Da-iCE大野雄大、水族館で美声響かす CHEMISTRY川畑要もサプライズ登場

5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCE(ダイス)の大野雄大が5日、神奈川県・新江ノ島水族館・相模湾大水槽前特設ステージにて初のソロアルバム「この道の先に」リリース記念ライブを開催した。
大野雄大/撮影:gaku
大野雄大/撮影:gaku

大野雄大、江ノ水で美声披露

大野雄大/撮影:gaku
大野雄大/撮影:gaku
4オクターブのツインボーカルで注目を集める実力派5人組ダンス&ボーカルグループDa-iCEのボーカルとして活躍する大野。30歳を記念して制作した初のソロアルバムを携え、海や釣りを愛する彼らしい場所でのソロライブが実現した。

たくさんの魚が回遊する水槽を背に、大野は自身が作詞・作曲に携わったバラード「MY DEAREST」からライブを開始。1階、2階と埋め尽くした300人のファンに笑顔を送りつつ、気持ちのこもったボーカルで観客を魅了する。

曲間では「大好きな魚の前で歌えて幸せです」とうれしそうに話したかと思うと、水槽を指差して「アジがデカイんですよ!」とはしゃいでみせファンの笑いを誘う場面も。

大野雄大/撮影:gaku
大野雄大/撮影:gaku
しかし、いざライブに戻ると、「恋愛の曲は僕にとっては難しくて緊張する」と語りながら披露した、離れてしまった恋人に贈る切なくも愛らしいラブバラード「僕らの不確か」や、かつて飼っていた愛猫について歌った「いつかまた会えるなら」などで伸びやかな歌声を響かせ、その場の空気を掌握する。また、「あなたに逢いたくて ~Missing You~」(松田聖子)や「Desperado」(イーグルス)といった名曲カバーでは原曲の魅力はそのままに、大野らしい男らしさや繊細さが加わった新たなバージョンで観る者を楽しませる。

さらに、自身が人生に迷ったときに感じた思いを書いたというこの時期にぴったりな歌詞のアルバムタイトルトラック「この道の先に」では彼ならではのシルキーボイスが会場を優しく包み込んだ。

ライブ後半では、事前に来場者から募った質問に大野が答えていく。「好きなおでんの具は?」という質問には「それを聞いてどうするんですか!(笑)」と反発しつつも「ホルモン。モツ」と答えると、会場から「えーっ!?」の声が。また、「なんで今太っているんですか?」というストレートな問いには「……うっすら気づいてました(苦笑)」と反省する一幕もあった。

CHEMISTRY川畑要がサプライズ登場

大野雄大/撮影:gaku
大野雄大/撮影:gaku
そして残り1曲となったところで、この日のスペシャルゲスト、CHEMISTRYの川畑 要がサプライズでステージに登場。大野の誕生日を川畑がサプライズでお祝いした話題で場がほっこりしたところで、この日のラストナンバー「Changin' feat. 川畑 要 (CHEMISTRY)」へ。

大野雄大/撮影:gaku
大野雄大/撮影:gaku
大野雄大/撮影:gaku
大野雄大/撮影:gaku
2人の絶妙なハーモニーがきらびやかな空間を作り上げ、最後に「声が出なくなるまで歌い続けようと思います」と大野が宣言。約1時間にわたるスペシャルな空間でのソロライブを締めくくった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - Da-iCE大野雄大、水族館で美声響かす CHEMISTRY川畑要もサプライズ登場
今読んだ記事

Da-iCE大野雄大、水族館で美声響かす CHEMISTRY川畑要もサプラ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事