瀧野由美子、岡田奈々/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス

STU48、猛暑のお台場に“瀬戸内の風”届ける「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」<写真特集/セットリスト>

2018.08.03 19:04
0
0

3日から5日にかけてお台場・青海周辺で「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」が開催中。初日となる3日、瀬戸内7県を拠点とする国内6番目の48グループ・STU48が出演した。

STU48、2度目のTIF出演

夜、メインステージであるZepp DiverCity(Tokyo)の「HOT STAGE」に登場。水色のストライプ柄のワンピースの新衣装で熱気溢れる会場に涼しげな風を吹き込んだ。

STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
AKB48の楽曲「AKB参上!」のSTU48バージョン「STU参上!」で挨拶代わりにライブをスタートさせると、2曲目は「名曲」と呼び声が高いデビューシングル「暗闇」。メンバーが一列になる場面では、最前列のファンも仲良く1列になって会場が一体となった。

/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
昨年はメジャーデビューを前に、TIFに初出演し、それが東京での初ライブに。キャプテン岡田奈々は「今年もこのステージに立つことができて本当に嬉しいです!」と2年連続出場の喜びをしみじみと語った。

そして、石田千穂の「私たちと一緒に出航してくれる準備はできてますか?」という煽りで、AKB48の楽曲「NEW SHIP」、STU48のオリジナル曲「ペダルと車輪と来た道と」「夢力」を続けてパフォーマンス。

/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
最後にセンターの瀧野由美子が「沢山の思い出が詰まった曲です。東京なんですけど瀬戸内の風を届けられるように」と紹介し、自身初めてのオリジナル曲「瀬戸内の声」で会場に清涼感溢れる歌声を響かせた。

岡田が「まだまだ未熟者な私たちですが、皆さんと力を合わせて精一杯成長していきたいと思います」と挨拶し、ステージは幕を閉じた。

岡田奈々/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
岡田奈々/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
瀧野由美子、甲斐心愛/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
瀧野由美子、甲斐心愛/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
岩田陽菜/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
岩田陽菜/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
市岡愛弓/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
市岡愛弓/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
石田千穂/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス
石田千穂/STU48「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 (C)モデルプレス

出演メンバー

石田千穂、石田みなみ、磯貝花音、市岡愛弓、今村美月、岩田陽菜、岡田奈々、甲斐心愛、門脇実優菜、新谷野々花、瀧野由美子、田中皓子、土路生優里、福田朱里、薮下楓 、中村舞

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」SMILE GARDENの様子(C)モデルプレス
「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」SMILE GARDENの様子(C)モデルプレス
お台場、日本の夏の風物詩となっている世界最大のアイドルイベントである「TOKYO IDOL FESTIVAL(以下、TIF)」。昨年に引き続き、ジャパニーズポップカルチャーである“アイドルカルチャー”を世界に発信し創出するターミナル「TOKYO IDOLPROJECT」が主催となり、今をときめく人気アイドルが多数出演し、それぞれ最高のパフォーマンスを繰り広げる。

昨年は、総勢223組1475人アイドルたちが、3日間通して8万1378人もの観客が会場に集まり、2010年にスタートした「TIF」史上最高の来場者数を記録。

昨年に引き続き指原莉乃がチェアマンを務め、初日はSMILE GARDENの佐々木彩夏よりスタート。メインステージの初日トリはけやき坂46が務める。(modelpress編集部)

セットリスト

1.STU参上!
2.暗闇
3.思い出せてよかった
4.NEW SHIP
5.ペダルと車輪と来た道と
6.夢力
7.瀬戸内の声

【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. AKB48、柏木由紀考案の神セトリでアイドルフェス参上 特別選抜16人で圧巻ステージ「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」<写真特集/セットリスト>
    AKB48、柏木由紀考案の神セトリでアイドルフェス参上 特別選抜16人で圧巻ステージ「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」<写真特集/セットリスト>
    モデルプレス
  2. 指原莉乃、相次ぐアイドル解散に思うこと HKT48ステージへの思いも「メンバーが欠けても…」<TOKYO IDOL FESTIVAL 2018>
    指原莉乃、相次ぐアイドル解散に思うこと HKT48ステージへの思いも「メンバーが欠けても…」<TOKYO IDOL FESTIVAL 2018>
    モデルプレス
  3. =LOVE、TIF2年目で成長見せるステージ 満員の会場熱狂「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」<写真特集/セットリスト>
    =LOVE、TIF2年目で成長見せるステージ 満員の会場熱狂「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」<写真特集/セットリスト>
    モデルプレス
  4. STU48、街頭で募金活動 AKB48劇場にて“出張公演”開催
    STU48、街頭で募金活動 AKB48劇場にて“出張公演”開催
    モデルプレス
  5. STU48、西日本豪雨災害で胸中語る メイプル超合金も登場
    STU48、西日本豪雨災害で胸中語る メイプル超合金も登場
    モデルプレス
  6. STU48、2ndシングル発売延期&船上劇場オープン見送り 西日本豪雨の影響を考慮
    STU48、2ndシングル発売延期&船上劇場オープン見送り 西日本豪雨の影響を考慮
    モデルプレス

「音楽」カテゴリーの最新記事

  1. 「SUMMER SONIC 2022」合計81組のWOWOW放送・配信アーティスト決定
    「SUMMER SONIC 2022」合計81組のWOWOW放送・配信アーティスト決定
    WWS channel
  2. 永野芽郁の新境地、親友の死に折り合いをつける最初で最後の旅『マイ・ブロークン・マリコ』
    永野芽郁の新境地、親友の死に折り合いをつける最初で最後の旅『マイ・ブロークン・マリコ』
    ENTAME next
  3. DISH//、ニューシングル特典収録の10周年記念ライブダイジェスト映像公開
    DISH//、ニューシングル特典収録の10周年記念ライブダイジェスト映像公開
    WWS channel
  4. 家入レオ、約3年ぶりの全国ツアーがスタート
    家入レオ、約3年ぶりの全国ツアーがスタート
    WWS channel
  5. 私立恵比寿中学、新メンバーに桜井えま・仲村悠菜 現役中高生は5人に<本人コメント>
    私立恵比寿中学、新メンバーに桜井えま・仲村悠菜 現役中高生は5人に<本人コメント>
    モデルプレス
  6. ちょうどよくない所要時間と、ちょうどいい揺れと/学芸大青春のジュネッセンス!! 【「上京した僕が考える“ちょうどいい!広島”の魅力」from 仲川蓮】
    ちょうどよくない所要時間と、ちょうどいい揺れと/学芸大青春のジュネッセンス!! 【「上京した僕が考える“ちょうどいい!広島”の魅力」from 仲川蓮】
    WEBザテレビジョン
  7. 水瀬いのり、『LIVE TOUR 2022 glow』横浜アリーナ公演の配信が決定
    水瀬いのり、『LIVE TOUR 2022 glow』横浜アリーナ公演の配信が決定
    OKMusic
  8. 好きな食べ物はお好み焼きです。:エッセイ/小林私「私事です が、」
    好きな食べ物はお好み焼きです。:エッセイ/小林私「私事です が、」
    WEBザテレビジョン
  9. 有華、配信シングル「Bestie」のMV公開
    有華、配信シングル「Bestie」のMV公開
    OKMusic

あなたにおすすめの記事