HKT48松岡はな・村川緋杏らフレッシュメンバー、炎天下の灼熱ライブに観客殺到「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」<写真特集/セットリスト>

3日から5日にかけてお台場・青海周辺で「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」が開催中。最終日となる5日、福岡・博多を拠点に活動するアイドルグループHKT48が出演した。
宮崎想乃、荒巻美咲、松岡はな/HKT48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
宮崎想乃、荒巻美咲、松岡はな/HKT48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス

フレッシュメンバーが野外ステージに登場

フジテレビ本社屋1F広場のDREAM STAGEには、ドラフト2期生の松岡はな村川緋杏、3、4期生を中心に集結した16人の比較的若い期のメンバーが登場。HKT48を一目見ようと集まった観客で、ライブ開始前から会場は入場規制がかかる盛況ぶり、後方階段まで人がごった返した。

地頭江音々、村川緋杏/HKT48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
地頭江音々、村川緋杏/HKT48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
最新シングル「早送りカレンダー」からデビュー曲「スキ!スキ!スキップ!」、人気のカップリング曲「大人列車」まで全6曲をフレッシュにパフォーマンス。

HKT48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
HKT48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
松岡は、「暑さに負けずに全力で頑張りたい」と意気込み、センターを務める「最高かよ」では、コール&レスポンスが野外の会場に響き渡る。最後に、村川が「もう1回熱くさせちゃうんですけど良いですか?」と煽り、ライブ定番の盛り上がるナンバー「メロンジュース」へ。灼熱の太陽の下、観客はタオルを手に全力で声を出し、お台場の空にタオルが舞った。

HKT48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
HKT48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
HKT48はメンバーを替え、メインステージであるZepp DiverCity(Tokyo)の「HOT STAGE」の大トリにも出演する。

全員ソロショットあり/フォトギャラリー


出演メンバー

秋吉優花/荒巻美咲/今村麻莉愛/堺萌香/坂本愛玲菜/清水梨央/武田智加/田中菜津美/地頭江音々/月足天音/外薗葉月/松岡はな/松本日向/宮崎想乃(※「崎」は正式には「たつさき」)/村川緋杏/山内祐奈

HKT48、TIF大トリでアンコール発動


「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」SMILE GARDENの様子(C)モデルプレス
「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」SMILE GARDENの様子(C)モデルプレス
お台場、日本の夏の風物詩となっている世界最大のアイドルイベントである「TOKYO IDOL FESTIVAL(以下、TIF)」。昨年に引き続き、ジャパニーズポップカルチャーである“アイドルカルチャー”を世界に発信し創出するターミナル「TOKYO IDOLPROJECT」が主催となり、今をときめく人気アイドルが多数出演し、それぞれ最高のパフォーマンスを繰り広げる。

昨年は、総勢223組1475人アイドルたちが、3日間通して8万1378人もの観客が会場に集まり、2010年にスタートした「TIF」史上最高の来場者数を記録。

昨年に引き続き指原莉乃がチェアマンを務め、初日はSMILE GARDENの佐々木彩夏よりスタート。メインステージの初日トリはけやき坂46が務めた。3日は23,500名、4日は30,500名の観客を動員した。(modelpress編集部)

セットリスト

1.早送りカレンダー
2.桜、みんなで食べた
3.スキ!スキ!スキップ!
4.大人列車
5.最高かよ
6.メロンジュース



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - HKT48松岡はな・村川緋杏らフレッシュメンバー、炎天下の灼熱ライブに観客殺到「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」<写真特集/セットリスト>
今読んだ記事

HKT48松岡はな・村川緋杏らフレッシュメンバー、炎天下の灼熱ラ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事