小嶋陽菜卒業で“神7”が渡辺麻友のみに…昭和生まれのメンバーも消える 現状の最年少&最年長は…

【AKB48/モデルプレス=4月20日】AKB48小嶋陽菜が19日、グループから卒業した。これにより、元祖“神7”と呼ばれるメンバーは渡辺麻友のみに。また、昭和生まれのメンバーがいなくなり、AKB48グループは全員が平成生まれとなった。
神7「こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~」(C)AKS
神7「こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~」(C)AKS
“神7”とは、2010年頃のAKB48の象徴的メンバーとして呼ばれていた愛称。小嶋や渡辺のほか、前田敦子、高橋みなみ篠田麻里子板野友美大島優子を指す。

小嶋が卒業したことにより、元祖神7が渡辺を残すのみとなり、ファンからは「AKB48の世代交代を感じさせる」「まゆゆは残ってほしいなーー」「神7は永遠!」などの声があがっている。

昭和生まれのメンバーも不在に

(C)AKS<br>
(C)AKS
また、19日の時点で小嶋が1988年4月生まれで最年長だったことから、卒業により昭和生まれのメンバーが不在となりグループは全員が平成生まれとなった。

20日時点での最年長は、SKE48の1990年1月生まれの松村香織(27)となっている。なお、現在AKB48で最年少は2004年生まれの代で、鈴木くるみ(研究生)らが該当している。(modelpress編集部)

こじはるの会見がおもしろすぎる…あの媒体との“恒例”の掛け合いも…



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 小嶋陽菜卒業で“神7”が渡辺麻友のみに…昭和生まれのメンバーも消える 現状の最年少&最年長は…
今読んだ記事

小嶋陽菜卒業で“神7”が渡辺麻友のみに…昭和生まれのメンバーも…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事