRODUCE 101」注目の練習生まとめ>経歴がすごいセンター川尻蓮・前シーズン参加の上原潤・HALO3人…
    <日本版「PRODUCE 101」注目の練習生まとめ>経歴がすごいセンター川尻蓮・前シーズン参加の上原潤・HALO3人…
    モデルプレス

「音楽」カテゴリーの最新記事

  1. PKCZ(R)、新曲『T.O.K.Y.O.』のスピンオフMV「東京大好き! Ver. 」制作を発表
    PKCZ(R)、新曲『T.O.K.Y.O.』のスピンオフMV「東京大好き! Ver. 」制作を発表
    WWS channel
  2. ASIAN KUNG-FU GENERATION、シングル「宿縁」初回生産限定盤の特典Blu-rayから「ソラニン」を公開
    ASIAN KUNG-FU GENERATION、シングル「宿縁」初回生産限定盤の特典Blu-rayから「ソラニン」を公開
    OKMusic
  3. Uru、ABEMA<私たち結婚しました 4>主題歌「そばにいるよ」収録ニューアルバム『コントラスト』リスニングパーティー開催決定
    Uru、ABEMA<私たち結婚しました 4>主題歌「そばにいるよ」収録ニューアルバム『コントラスト』リスニングパーティー開催決定
    WEBザテレビジョン
  4. 藤川千愛、TVアニメ『マイホームヒーロー』OPテーマに新曲「愛の歌」を提供
    藤川千愛、TVアニメ『マイホームヒーロー』OPテーマに新曲「愛の歌」を提供
    OKMusic
  5. 家入レオ、映像作品発売と同時に2大全国ツアー開催を発表
    家入レオ、映像作品発売と同時に2大全国ツアー開催を発表
    WWS channel
  6. Dizzy Sunfist、TVアニメ『マイホームヒーロー』エンディングテーマとして新曲「Decided」を書き下ろし!
    Dizzy Sunfist、TVアニメ『マイホームヒーロー』エンディングテーマとして新曲「Decided」を書き下ろし!
    OKMusic
  7. 水嶋凜、NHKみんなのうた2023年2月-3月新曲「サクラノカケラ」が2月8日に配信リリース決定!
    水嶋凜、NHKみんなのうた2023年2月-3月新曲「サクラノカケラ」が2月8日に配信リリース決定!
    PONYCANYON NEWS
  8. ファンタスティック☆パイセン、レギュラーラジオ番組『パイセンみるく』の放送&新曲の配信リリースが決定
    ファンタスティック☆パイセン、レギュラーラジオ番組『パイセンみるく』の放送&新曲の配信リリースが決定
    OKMusic
  9. 日本コロムビアの『Filter Project』、制作費サポート企画第三弾開始!サマーソングを募集
    日本コロムビアの『Filter Project』、制作費サポート企画第三弾開始!サマーソングを募集
    OKMusic