AKB48史上最高難度更新 宮脇咲良の狂気に満ちた目<「NO WAY MAN」ミュージックビデオ>

AKB48が11月28日に発売する54thシングル「NO WAY MAN」のミュージックビデオ(MV)が公開された。
AKB48「NO WAY MAN」MVより(C)AKS/キングレコード
AKB48「NO WAY MAN」MVより(C)AKS/キングレコード
同楽曲は先月9月24日に発表となった選抜メンバー23名による楽曲となるが、その際、同時に発表となった宮脇咲良(センター)、矢吹奈子本田仁美の3名は10月29日に韓国デビューを飾るIZ*ONE(アイズワン)専任となり、48グループとしての活動を2年6ヶ月休止となるため、今作は「IZ*ONE専任前ラストシングル」となる。

AKB48「NO WAY MAN」MVより(C)AKS/キングレコード
AKB48「NO WAY MAN」MVより(C)AKS/キングレコード
アイドルの可愛らしさを表現するMVとは一線を画す、AKB48史上最高難度を更新したダンス曲。「そのダンス、凶暴につき」AKB48史上最高難度更新と銘打ち、最高難度のダンスから起因するメンバーの表情に注目だ。特にセンターの宮脇の目からは狂気すら感じ、作品に深く入り込む彼女の底知れない力が開花した記念碑的作品となった。

AKB48「NO WAY MAN」MVより(C)AKS/キングレコード
AKB48「NO WAY MAN」MVより(C)AKS/キングレコード

「そのダンス、凶暴につき」AKB48史上最高難度更新のMV

9月某日。集められた選抜メンバーは翌日に控えた「NO WAY MAN」ミュージック・ビデオ撮影のための振り入れを行うが、その振付の難しさに悪戦苦闘。全身を烈しく使う今回の振付による筋肉痛を伴い、満身創痍でMV撮影に挑んだ。

AKB48「NO WAY MAN」MVより(C)AKS/キングレコード
AKB48「NO WAY MAN」MVより(C)AKS/キングレコード
ダンスシーンは同じシーンでも何度もカメラの位置を変え、多様なバリエーションの撮影を積み上げていく。そのようにして完成された「NO WAY MAN」MV。まさに全身全霊AKB48魂を捧げたダンスシーンは、マルチ画面で視覚的にも多角的にもその振付の烈しさを表し、且つ絶妙なカット割りによって画面からメンバーが飛び出して来るかの如き映像に仕上がった。

AKB48「NO WAY MAN」MVより(C)AKS/キングレコード
AKB48「NO WAY MAN」MVより(C)AKS/キングレコード
イメージシーンでのごく僅かな微笑みを除けば、アイドルらしい可憐な立ち振舞、笑顔は無く鬼気迫るメンバーの表情、そして極端に少ないリップシーン、見て取れるのは「AKB48史上最高難度を更新したダンス」。

AKB48「NO WAY MAN」MVより(C)AKS/キングレコード
AKB48「NO WAY MAN」MVより(C)AKS/キングレコード
持ち得るアイドル要素をかなぐり捨て、髪を振り乱し、個の表現を廃しAKB48という塊の底力が溢れたアイドルの定義を覆す傑作MVとなった。

AKB48「NO WAY MAN」MVより(C)AKS/キングレコード
AKB48「NO WAY MAN」MVより(C)AKS/キングレコード
Dメロ歌詞の「レッドオーシャンなんてきっと面白くないだろう?ブルーオーシャンこそがこれから目指す場所」はまさにAKB48の新境地を示している。現代社会に投げかける「不撓不屈」の精神があらわれた非常にメッセージ性の強い楽曲であり、「IZ*ONE専任前ラストシングル」として2年6ヶ月もの間、48グループとして活動休止となる宮脇・矢吹・本田に向けられた「はなむけ」の言葉でもあるようだ。(modelpress編集部)

宮脇咲良 コメント

これまでの作品の中でも、よりアーティスティックな、かっこいいMVだと思います。

全体の色使いなど「大人」っぽくて、衣装にしても、これまでのAKB48の雰囲気を変える作品だと思っています。

「君はメロディー」(2016年3月9日発売 43rdシングル)以来のAKB48のセンターに立たせていただきますが、こんな激しいダンス曲でセンターをいただけるなんて思ってもいなかったのですが(笑)初めてセンターに立たせていただいたあの頃よりも、成長した姿をお見せできればと思っています。

イントロが最初のダンスの見せ場だったりするのですが、テンポが早いので、音について行くだけでも必死ですし、まずアタマから入ることも難しくて。イントロからいきなり勝負です(笑)。

情熱というか力強さというか、曲も歌詞もそうですが、アイドルの可愛らしさを抜いて全力で挑んでいる姿を見ていただきたいです。

10月29日にはIZ*ONEも韓国でデビューしますが、このタイミングで「NO WAY MAN」のMVが公開になるということで、48グループのファンの方々だけでなく、IZ*ONEに注目していただいている方々にも観ていただける機会だと思うので、とても楽しみです。

矢吹奈子 コメント

これまでのAKB48のMVとは全然違うな、と思いました。

すごく、かっこいいです。

本当にたくさん踊って大変でした。

でも、そんな大変だったいろいろなシーンを積み上げて、このMVが出来たんだと思うと、たくさん踊って良かったと思いました。

振付はHKT48のダンス曲「Make noize」を手がけていただいたRuu先生でした。

まず、難しいダンスでもあるのですが、それ以上に全身を使って表現をする振付で、前日に振り入れをしたのですが、全身筋肉痛だったので、撮影のときは結構大変でした(笑)。

「PRODUCE 48」の最終審査まで残ったメンバーが今回の選抜に全員選ばれているのですが、オーディション期間中の休憩時間はみんなで話して過ごしていました。

その交流を通して、すごく仲が深まって、MV撮影もすごく楽しかったです。

個人的に注目して欲しい点は「今まで見せたことのない私」だと思います。

やったことのない動きだったり、あとは表情。

今回は、私の特徴でもある「エクボ」が出ていてもかっこいい表情をしてると思います(笑)。

このMVを通して、かっこいいAKB48を観ていただきたいな、と思います。

本田仁美 コメント

初選抜ということで、MVの完成が楽しみでしたが、私が選抜メンバーで、しかもセンターポジションの隣に居るということが不思議な感覚でした。

AKB48に入る前から、選抜メンバーをテレビで観ていましたが、そんなたくさんの先輩方と居るときは緊張感が違いましたし、私もこれから先、AKB48としてもっと活躍したいと思えたMV撮影でした。

自分で言うのも何ですが、すごく自分がかっこ良く見えました。

世界観も無機質な感じというか、今までのAKB48のMVとは違った感じで、リップシーンがいい意味で極端に少なく、ダンス多めなMVです。

私はダンスがすごく好きなので、そういった一面を、本田仁美を今まで知らなかった方々に知っていただける良い機会だと思いますし、「この子ダンス上手だなぁ」と思っていただけたら本当に嬉しいです。

撮影では初めて首が痙攣しました(笑)。

ダンスが激しく体力的にも厳しい撮影だったのですが、選抜メンバーとして、フロントメンバーとして恥ずかしくないように自分のできる一生懸命の力を出し切ったつもりです。

カッコイイ曲の表情作りは苦手だったのですが、この曲では「今までよりかは良かったんじゃないかな?」と思いましたし、でも「まだまだ」と思う気持ちにも気づかされたので、これからもっと成長できたらと思います。



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - AKB48史上最高難度更新 宮脇咲良の狂気に満ちた目<「NO WAY MAN」ミュージックビデオ>
今読んだ記事

AKB48史上最高難度更新 宮脇咲良の狂気に満ちた目<「NO WAY M…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事